読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

就活ではたくさん受ける、何社も受ける意味はある?エントリーや説明会の参加をたくさん行うことは重要と言える

民間企業の就職活動

就活では企業をいくつ受けるか?ということも非常に重要です。どれだけ多く受けるか?というのは、いろいろな意味で結果に影響しますから。就活ではたくさん受けるということは常套手段として、多くの学生が実践していると思います。リクナビマイナビを利用して、エントリーがクリック1つで可能になっているので、多く受けることが容易いのです。今の就活は大量にエントリーすることが当たり前みたいになっています。したがって、誰もが就活ではたくさん受けるということを実践しています。実際、就活ではたくさん受けることは有利になると思う人が多くいると思います。これは有利になれる面があるのは事実だと思います。たくさん受けることが良いことばかりではないと思いますが、メリットとして大きいのはやはり面接の練習になるということです。就活では何社も受けることで面接に進める企業が増えます。そのため、面接を受けられる機会が増えるでしょう。そういった面接は別に練習のために受けるわけではなく、受かるために受けるわけですけど、仮に落ちたとしてもその経験はかなり生きると思います。

 

就活では企業を何社受けるか?という点は重要ですが、何社も受けるということはイメージ的にはあまり良いものではないかもしれません。しかし、メリット自体はあるので、一概に悪いことではないと思います。就活では何社も受けるというのはやはり経験を積めるというのが大きいと思います。先ほど言ったように、本番の面接を経験できる機会というのは貴重です。したがって、仮に面接で落ちまくるようなことがあっても、それは次に生きる経験になるはずですから、単なる失敗として捉えるのではなく、良い経験を積めたと思うべきではないでしょうか?例えば、就活で100社受けるとか、そういったことがありますけど、それも仮に全部落ちたとしても、100社落ちたことが全部無駄になるわけではありません。100社分受けたことは経験となって生きる部分が少なからずあるはずです。失敗をしないと学べないことってあると思うんですよ。したがって、仮に失敗をしてもそれをマイナスに捉えるのではなくて、今後に生かせる材料にしていってほしいと思います。就活ではエントリーや説明会からたくさん受けておいて、できるだけ面接まで多く進んでおくと、仮にそれらで落ちたとしても、そこから学べることがあったり、どうすれば上手くいくのか?の分析ができたりすると思います。

 

こういったことをあえて言わなくても、多くの就活生はエントリーをたくさんしますし、会社説明会もたくさん出るでしょう。そうやって1つでも多くの企業を受けることで、選考に参加していけますから。就活では何社も受けることはそういった目的意識を持った上でならば十分意味があると言えそうです。逆にたくさん受ければとりあえず良いかな?くらいにしか考えていないと、就活でたくさん受けることのメリットがなかなか享受できません。したがって、就活ではたくさん受けることは良いこともあるとは思いますが、何のために就活で何社も受けるのか?なんのために就活でたくさんエントリーウや説明会に参加するのか?の意味をまず考えたうえで実行していき、たくさん受けたことによる恩恵をきちんと享受できるように、分析と対策までを行っていかないといけないのです。そういった意識でたくさん受けるということならば、その意味が発揮されるということになります。就活ではただ何社も受けるということが良いわけではないと思います。何社も受ける行為に意味を見出すためにはやるべきことがあるということですね。多くの就活生は大量にエントリーする人もいますが、内定を貰うためということを考えたら意味がないわけではないのです。

 

就活では内定をとることが重要になるわけですが、そのためには企業をたくさん受けるというのも1つの手です。しかし、それ以外にもテクニックや知識として知っておくべきことは多くあります。そういった部分についてまとめたのが以下の本です。本書は早期内定とは書いてあるものの、すぐに内定をとるための本というよりは、より確実に内定をとるためのノウハウが載っている本になると思います。したがって、どの時期に読んでも良いと思うのです。早期内定を獲得するためだけの本ではないので、就活の序盤のみではなくて、それ以降でも全然読む価値はあるでしょう。本書の内容は内定をとるために必要な知識やテクニックをあらゆる角度から載せており、満席になっている会社説明会への参加方法、人事が欲しい、熱望する学生について本音を語り合った座談会の様子、正解や基準が分からない性格診断テストに受かるためにひっかかってはいけない罠などについて載せており、多くの学生にとって目からウロコの内容になっていると思います。こういった事実を知っている人と知らない人では結果にも差が生まれる可能性があり、知っているだけでも他の就活生にも差がつく可能性があります。より早く、より確実に内定をとるために必要なテクニックや知識を身につけられれば、内定がとれる可能性も上がりそうですから、是非多くの人に知っておいてほしいと思います。

 

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

 

 

あわせて読みたい記事