特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

集英社の就職の難易度や倍率は?理系や学歴は関係する?評判は激務で忙しい?

集英社というのは、日本の出版業界の中ではかなり有名な会社で、大手企業という扱いになると思います。ここに入社したいと思っている人は多くいると思うのですが、集英社への入社の難易度はとんでもなく高いです。日本の出版社の中でも最難関と言えるような会社だと思いますから。集英社の就職の倍率はアバウトですが、およそ100倍とされており、なかなか受からないと言えるでしょう。集英社の就職の難易度は相当高いと言えるのです。したがって、就職したい人は一次選考を潜り抜けるだけでも結構きついと思うので、かなりの覚悟で挑んでいかないといけないでしょう。集英社には学歴は関係あるのか?というと、その可能性もあります。集英社のレベルになると足きりをしないといけない可能性は高いので、学歴フィルターなどが関係する可能性は大いにありそうです。学歴フィルター以外でも、集英社の就職試験では学歴が関係する部分はあるかもしれませんが。ただ、集英社の募集人数は少ないですね。例年10~15人くらいみたいで、大手企業にしては少なめと言えると思います。集英社の募集人数が少ないというのは、出版業界全体の将来性などの部分も関係しているのかもしれません。

 

そして、集英社では理系の採用はあるのか?というと、文系や理系は関係ない気がします。出版社の仕事は文理問わず可能だと思うので、集英社に就職したい人は理系で合っても採用可能性はあると思います。採用実績を調べれば分かるかもしれません。ただ、集英社の就職試験では筆記試験があるので、そのための対策をしておかないといけないでしょう。学歴があっても筆記試験に受からないといけないので、集英社などの出版社のために筆記試験の対策は必須です。集英社は採用人数が多くないようなので、筆記試験などでもかなり絞る可能性があります。だから、学歴よりもいわゆる知識や学力が必要なのかもしれません。そうなると、集英社の就職の難易度では、そういったところもカバーしていかないといけないので、多面的な能力、人物試験以外の部分でも力を持っていないといけないという難しさがあると思います。集英社の就職の倍率はかなり高いので、筆記試験以外にもいろいろな選考が課されますが、筆記試験はやや特徴的な部分で、かつ難しさが違うと思うので、対策をしっかりとしておきましょう。

 

集英社に就職したい人は評判などもチェックしないといけないでしょう。例えば、離職率について調べると2%程度という数字が出てきます。集英社離職率はかなり低いのかな?という気がします。このデータもどこまで正確なのか?は分かりませんけど、集英社離職率が低いというのは評判の1つになるのではないか?と思います。客観的な数字ですから。だから、それだけ働きやすい環境と言えるかもしれません。やりがいとか、どういったところが楽しいか?という部分はそれぞれの主観的な部分になりますが、インターネットで調べれば口コミが多く出てくるので、それを見ると良いかもしれません。ちなみに残業についての口コミを見ると、部署によりけりみたいですね。出版社は忙しいイメージがあるかもしれませんけど、集英社も忙しいという部分については共通みたいです。残業については多いと回答している人もいますし、部署によりけりと言っている人もいるので、恐らくどこの配属になるか?で、集英社に就職したときの激務ぶりというのも変わると思います。全てにおいて激務というわけではないようなのです。集英社の口コミを見ていると、特に多く述べられているなと思われているのは、「つぶれる心配がない」とか、「安定している」という部分です。集英社で働いている人はそこを特に魅力に感じているということなのでしょう。働いている人自身が、わざわざ口コミ投稿サイトで多く言っているくらいなので、社員はその部分に関して相当感じているということになると思います。

 

集英社の評判の1つには安定しているということがあるのでしょう。ただ、将来性などはどうなるか?分かりません。書籍の未来はどうなるか?分かりませんから。ただ、h現時点では集英社の評判を言うと大丈夫だろうということなのでしょう。でも、5年、10年で未来は大きく変わりますから、出版社全体がどうなるか?分からないのです。だから、こういった集英社の評判は参考程度に受け止めておく方が良いとは思いますけど、出版社の中では安定感はあるでしょうし、企業全体で見ても大企業なので、安定性は比較的信頼できるのではないでしょうか?ただし、今後のことはどうか分からないということなので、安定した会社が良いならば、今後のことも考えた方が良いですけど、未来のことはなかなか読めないですからね。集英社に就職したい人は自分でも口コミはチェックしておきましょう。集英社についてよく知るには、やはり会社説明会に出るのが1番良いかと思いますけど、会社説明会で分かるのは集英社の魅力の部分が大半でしょう。そこでの働くことのメリットは分かると思いますけど、そうじゃない部分は別途自分で調べていかないといけないでしょう。そうなると、インターネットで集英社の魅力だけじゃなくて、大変なところとかも調べたうえで、総合的に評価をしていくと良いと思います。集英社の就職は倍率も高いですから、なかなか受からないですけど、しっかりと対策をして難易度の高い就職試験に挑んでいきましょう。出版社の中でも特に人気の高い企業だと思うので、他の就活生のライバルに勝つためには準備が本当に大切だと思いますし、情報をよく調べておく必要があると思うのです。そういったことを事前にやっておきましょう。

 

出版社 内定獲得!  2018年採用 (旧:合格への道)

出版社 内定獲得! 2018年採用 (旧:合格への道)

 

 

あわせて読みたい記事