特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

内定辞退のやり方、伝え方は電話のみでも、緊張や恐怖で電話したくないときはメールのみでも良い

内定辞退をするときにはどういった手段でやるべきか?というのは決まっているのか?というと、電話で行う人が多い気がしますね。というのも、電話ですべきという感じの雰囲気がありますからね。ただ、電話が内定辞退のベストな方法か?というと、そうとも限らないと思います。内定辞退のやり方では電話したくないと考えている人も多くいると思います。電話は1番に考える方法かもしれませんが、1番選びたくない方法でしょう。というのも、相手がすんなりOKしてくれないときには、1番恐怖を感じる手段になるからです。相手の声が聞こえるというのは非常に恐怖感がありますよね。だから、内定辞退では電話したくないと考える人が多いのです。メールならば難易度が下がると思います。内定辞退は電話だけしておけばとりあえず問題は起きないというか、手段に関しては問題ない扱いになりそうですけど、問題はその電話ができない人がいるということです。昨今の内定辞退のトラブルを見ていると、そりゃ電話したくないと思ってしまうのは仕方ないと思います。何言われるか?分からないので。だから、内定辞退のやり方に関してはいろいろな問題を孕んでいるのです。

 

そういった意味では、電話をするのだけは勘弁という人もいるでしょう。ただ、内定辞退は電話はしないという方法でも大丈夫だと思いますけどね。というのも、内定辞退をするときには電話は逆に迷惑という部分もありますけどね。内定辞退は電話以外ではメールという手段もあります。電話を選択するメリットとしては確実に相手に伝わることくらいでしょうか?内定辞退では電話のみという選択肢もありますが、メールのみという選択肢もあります。内定辞退のやり方ではいくつかの方法がありますけど、電話しないという選択肢をとる場合にはメールが1番おすすめと言えると思います。内定辞退では電話しない人は少数派かもしれませんけど、それは電話が常識だと思っている人が多いから。というだけだと思うのです。私はメールで良いというか、メールの方が良いのではないか?と思える面もあります。相手の会社の仕事の邪魔をしないということです。メールならば相手が都合の良いときに見られますから。だから、内定辞退のやり方としてメールを選ぶというのも、あながちおかしな話ではないと思います。ただし、すでに話したように電話と違って相手に確実に伝わったか?どうかは分からないという点はデメリットですけどね。内定辞退の伝え方に関しては法律で決まっているわけではないので、多数派は電話だということ、多数派は電話という手段の優れた部分に共感しているということになるのではないでしょうか?

 

内定辞退の伝え方に関して、手段を指定することはできないので、結局は就活生の意思次第ということになります。私ならどうするか?分かりませんが、本音を言えば電話はしたくないです。内定辞退で電話したくないという人は限りなく多いと思いますし、電話している人も電話したくないけど、電話というやり方を選んでいるという人は多くいると思うのです。相手としゃべるということは何を言われるか?分かりません。メールでもそうなんですけど、メールだと文面なので、温度が伝わらないじゃないですか?でも、電話だと相手のしゃべり方とかで温度が伝わってくると思うのです。そこが内定辞退を電話ですると緊張するというところなのでしょう。実際、内定辞退で恐怖を感じている人はここ最近は多いと思います。メディアでトラブルが伝えられているところを見ると、自分のところでもそういったトラブルが起きたらどうしよう?と思うと、やはり内定辞退は緊張しますよね。したがって、内定辞退をするときにはメールのみでも私は悪くないと思います。悪くないというか、やり方に関しては就活生の自由ですよね。企業からしてみれば電話の方が良いと考えているかもしれません。しかし、その場合には就活生にとって負担になると。メールのみの場合にはメリットと負担が逆になると。だから、トレードオフなんですよね。したがって、メールを選んでも、電話を選んでも、どっちかは困り、どっちかは得をするわけだから、内定辞退をするときにメールのみだとしても就活生を責めるのはおかしいと思うのです。

 

内定辞退の伝え方は電話、メール、手紙、それらを組み合わせるなどがあると思いますが、電話が主流なのかもしれませんが、電話しないという人もいます。内定辞退で恐怖などを覚える人は素直にメールなどを選んだ方が良いと思いますけどね。その企業とは今後かかわらない可能性が高いですからね。でも、たいていの場合にはトラブルは起きないで、あっさり終わりそうな気はしますけどね。だから、そこまで内定辞退に緊張したりする必要はないかもしれませんけどね。ただ、実際に伝える前には恐怖などを覚えるというのは理解できます。だから、内定辞退はメールのみで済ませたいと思う人が出てくるのです。電話のみという人もいますが、たいていは内定辞退は電話しないならそっちの方が良いと考えている人もいるでしょう。だから、電話したくない願望を持っている人は相当多いと思います。常識に添うならば電話することになるが、すでに話したように電話を選んでも、メールを選んでも、結局企業と就活生の関係はトレードオフなのです。だから、どっちを選んでもどっちかが得をし、どっちかが損をする可能性があると。そうなれば、どっちを選んでも一緒なのです。そして、選択権は就活生っであるあなたにあるということになります。企業も内定通知は郵送の場合も多いですからね。内定辞退のやり方をメールのみで行ってもしょうがない気もします。

 

 

キレイゴトぬきの就活論 (新潮新書)

キレイゴトぬきの就活論 (新潮新書)

 

 

あわせて読みたい記事