特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

伊藤忠商事に就職したい人の難易度や倍率は?仕事は激務や忙しいのか?評判と平均年収などについて

商社というのは就職活動では人気の業界と言えますけど、その中でも伊藤忠商事は就活生からの人気も高いです。伊藤忠商事に就職したい人は多くいると思いますけど、やはり難易度は高いです。商社ということで採用人数もそれなりに多いので、倍率自体はそこまでではないかもしれませんが、倍率が低いわけではないのです。伊藤忠商事の就職の倍率は100倍超えで、かなり高いですけど、もっと高い倍率の企業は多くあるので、そういったところを比べるとまだ就職する難易度は低いかもしれません。伊藤忠商事の就職の倍率は100倍は超えているようなので、難しいということになりますが、学歴フィルターなどはあるのか?と言えば、可能性はありそうな気がします。学歴フィルターは大手企業になればなるほど、確率は上がってくるので、その想定はしておいた方が良い気がしますが、学歴フィルターに関しては伊藤忠商事に限らず、予想しかできないのでちょっと難しいです。伊藤忠商事は学歴フィルターを突破しても、そこから長いと思いますから、かなり大変でしょう。商社の中でもかなり知名度もあるので、かなり評判も良いのではないか?と思いますし、伊藤忠商事に就職したい人はとりあえず難易度が高いということはまず知っておきましょう。商社なのである程度忙しいことは分かっているとは思いますが、実際の労働者の口コミはどうでしょうか?

 

商社は会社自体がかなりでかいですし、働いている人の口コミがどこまで参考になるか?は分かりませんけど、伊藤忠商事の口コミとしてちょっと注目と言えるものがあります。それは仕事ができる人は上にいくが、仕事ができない人でもやりがいを持ってもらいながら働かせてもらえるというセーフティネットのような部分を感じたという声があります。商社によってはできない人間は切り捨てられるという雰囲気がある場合も考えられますけど、伊藤忠商事ではいろいろな能力を持っている社員全員に対して、働く場所を適切に与えて、そこで頑張ってもらうという姿勢があるのかもしれません。これは伊藤忠商事の注目の評判です。女性に関する口コミでは、男性同様に働かせてもらえるが、それは結婚や出産後も同じであり、そこがちょっときついと感じている人もいるみたいです。こういったところは女性にとってメリットがあるのか?デメリットと捉えるべきなのか?は難しいですが、男性同様に仕事を任せてもらえる代わりに、どういう状況であっても男性同様に働かなければいけないということが言える可能性もあります。良くとらえれば一貫性がある。悪くとらえると臨機応変ではない。といった感じでしょうか?伊藤忠商事の年収は平均で1300万円程度あるみたいなので、十分すぎる金額と言えるでしょう。平均的な社員は30歳前後で年収1000万円を超えるみたいなので、伊藤忠商事の平均年収はかなり高いですし、満足度は高いのかな?と思います。商社の中でも大手ですし、平均年収はこれくらいでも驚かないかもしれません。でも、やはり伊藤忠商事の平均年収が高いということは仕事はきついのではないか?と想像する人もいるかもしれません。

 

伊藤忠商事は激務なのか?という点がかなり気になると思うのですが、忙しい部分はあるとは思います。海外勤務も頻繁にあると聞きますし、激務の部分は少なからずあると思います。しかし、伊藤忠商事は残業をできるだ限り少なくしようという取り組みがあるみたいです。実際に働いている人の口コミでは、夜の20時以降は残業禁止となっているので、それ以降は残業しないで帰ることができるみたいですね。海外勤務の場合は分かりませんが、たまに聞く終電まで会社で残業してみたいな話は伊藤忠商事ではないのではないでしょうか?これは会社全体の話か?どうかは分かりません。特定の部署や職種という可能性もあります。したがって、会社の規模が大きいところというのは、どうしても会社の全体像が分かりづらい、一部の情報になってしまう可能性があるという意味では、働いている人の口コミを見ても分かりづらいところもあるわけですけど、伊藤忠商事に就職したいという人は、口コミを調べていくことしかできないでしょう。こういう会社は実際に働いてみて、それぞれの部署や職種を経験してみて、それぞれで感じることが違うと思いますから。だから、同じ会社内でも忙しいと感じる人もいれば、そうじゃないという人もいるのかもしれません。

 

伊藤忠商事は激務ではない、そこまできついわけではないという評判もありますが、それは誰にとっても共通するわけではないということは、あらかじめ想定しておいてほしいのです。伊藤忠商事は平均年収が高いとか、やりがいのある仕事ができるとか、ステータスがあるとか、メリットや魅力は多くありますけど、最終的にはそういうところだけを見るのではなくて、デメリットも含めて全体像を観察して企業を選んでいくと良いと思います。伊藤忠商事は就職の倍率は高いですし、確実に難しいので、万全を期して対策をしないといけませんけど、難易度の高い企業に受かるには準備が間違いなく必要です。そして、いろいろな情報を集める必要があります。そして、あとは運も必要だと思います。伊藤忠商事の就職の難易度は高いですが、ここに就職したい人は評判などを調べて、入社意欲を高めて、より入りたいという気持ちを強く持ってモチベーションを高めていきましょう。

 

しかし、こういった伊藤忠商事の口コミをいくつか紹介しましたが、それは氷山の一角に過ぎないので、自分でもインターネットや会社説明会を通じて社員の生の声を聞いておきましょう。でも、インターネットの方がおすすめです。ネットは匿名で意見を書けるので、そっちの方が社員としても本音を書きやすいですから。会社説明会では本音はまず聞けませんから、伊藤忠商事に就職したい人は口コミを調べるときにはネットを中心に使っていきましょう。そして、会社の実態を少しでも知っていくことで、会社への理解も深まりますし、それが同時に企業研究にもなると思いますから。伊藤忠商事は倍率も高いので受かるのは厳しいとは思いますし、入ってからも仕事はきつい可能性がありますが、今はどの業界は基本的に仕事はきついですし、毎日忙しいと思います。だから、どういう会社で働くにしても、ある程度のことは我慢しないといけないのかもしれませんが、伊藤忠商事じゃないとできない仕事があるでしょう。それくらいの会社ですよ。だから、そこに楽しみを持って働いてもらえると良いのではないか?と思います。

 

伊藤忠商事の会社研究 2018年度版 (会社別就職試験対策シリーズ 商社)

伊藤忠商事の会社研究 2018年度版 (会社別就職試験対策シリーズ 商社)

 

 

あわせて読みたい記事