読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

就活でなんでもやりますは有効?やりたくない仕事やなんでもいいという姿勢の捉え方は気をつけた方が良い

就活において「なんでもやります!」とアピールをすることは有効なのでしょうか?どういったときにそういうアピールをするのか?は分かりませんけど、なんでもやりますという姿勢は高評価を得られる場合もあるそうです。ネットで調べてみると、人事が評価するケースが載っていますけど、理由としては変な抵抗がない分、いろいろな仕事に対して柔軟に取り組んでくれる可能性が期待できるからだそうです。これは言ってしまえば、やりたくない仕事でもやります!とか、そもそもやりたくない仕事はありません!という言い方にも聞こえるわけです。企業としても企業の都合で配属などを決めるため、本人の希望どおりにならないこともあるのですが、そういったときに就活でなんでもやりますとアピールをしている人は好ましい人材と言えるのではないでしょうか?基本的に人事としても就活生がやりたくない仕事が少なからずあるのは知っていると思います。しかし、そういう仕事もやってもらわないと困るとも思っているでしょう。

 

そうなると、就活生がやりたくない仕事を持つのは悪くないが、それを含めてなんでもやります!という姿勢でいてくれないと困るという部分もあるのではないでしょうか?つまり、就活においてはやりたくない仕事というのはそう口にするものではないですけど、口にしなくても人事はやりたくない仕事もあるというのは分かっているはずです。そこは否定しないけど、そういう仕事をやってくれる人じゃないと困るので、そこを判断するときに就活でのなんでもやりますというアピールが有効になることがあるのです。しかし、これは場面を考えて使わないといけないと思います。就活ではやりたくない仕事であってもやらないといけないから。という意味合いでなんでもやります!と言うのは良いかもしれないが、就活においてなんでもいいと言ってはいけない場合もあると思うのです。それが何をやりたいか?と聞かれたときです。やりたい仕事は何か?と聞かれたのに、なんでもいいと答えてしまうと、人事としても拍子抜けする可能性があります。これは予想外の回答になると思うのです。

 

こういった質問は恐らく特定の事業をやりたいといった回答を期待していると思われ、そこになんでもやります!と答えると、企業が期待していた答えが来なかったことになると思います。なんでもやりますとか、やりたくない仕事をやるというアピールは必要ですが、それをどの場面でも全面に押し出すのは間違っている可能性があるのです。就活ではなんでもいいという姿勢がときには間違いであるということも知っておかないといけないと思います。したがって、やりたい仕事内容を聞かれたときにはやりたい仕事を答えるで良いと思うのですが、就活でやりたくないことを聞かれたときにはなんでもやりますとアピールするのはとりあえず効果的ではないか?と思います。就活ではなんでもいいという姿勢を見せることは効果的な場面とそうじゃない場面があるので、それを使い分けていくことが重要でしょう。そして、やりたくない仕事であっても基本的にはやらないといけないというのがビジネスマンのスタンスで、かつそれを面接中とかに出してはいけない。やりたくない仕事があるということは言わなくても面接官も分かっていますから、あえて言う必要がないってことです。そのうえでやりたくないこともやります!という姿勢を見せることが重要になると思います。就活ではやりたくないことは見せずに、やりたいことは見せるという使い分けも重要と言えると思うのです。

 

内定をとるためには面接官とか、人事の考えていることを分析して、それに見合った就活生を演じるということも重要になると思います。そういったときに以下の本は使える可能性があるのです。本書は早期で内定をとるために使えるいろいろな戦略やコツなどの情報が載っていますが、中でも人事が語っているこんな学生がほしい、こんな学生はいらないという情報は一読に値する可能性があります。採用、不採用を決める人事が学生を採るときの採用基準のようなものを暴露してくれているというのが、貴重な部分で、こういった情報をあらかじめ知っておけば、それを踏まえて面接対策などもできますから、人事にとって魅力的に見える、欲しいと思える学生を演じることができると思います。こういった採用基準に関する情報格差によって、結果にも差が出ることがあるので、他のライバルに差をつけたい人はこういった本を読んでおくと役立つ可能性があります。良かったら参考にしてみてください。

 

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

 

 

あわせて読みたい記事