特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

三菱商事の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

三菱商事に就職したい人は多くいるのではないでしょうか?三菱商事の就職の難易度はかなり高いでしょう。したがって、三菱商事に就職するには高い倍率を突破しないといけないと言えますが、その倍率はどれくらいなのでしょうか?三菱商事の就職の難易度はどうなっているのか?というと、まずは倍率を見ていきましょう。三菱商事の就職の倍率についてはおよそ100倍程度ということになっており、大企業らしく非常に高い数字になっています。したがって、三菱商事に就職したい人はしっかりと対策していきましょう。三菱商事の就職の倍率をチェックすると、相当高いということが分かると思いますけど、そういった高い難易度の中で受けていくことになりますから、本当に難しいわけですけど、三菱商事に就職するにはとにかく、企業研究などをして、しっかりと自分自身のアピールをしていきましょう。

 

三菱商事の就職では学歴フィルターはあるのか?

三菱商事の就職において学歴フィルターの存在は非常に重要です。三菱商事の就職の難易度としてもこういったところは関係しますから、三菱商事の就職では倍率が高いですし、三菱商事の採用試験の倍率を考慮すると、確かに学歴フィルターがあってもおかしくないと思うかもしれません。ただ、現実的には三菱商事の就職では学歴フィルターはないと思います。これは三菱商事の人事が実際に公言したということもあるのですが、三菱商事の就職の採用実績校を見ると分かりやすいです。三菱商事の就職の採用実績校を見ると、学歴フィルターの基準と言われているランクよりも下の大学からも採用があるように感じます。主に日東駒専よりもランクが低いと思われる女子大などからの採用があるので、採用実績校をチェックすると、三菱商事の就職では学歴フィルターはないと思いますし、すでに話したように、三菱商事の人事が学歴フィルターはないと公言したことが過去にあるようなので、それも含めて、三菱商事の就職では学歴フィルターはないと思います。三菱商事に就職したい人はそういったことを知っておきましょう。

 

三菱商事の就職の倍率は高いですけど、別の方法で足きりをするのではないか?と思います。三菱商事の採用試験の難易度に関係する話なので、学歴フィルターは非常に重要と言えますけど、三菱商事の就職では倍率などを含めていろいろなことを知っておかないといけないのです。学歴フィルターは恐らくないと思いますけど、学歴フィルターがないとしても、三菱商事の就職で学歴や大学名が関係しないということを保証するわけではないです。学歴や大学名のみで合否を決めることをしないというだけで、少なからず三菱商事の就職では学歴や大学名を見ていると思うので、少しは影響すると思います。しかし、三菱商事の就職で学歴や大学名関係したとしても、それ以上に他の要素の方が関係しますから、結局は面接などの人物試験における評価が大きく作用するので、そこはあまり気にしないで良い気がします。三菱商事の採用試験の難易度は高いでしょうけど、しっかりと対策をしていきましょう。三菱商事の志望動機などを考えることは必要ですが、志望動機以外でもいろいろな質問があるでしょうし、面接対策とは別にいろいろな選考の対策も必要ですし、三菱商事に就職するには本当に多大な努力が必要です。最後に三菱商事の就職の評判に関して知っておきましょう。働き方は激務なのか?給料はどうなのか?について調べておくと良いと思います。

 

三菱商事の就職の評判はどうなっている?

三菱商事の就職の評判を調べるために、インターネット上に載っている口コミを参考にしたいと思います。三菱商事の口コミを見ると、会社の実態などを調べやすいですから。三菱商事の就職の評判としてまず重要なのは平均年収でしょうか?三菱商事の平均年収に関しては相当高いです。有名な商社ということで、三菱商事の平均年収に関しては1400万円ほどになっています。平均年収でこの数字ですから、三菱商事の評判に関しては、給料面はかなり評価が高いです。そして、働き方に関する口コミとしては、労働時間はそれなりにあるようですけど、社内全体で残業を減らそうとする取り組みがあるようです。三菱商事では会社内で残業時間を減らそうとする取り組みがあるようです。そういったものにより、三菱商事では仕事が激務にならないように調節をしています。口コミによると、一定時間帯には社内の電気が強制的に消灯になるようなシステムがあるようで、それによって一定時間帯以降は仕事ができない状況になるのです。したがって、三菱商事では残業時間の削減をこういったところから取り組んでいると評価できます。それでもある程度は忙しいみたいです。普段の仕事が結構忙しい日が続いていたみたいで、そういった部分を考慮して、こういう取り組みをするようになったみたいです。

 

強制的に消灯するといったこと以外でも残業時間の削減の取り組みはいろいろとあるようですが、例えばこういった取り組みがあるので知っておきましょう。それでも無駄な仕事があるとか、そういった評判もありますから、激務のレベルまではないとしても三菱商事の仕事は忙しいときはあるのでしょう。こういった取り組みによって、社内風土が完全に入れ替わるまでにはどうしても時間がかかりますから、この先徐々に取り組みが浸透していって、より働きやすくて社員の満足度が高まりやすい職場になっていくのではないか?と思います。三菱商事ではノー残業デーもあるようですし、忙しいときはあるにしても、全体的に三菱商事の仕事が激務というレベルになることは恐らくないと思うので、取り組みが徐々に効果を発揮していけば、働きやすさを感じられる評判のいい会社になっていくのではないか?と思います。三菱商事の採用試験の倍率は高いでしょうし、内定を取るための難易度は高いと思いますけど、しっかりと対策をして本番の選考に臨んでいくようにしてほしいです。三菱商事に就職するには本当に難しいと思いますけど、頑張ってほしいと思います。

 

 

三菱商事の就活ハンドブック〈2019年度版〉 (会社別就活ハンドブックシリーズ)

三菱商事の就活ハンドブック〈2019年度版〉 (会社別就活ハンドブックシリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事