特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

JR東海に就職したい人の難易度や倍率は?激務だが安定性が評判?平均年収も高い!

JR東海と言えば、昔はクリスマスシーズンのCMがかなり話題になりました。最近はほとんど見ませんが、バブル期から90年代前半までのあのCMの印象度はかなり高いです。最近の若い子はあまり知らないかもしれませんが、JR東海と言えばあのクリスマスのCMを思い浮かべる人は多くいると思います。旅客鉄道の中ではJR東海はかなり大手で、就職したい人もかなり多くいると思います。JR東海の就職の難易度はどうなのでしょうか?JR東海のの就職の難易度はについては、ちょっと詳細が分からない部分もあるのですが、倍率などは相当高いと思われます。学歴フィルターがあるのではないか?と言われている部分もありますし、JR東海に就職したい人はなかなか厳しい道が待っていることはあるのではないでしょうか?倍率が分からないのがちょっとあれですけど、恐らく何百倍になると思います。JR東海への就職はかなり難しいのは間違いないですけど、就職したい人はとにかく頑張るしかありません。しかし、就職を目標にするにあたってはJR東海の評判などを知っておくと良いと思います。やはり自分が働くかもしれない会社の評判は細かく知っておくと良いと思います。インフラ業界なので忙しい日常が想像されるかもしれませんが、実際はどうなのでしょうか?

 

実際に働いている人の口コミを調べてみると、いろいろな声が聞こえます。JR東海の評判としては安定しているという部分が言及されています。何もしなくても給料が上がるということが言われています。そこはやはりインフラ業界の特徴でしょう。何もしなくてもは言い過ぎかもしれないですけど、経営不振になることは考えられないので、安定しているということはそうなのかもしれません。今のところは。インフラ業界ならではの評判になりますが、JR東海は激務なのか?忙しいのか?については、あまり口コミが見つかりませんが、ある程度忙しい可能性はあります。激務という声はそんなにないので、そこまでのレベルの労働は少ないということかもしれません。JR東海の口コミを見るとやはり給料やボーナスなどが安定している、または上がりやすいという声が多く、そこが特徴的なのかな?と思います。働きやすい感じも見受けられます。ちなみに残業は多いのか?については、残業自体はあるようですが、会社自体は残業を減らすように指示しているところもあって、そこまで多くはないのではないでしょうか?ただ、残業を減らすように言ってくる割には、会議や事務手続きにおける無駄な部分が多くて、不満を感じている人もいるようですが。ただ、残業代はちゃんと出るみたいです。残業が多いか?というのは人によって感じ方は違うと思いますけど、極端に多いということはないのではないでしょうか?JR東海は残業代も出ますし、働きやすい環境が整っている、福利厚生が充実しているという魅力はあると思います。

 

特に福利厚生に関しては、充実度がすごいらしいです。専用の冊子が配られて、それで福利厚生について把握しないといけないくらいに、幅が広く充実しているようですから、そこはJR東海の魅力になると言えます。しかし、もちろん良い口コミばかりではありません。気になる点を挙げると、有給休暇が取りづらいという声があります。それはインフラ業界ということで、年中無休みたいなところもありますし、JR東海が忙しいというところもあるかもしれません。仕事内容によっても忙しいか?どうかの度合いは違うと思いますけど、JR東海は激務まではないかないが、ちょっときついと思える部分はあると思います。JR東海の評判は探せばいくらでも見つかると思うので、自分でも調べてみてほしいと思います。JR東海は将来性に関しても基本的には問題ないでしょう。安定性という部分ではやはり魅力的です。口コミにもあったように、JR東海の安定性はかなり期待できそうです。将来性を基準に企業を選ぶ人にとっては、メリットが感じられる会社でしょう。離職率などのデータについても調べられるならば調べておいた方が良いです。JR東海は平均年齢はそこそこあるので、離職率はそんなに高くない気もしますが、ちょっと出てきません。気になる人は調べてみましょう。あとは平均年収なども気になると思います。JR東海の平均年収はやはり高いです。平均の数字で700万円以上ですから。したがって、JR東海の平均年収はかなり高いです。一般的な基準から言えば、相当恵まれていると言える水準ではないか?と思います。

 

すでに紹介したように、JR東海の口コミでは給料やボーナスが安定しているということが言われていますから、こういったところを見ると、JR東海に就職したいと思う人は多いですよね。したがって、JR東海の就職の倍率はかなりありそうです。学歴フィルターがあるのではないか?という噂もありますから、なかなか就職する難易度は高いと言えると思います。JR東海の就職の倍率は詳細は分かりませんが、難しい会社の1つと言えると思います。JR東海の就職の難易度は想像通りやはり高いでしょうね。JR東海の評判について紹介しましたが、仕事内容によっても忙しいか?どうかも変わりますし、やりがいや魅力なども変わる可能性があります。大きい会社なので、人によってやるべき仕事内容は違うでしょうし、そういうところも考慮しておかないといけないでしょう。大きい会社ということはやりたい仕事ができるか?どうかもわかりませんし、仕事内容によってどれだけ楽しいか?大変か?やりがいを感じられるか?なども変わるので、そこは考えておかないといけないのです。だから、良い会社だとは思いますけど、どこまで満足できるか?は分かりません。これはJR東海に限らず、いろいろな大手企業に言えることですが。でも、将来性もあってメリットもあって、知名度も高くて、ステータスにもなるような会社なので、憧れている人は多くいると思いますし、就職したい人は難易度が高いということはまず頭に入れておいて、そのうえで受かるための対策をしていかないといけません。ここに入りたい人は頑張っていってほしいと思います。

 

 

私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2018 エントリーシート編

私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2018 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事