特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

就活の面接で答えにくい、答えづらい質問で答えに詰まったら?答えに詰まったときのための対策をしておこう

就活などの面接で答え詰まってしまうようなときがあると思います。分からない質問をされたとき、答えづらい質問をされたときにはどうしてもすぐには答えられないときがあると思うのです。就活の面接などで答えに詰まったときというのは焦る気持ちが出てきてしまうと思うんですけど、それをなんとか乗り切ることが重要です。というのも、就活などの面接では答えに詰まってしまうような質問が多くくることが予想されるからです。答えに詰まったらどうしよう?と不安を抱えているよりは、ちゃんと事前に心の準備をしておく方が良いと言えるのではないでしょうか?実際、就活などの面接で答えに詰まったらどうしよう?と不安を感じている人はいると思います。それは多くの人がそうです。しかし、面接で答えに詰まったらどうしよう?という不安は当たり前だと思うのです。答えに詰まるときが絶対にあると思います。それは想定していないといけない部分にもなると思うのです。

 

したがって、就活などの面接で答えづらい質問がくることをまず想定しておかないといけません。そして、そういった質問は事前に対策はできないものと考えましょう。基本的に答えづらい質問はどの企業を受けてもまず来ると思った方が良いと思います。面接において答えにくい質問はほぼ確実にくるでしょう。一次面接とかではあまり考えられませんが、面接が進んでいくにつれて、そういった質問が来ることは大いに予想されます。就活などの面接では答えにくい質問に答えられないこと、答えに詰まったらマズイのか?と思うかもしれませんが、マズイとは言えません。それが本当に誰もが答えづらい質問だとしたら、答えられないのはしょうがないと言えます。むしろ、とりあえず答えておかないといけないと思って、適当に答えておくよりは、何も答えないほうが良いのではないか?と私は思います。というのも、面接官の立場からすると、分からない仕事をいい加減な気持ちで取り組んでしまうのではないか?と考える可能性もあるからでう。ちゃんと的を射た、納得のいく回答ができれば問題ありませんが、そうではないのであれば、面接官の印象はあまりよくないのではないか?と思うのです。

 

就活の面接では答えにつまったらどうしよう?とは思わないことです。答えに詰まったときがあっても良いと思います。適当に答えるよりは、とりあえず考えることが重要です。そして、考えても何も良い回答が出ないときには、「分かりません」と答えてしまった方が良いと思います。とりあえず考える姿勢を見せることも大切ですが、どうしても考えても分からないときには分からないと言う勇気を持つことで、そういった社員の方が安心できるでしょう。つまり、分からないときには誰かに助言を求めたりすることができる人だと、そういう見方に面接官がなるかもしれません。適当にとりあえず答えとけみたいな姿勢の人間だと思われてしまうと、やはり採用する気は起きないかもしれませんが、答えづらい質問ならば分かりませんと言っても大してマイナスにはならないでしょう。むしろ、潔いところが評価される可能性もあるかもしれません。就活の面接では答えに詰まったときがあっても良いのです。就活などの面接では答えに詰まったらどうしよう?と考えるのではなくて、答えに詰まっても良いと、そして何も答えが出てこなくてもマシな場合があると考えておいた方が緊張しないで挑めるのではないか?と思います。

 

 新卒の就職活動の面接ではいろいろなことが重要になってきますが、面接官が使っている採用基準を知るというのは、1つ内定を取るために重要なことではないでしょうか?就活では面接官がどういうところを見ているのか?どこを評価しているのか?という部分を知ることができれば、そこから逆算して対策を立てることにより、面接官から見て非常に好ましい学生を演じることができます。そういったことができるならば、面接の通過率や内定が取れる可能性も上がるかもしれません。新卒の面接における採用基準といったものは多くの就活生は知らないと思うので、こういった情報を知っているだけでも他のライバルに差をつけられる可能性があります。内定が欲しいという方には役立つ可能性があるので知っておいてほしいと思います。

 

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

 

 

あわせて読みたい記事