特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

東急電鉄に就職したい人の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と離職率や激務ぶりの評判について

東急電鉄の就職を考えている人に関しては、東急電鉄の就職の難易度を知っておかないといけません。東急電鉄の就職の難易度はどうか?というと、大企業の中では低い方かもしれません。東京急行鉄道の採用試験の倍率はそこまで高くはないのです。毎年同じ数字か?どうかは分かりませんけど、だいたい30倍強くらいとなっているようなので、そこまで高くはないということで知っておきましょう。東急電鉄の就職の難易度は思ったほどではないという人もいると思いますけど、大企業の中には倍率が100倍を超えるところもあるので、そういったところと比べると確かにそこまで倍率は高くないように感じます。しかし、東急電鉄の就職したい人は簡単に受かるわけではないので、そこは知ったうえで対策をしてほしいと思います。東急電鉄の就職において学歴や大学名は関係するのか?というのはかなり気になる人もいると思いますけど、これに関してはどうなんでしょうか?大企業という意味では学歴や大学名が関係するということも十分考えられるものの、東急電鉄の採用試験の倍率を考慮すると、学歴フィルターのようなものがあるとはあまり思えません。学歴フィルターは大企業に全て当てはまることではないので、東急電鉄の就職の難易度に関係する部分ですが、学歴フィルターはなんとも言えないと思います。

 

学歴フィルターの有無は基本的にはそんなに多くないと思います。一部の企業のみで会って、大企業が全てやっているわけではないので。東急電鉄の就職に関して採用実績校などを見れば、どんな大学から採用されているのか?は分かると思いますけど、そういったものは一部であって、全部ではないでしょうから、参考にするのは良いですけど、それを見て有名大学じゃないときついとは思わない方が良いと思います。そういった東急電鉄の採用実績校というものは上位大学しか載せていないことが多いですから。そこに書いてある大学以外は無理とか、そういったことではないのです。したがって、どんな大学出身であっても東急電鉄に就職したい人は受けてみる意味はあると思います。ただ、大学名や学歴はともかくとして、東急電鉄の就職における倍率は普通に高いので、結局難しいのは変わりません。学歴や大学名に関係なく東急電鉄の就職の難易度は高いのです。だから、東急電鉄の採用試験の難易度に関してやはり頭に入れたうえで選考に臨んでいきましょう。では、東急電鉄の就職における評判などに関して紹介をしていきたいと思います。

 

東急電鉄の評判ではまずは離職率について書いていきますが、東急電鉄離職率は非常に低いです。データとして残っているものを見ると、1%台となっているので、この数字はかなり就活生にとっても魅力的に思えるのではないでしょうか?離職率というのは、その会社での働きやすさのような部分に関係してくる指標なので、就活生にとっても重要と言えると思います。離職率はそもそも公開していない会社も多いのですが、東急電鉄のような離職率を公開している会社はそれだけ信頼がおけると言えると思います。そして、これだけ低い数字になっているので、東急電鉄の就職の評判も良いということが言えると思います。この離職率という数字はかなり重要な指標になるので、東急電鉄に就職したい人は頭の中に入れておいてほしいと思います。それ以外の東急電鉄の就職の評判で言うと、平均年収はどれくらいか?というと、一応700万円台という数字があります。これは全社員の平均なので、入社して頑張って長く働けばこういった数字に到達できるのではないか?ということになります。東急電鉄の就職の難易度はやはり高いのは頷けるのではないでしょうか?こういったデータを見ると、やはり東急電鉄の就職のメリットはかなり感じられると思います。これだけメリットが大きい会社なので、東急電鉄の就職の倍率も上がります。離職率も低いですし、平均年収も高いので、東急電鉄に就職したい人は多くいるのは当然でしょう。

 

それ以外の東急電鉄の就職の評判はどうなっているのか?というと、社員の口コミを少しだけ紹介していきます。東急電鉄の社員の口コミを見るのが特に分かりやすいと思いますから。いろいろな口コミがありますけど、働き方に関しては東急電鉄に特徴的なのかもしれませんが、フレックス制や時短勤務といった傾向が見られ、それが上手く機能しているという声があります。しかも、それを利用することを良しとしない雰囲気もないという声があるので、それぞれの社員が自分のライフスタイルに合わせて働ける雰囲気があるということなのでしょう。ただ、残業がそれなりに多いという声もあり、そこは東急電鉄の社員としては不満に感じている人もいるようです。働いている人は本当に遅くまで働いているようなので。どの業界も激務の面はあるので、東急電鉄の社員が激務と言えるか?どうかは分かりませんが、忙しいところがあるのはしょうがないでしょう。また、職種にもよると思いますし、東急電鉄の社員の激務の度合いはそれぞれでも違うと思います。だから、働き方に感じる部分というのもそれぞれの人で違うということを考慮しておかないといけません。しかし、今はどの業界、どの会社で働いていても忙しい部分はあるので、東急電鉄でも忙しいと感じる瞬間はあると思いますし、働いていて不満に感じるところもあるでしょう。

 

それでも離職率が低いわけですから、東急電鉄の口コミは自分でも検索をしてほしいと思います。そうやって働いている人の評判を調べると、東急電鉄に就職するメリットなども理解できると思いますから。東急電鉄に就職したら激務と感じる瞬間もあるかもしれませんが、トータルで見たら離職率が低いという点に見られるように、東急電鉄の就職の評判は良いと言えるのではないか?と思います。したがって、東急電鉄に就職したい人は採用試験の難易度などの情報のみではなく、働いたときの情報についても調べていくと良いと思います。東急電鉄の就職に関しては大学名や学歴の情報なども気になると思いますし、あとは倍率なども気になると思いますが、倍率に関しては過去の傾向としてっデータが出ているので、それを確認して対策をしてほしいと思いますが、東急電鉄の就職の難易度は高いですが、大企業の中ではそれほど高くないと言えると思うので、チャンスは割とあるかな?とは思いますけど、東急電鉄の採用試験は簡単ではないはずですから、東急電鉄に就職したい人は頑張ってほしいと思います。

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事