特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

公務員試験や就活の面接はどこを見る?目線は?目を見るのは正解ではない?

公務員試験の面接を受けるときには目線をどこに置くか?というのは1つ重要になると思います。目線の問題は結構多くの人が悩んでいるのではないか?と思うのです。でも、実際、面接を受けているときにどこに目線をやれば良いのか?というのは悩むのではないでしょうか?面接官の方を見るというのは良いとしても、どこを見るのが良いのか?というのは考える人もいると思うのです。目線をどうするか?で合否が分かれるんじゃないか?と思う人もいるかもしれませんけど、どこを向いているのか?分からないようなケースを除いては、合否にかかわるというのは考えづらいですが、気にした方が良い部分ではあると思います。では、具体的に公務員試験の面接を受けているときには目線はどうすれば良いのでしょうか?これは民間の就活でも共通ですけど、目を見るというのはあまりおすすめしません。相手の目を見て話すというのは基本と言われていますけど、面接は合否がかかっているので、そこは別問題だと思います。公務員試験や驟雨カツの面接で目を見るというのはあまり正解ではないと思うのです。別のところを見た方が良いのではないでしょうか?

 

面接官の目を見て話すというのは、面接官から見るとプレッシャーに感じやすいのです。話している間、または質問を聞いている間、ずっと面接官の目を見ていると、面接官からすると、受験生の威圧感のようなものを感じてしまう可能性があります。したがって、問題とまでは言えないが、面接官の目を見て話す必要はないんじゃないか?と思います。では、公務員試験や就活での面接ではどこを見るべきなのか?というと、目の付近ですね。目ではなくて、例えば鼻とかは良いのではないでしょうか?実際、目を見つめられるというのはあまり好ましいことではない気がするんですよね。人と話すときの基本として相手の目を見るということが言われてはいますけど、公務員試験や就活の面接で目を見るということは正しいとは思えません。目を見る方としてもやりづらい感覚があるのではないか?と思いますし、目を見られている方としても、なんだか微妙な感覚になると思います。公務員試験や就活の面接での目線は必ずしも相手の目を見る必要はないというか、目を見るのはやめた方が良い気がしますよ。

 

好きな人に見つめられる場合はともかく、赤の他人に見つめられてもなんだか変な感じでしょう。面接中にずっと相手から自分が見つめられている状態を好ましいと感じる人って、あまりいないんじゃないか?と思うのです。したがって、公務員試験や就活の面接での目線は目を見る必要はないですし、むしろ鼻とかのほうが面接官を困らせないで良いと思います。面接官のどこを見るか?というのは、基本的には顔です。それ以外の部分を見ていると、面接やる気あるのか?を思われる可能性がありますけど、顔の中ならばとりあえず問題ないです。私はベストは鼻付近だと思いますが、どこを見ているか?分からないようなケースだったら、まだ目を見て話した方が良いと思います。公務員試験や就活での面接どこを見るべきか?ということで迷ったら、こういったところがポイントになるかな?と思います。合否に大きくかかわる部分ではないものの、面接官の印象を左右することもあるので、面接官にとって負担のない目線で面接に臨んでいくと良いと思います。

 

公務員試験や就活では面接でどこを見るか?ということも重要ですけど、やはり面接に受かるためにはもっと別のところににも注意していく必要があると言えます。公務員試験の面接は特に初めて受けるという人も多いと思いますけど、そういったときには以下のような本が参考になるかと思います。こちらは公務員試験の面接に関して、合格レベルに実力を上げるために、本当に基礎の基礎から解説している本になります。初めて公務員試験を受けるという人でも安心して読めて、公務員試験で行われる面接というものがどういうものなのか?理解できる内容になっているのです。公務員試験の面接の内容、流れ、見られているポイント、受かるために必要なこと、実際に聞かれる頻出質問などが豊富に載っていて、かなりボリュームがあります。特に公務員試験の面接官はどういう人を採用したいと思っているのか?の箇所に関してはかなり有益な情報として載っています。スクラッチくじを例にして、どういう人が採用されるのか?を知っておくと、自分が受かる可能性も上がるのではないでしょうか?

 

面接・官庁訪問の秘伝 2018年度採用版 (公務員試験)

面接・官庁訪問の秘伝 2018年度採用版 (公務員試験)

 

 

あわせて読みたい記事