読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

就活や公務員試験で友達から、周りからどう思われている?あなたはどんな人?の回答例

就活ではあなたは周りからどんな人だと思われているか?という質問をされることがあります。周りからどう思われているか?という質問はある程度定番と言えると思いますけど、これは公務員試験でも割と聞かれる気がしますから、公務員試験の受験生も知っておきましょう。就活や公務員試験ではあなたは周りからどんな人だと思われているか?と質問されることがありますけど、これはどうやって答えれば良いのでしょうか?これは基本的にはプラスになることを答えたいところです。これは周りからの自分への評価を聞いているわけですが、形を変えてあなたがアピールしたいことを聞いているわけです。したがって、面接官から見てプラスに思えることを話していくのが良いと思います。あなたは友達からどう思われているか?というのは実際に聞いてみるのも良いですが、聞かなくて想像で答えても良いのではないか?と思います。あまり主観的にならないようにしたいところですけど、自分から見て自分はどういう人間か?を考えて導き出された答えを話しても良いと思うのです。

 

就活などで友達からどう思われているか?を聞かれるときは多くの会社を受けていれば普通にあると思います。公務員試験でも聞かれる可能性は結構あるのではないでしょうか?だから、事前に回答を考えておきたいところですけど、すでに話したようにこれは自分をアピールする機会なので、周りから自分がどう思われているか?を話して終わりにしない方が良いです。たいていの人はそこで終わってしまうと思うのですが、そこは差をつけるチャンスです。したがって、そこからさらにアピールをしましょう。例えば、自分はどんな人間か?について話して終わりではなくて、自分はこういう人間だから会社で働いて、特定の業務をするときにその性格や人間性の部分がこういう感じで役立ちます。まで言えると随分、面接官の印象も違うと思います。こういう言い方はいわゆる自己PRに近いのですが、アピールチャンスとなる質問なので、アピールをしていくべきだと思うのです。そういう話し方ができると他の学生と差別化ができるようになると思います。就活であなたはどんな人か?を聞かれて客観的に考えるときには、そういう回答の仕方をしていけるようにしましょう。

 

就活で友達からどう思われているのか?の回答はだいたい同じような内容になることが多い気がします。それはしょうがないと思うんですよ。就活などで友達からどう思われているか?とか聞いても返ってくる回答は空気読んだものになるでしょうから。また、自分で想像しようと思っても、面接で話すことを考えると、特定の範囲に収まりがちだと思うのです。だから、周りからどんな人だと思われているか?の回答は一定の範囲内に集中してしまうことが想像されます。だからこそ、差がつく回答としては、あなたはどんな人か?と聞かれて、こんな人です。で、終わりではなくて、自己PR型にして完結させると良いということも言えると思います。就活などで聞かれる質問は基本的に志望動機と自己PRしかないということを書きましたが、それを如実に実感できる質問ではないか?と思います。就活や公務員試験で周りからどう思われているか?あなたはどんな人か?を聞かれる確率は高いです。特に民間企業の就活ではたくさん受けられるため、あなたはどんな人か?に類する質問が飛んでくる可能性は高いと思います。日頃から自分はどんな人間か?自己分析とも言えるかもしれませんが、そういったことを考えておく必要があると言えるでしょう。就活でも公務員試験でも周りからあなたはどんな人と思われているか?の質問はくることをまずは頭に入れておかないといけません。そのうえで回答を考える必要があるということになるのです。

 

 新卒の就活などの面接では面接官の心理を読んで、どういう回答をしていけば良いのか?を考える必要があります。周りからどう思われているか?という質問についても、それ以外の質問についても同様に面接官の心理を読んで、評価される回答を考えていかないといけません。そういったときには以下のような本が役立つ可能性があります。こちらは新卒の面接で面接官が採用時に用いている評価基準が載っているため、面接官がどういう学生を欲しがっているのか?どういう学生を評価しているのか?学生のどういうところを評価しているのか?についての情報が載っているので、それを踏まえて面接対策をすれば、面接官から見て好意的に思われる学生を演じることができる可能性があると思います。また、こういう情報は他の就活生は知らない可能性もあり、ライバルに差をつけるチャンスにもなると思うので、参考になる部分も多いのではないでしょうか?就職活動で面接の通過率を上げられる可能性があり、内定を取れる確率も上げられる可能性がありますから、良かったら読んでみてください。

 

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

 

 

あわせて読みたい記事