特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

就活のスーツのボタンの数は1つ?2つ?3つ?座るときは開けるのは良いのか?

就活などで使うスーツの選び方において、ボタンの数はどうしたら良いのか?という部分に悩む人も多くいると思います。スーツのボタンの数というのは客観的に見たら正解はないですが、就活に詳しい人に言わせれば、業界によって好みが異なるみたいです。ただ、私はそういうことを言う人があまり信用できません。業界ごとに好みがあるというよりは、私は人によるのでは?と思います。この場合の人によるというのは、就活生という意味でも、人事という意味でもあります。就活生によって、スーツのボタンが1つか2つのどちらが似合うのか?というのは違うと思いますし、人事から見たときにもその人のスーツのボタンが1つと2つではどっちが良いと考えているのか?という部分は違うということが言えると思います。就活のスーツのボタンの数は正解というものがあるわけではないのです。業界によって違うという人もいるように、ケースバイケースで違うので、就活のスーツのボタンは2つでも3つでもどっちが良いか?という判断は簡単には下せません。

 

就活ではスーツのボタンの数は1つか2つが多いと思います。3つというケースはほぼ見ない気がするのですが、このうちスーツのボタンが1つと2つではどっちが良いのか?というのは、かなり細かいことではありますけど、かなり悩む人がいると思うのです。したがって、スーツを買うときには試着する人が多いと思いますが、そのときに2つのパターンで調べてみると良いと思います。2つののパターンのスーツを着て、鏡を見ればどっちが合っているか?というのは分かる気がします。就活のスーツでボタンが1つの場合と2つの場合の違いというのは、ワイシャツなどが見える面積の違いになります。1つのボタンの方がワイシャツなどが見える面積が大きいです。だから何だ?という話ではあるのですが、それによって見た目の印象が多少異なるのです。スーツは黒が多いですけど、白い部分が見える面積の違いによって人の印象を変える力がありますから。でも、これはその白い部分が見える面積が大きい方が良いとか、悪いとかそういうわけではないです。どっちが良いか?という正解はないですけど、どっちが自分に似合うか?を考えると良いと思うのです。就活のスーツのボタンは1つと2つが主流で、3つというケースは少ないと思いますが、もし悩んだときには試着をしてどっちが似合うか?を考えてみること、あとはスーツ会社の人は就活事情に詳しい人が多いと思うので、その人の意見を聞いてみると良いと思います。

 

あとは先ほど言ったように、業界ごとに好みのスーツのタイプがあるような話も聞きますから、それについてもお店の人に聞いてみたり、自分で調べてみると良いのではないでしょうか?業界ごとの傾向というのは、私はあまり信憑性があるとは思いませんけどね。そういうのは髪型とか、女性のメイクとかの場合には関係あるかもしれないけど、スーツまで関係あるのか?と思います。しかも、ボタンの数まで関係あるとはあまり思えないので、参考程度に見ておくと良いかもしれません。ちなみにスーツのボタンは開けるのはどうなのか?というのは悩む人もいるかもしれません。社会人はスーツのボタンを開けている人はいますけど、就活ではあまり見ません。就活は真面目に礼儀正しくというのが大前提にあるので、ラフな格好はもちろんできませんが、スーツのボタンを開けるときというのはどうしてもラフに見えてしまうという部分がある気がするのです。したがって、就活ではスーツのボタンは開けるというのは絶対にしない方が良いと思います。ちなみに2つボタンがあるときには1つは開けるというのはどうなんだ?ということを考える人もいるかもしれません。これは人によると思いますが、私はあまりおすすめしません。1つ閉まっていれば気付かない人もいるかもしれませんが、リスクにはなるので、2つとも閉めておいた方が良いと思うのです。

 

就活のスーツは座るときにおいてもボタンは開けないでそのままにした方が良いです。座る前に開けておかないと、そのまま座れないので、座るときにボタンを開けるということは、その前から開けているのに等しいと思いますから、就活ではスーツのボタンは座るときも開けることなく過ごした方が良いと思います。スーツのボタンは開けた方が動きやすいとかはあると思いますけどね。だから、就活でのスーツのボタンは開けることは基本しないで、社会人などの着方は真似しない方が良いと思います。就活をするときにはスーツの選び方から、着方というのはいろいろ悩むところはあると思いますけど、いくつかポイントがあって、自分に似合っていること、そして人事から見たときに自然に見えることなどを意識すると間違いはないと言えると思います。

 

キレイゴトぬきの就活論 (新潮新書)

キレイゴトぬきの就活論 (新潮新書)

 

 

あわせて読みたい記事