特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

サイバーエージェントの面接の服装は私服?回数は何回?志望動機の考え方の例は?

サイバーエージェントというとIT業界の中では特に有名な企業です。私の大学生のときのクラスからも1人ここに就職した人がいるみたいです。メディアへの露出も多いですし、就活生からしたら人気企業の1つになるかもしれません。とにかく華やかな印象があると思います。そんなサイバーエージェントに就職したい人はやはり選考については知っておいた方が良いですが、特に重要なのは面接対策です。サイバーエージェントの面接対策では特徴的な部分があって、それが服装です。面接のときの服装はどういったもので臨むのか?というと、私服でOKというケースが多いみたいです。これは社風も関係していると思いますが、サイバーエージェントではスーツではなくて私服での面接も歓迎ということになっているのです。そこが一般的な企業とは違うところです。サイバーエージェントに就職するには面接を突破することも重要ですから、面接対策をするときには服装の部分は特に考えておかないといけない部分になると言えます。しかし、サイバーエージェントに就職するにはもっと重要なものがあります。それが志望動機です。これが難しいんですよね。志望動機の考え方をどうするか?が受かるための鍵になるでしょう。

 

サイバーエージェントに就職したい人の志望動機の考え方についてはいろいろな例があると思います。サイバーエージェントの特徴を捉えられるような志望動機が良いんじゃないか?と思います。例えば、私であれば自由な社風と新しいものにチャレンジできるような空気感、環境というのがこの会社の1つの魅力かな?と思います。そうなると、なぜIT業界なのか?という部分を示したうえで、自分が実際にやってみたい事業を示して、これをやらせてくれそうな会社だったから。というような志望動機を考えると思います。私服での面接を取り入れているところなどを見ると、ある程度自由な働き方、新しいものへの挑戦が特に垣間見える企業だと思うのです。そういったところを踏まえて、IT業界において、自分がやりたいことをやらせてくれそうな会社という意味では、ナンバーワンのイメージがあります。だから、仕事を通じてこんなことをやりたいというビジョンがはっきりしているならば、それを提示したうえで、それを実現させられるための環境や雰囲気を1番に感じた。若い年齢から新しいことに対して積極的に働ける会社だからこそ、御社を志望した。こういう感じでサイバーエージェントの面接での志望動機を作るというのも1つの例です。実際サイバーエージェントは若い人を良く登用するということが言われており、そこも会社の魅力の1つだと思うのです。サイバーエージェントは激務まではいかないかもしれないけど、忙しい部分はあると思います。その中である程度やりがいを感じられる会社ではないか?と思うのです。

 

サイバーエージェントの口コミを見ると激務というか、プライベートとのバランスは調整しづらい、定時にはまず帰れないなどの忙しい部分を示す声はあります。職種にもよると思うので、一概には言えませんが、サイバーエージェントは激務の面はあるでしょうね。IT業界の中では大手とはいえ、ライバル企業も結構あるので、激務に感じる面があってもしょうがない気もします。同業他社も恐らくかなり忙しいでしょう。そういった部分と引き換えにメリットもあるわけですし、サイバーエージェントは安定している会社と言えるか?どうかは別として将来性はまだまだあるかな?と思います。やりたい仕事はやりやすいかもしれないが、仕事内容は大変に感じることもあるわけですから、そこは受ける前に知っておきましょう。さて、サイバーエージェントの評判などについてはちょっとお知らせしてきましたが、面接の話に戻ります。面接の服装は私服でも良いと言われており、常にそうとは限りませんが、他の会社と比べたら私服での面接を考えいしている雰囲気があるようです。ただ、サイバーエージェントの就職の難易度はとても高いということは多く分かるとは思いますが、それを象徴するのが面接の階数です。サイバーエージェントに就職するには面接を1つ1つ突破していかないといけないのですが、回数がかなり多い可能性があります。というのも、回数は明確ではないようですが、その年によっても変化するみたいです。

 

だから、確実なことは言えませんが、他のサイトに書いてあることを参考にすると、最大で6回くらいはあるみたいです。過去はそうだったみたいですが、今後どうなるか?はまだ分かりません。サイバーエージェントに就職したい人は面接をかなりの回数やっていかないといけないですし、その全てにおいて面接官に評価されないといけないので、面接対策は大変です。サイバーエージェントに就職するには面接が得意と言えるレベルじゃないと厳しいでしょう。面接の回数は実際に受けてみないと分かりませんが、大企業なのでかなり多いだろうということは想像できると思います。それにその前にはいろいろな選考があると思うので、面接にたどり着くだけでもかなり大変だと思います。面接になっても最大で6回くらいあるならば、まだまだ長い道のりですよ。サイバーエージェントは間違いなく就職の倍率が高いので、絶対に難しいと言えると思いますが、ここに入りたいならば面接対策をとにかく頑張るしかありません。面接対策をどれだけやっても、顔採用とかもあると言われているので、どうにもならない部分もあるかもしれませんが。これも真実は分かりません。学歴フィルターとかもあるかもしれませんね。サイバーエージェントに就職したい人は選考内容に関する情報を集めて、1つ1つクリアしていくための対策を考えないといけませんが、やはり中心は面接です。そこまでたどり着くのも大変だと思いますけど、とにかく面接を頑張りましょう。

 

面接においては志望動機の考え方が重要なので、紹介したような内容でも良いと思いますけど、他に良いものがあれば、別のアイデアを使って志望動機を考案しても良いと思います。サイバーエージェントの面接の志望動機はいろいろなアイデアがあると思うので、それぞれが良いと思ったものを最終的には使っていくと良いと思います。サイバーエージェントに就職するには非常に高い倍率の中を突破していかないといけないので大変だとは思いますけど、どうしてもここに入りたい人はライバルに負けないように頑張っていきましょう。IT業界の中では安定性や将来性が期待できそうなところが魅力で、そういったところの評判もあるかと思いますけど、とにかく人気の企業なので、その入りたいという気持ちを人事にぶつけていきましょう。絶対に入りたいという気持ちを持つことが絶対に必要なのです!

 

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2018 エントリーシート編
 

 

あわせて読みたい記事