特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

あきる野市の公務員試験の面接対策での志望動機の考え方の例とは?

東京都のあきる野市の公務員試験を受ける人は、あきる野市の公務員試験の面接対策をしておかないといけません。あきる野市の公務員試験の面接においての志望動機を考えないといけません。あきる野市を受ける人は恐らく都内出身者が多いです。そして、あきる野市に住んでいる人が多いと思います。あきる野市という自治体は都内の中では23区外なので、どうしても地味な印象かもしれませんが、ここを受けるならば志望動機をちゃんと考えておかないといけないのでし。あきる野市の面接での志望理由を考えるときには、ポイントが複数あって、それを満たしていくことが重要になるでしょう。あきる野市出身の人も、そうじゃない人も共通だと思いますけど、あきる野市を志望したきっかけがまず重要だと思うのです。というのも、きっかけがないと面接官としてもしっくりこないところがあると思いますから。きっかけがないのに、志望したといわれても何で?という疑問がずっと頭に残るはずなのです。きっかけ自体は地元の人は、地元だからでも良いかもしれません。地元だからで志望動機が終わってしまっては困りますが、志望動機のきっかけにおいては地元だから。でも良いでしょう。

 

地元じゃない人は別のきっかけが必要ですが、とにかくあきる野市を受けるときには、あきる野市を志望したきっかけをまず提示してあげて、面接官の疑問を解決してやることが必要です。そのうえで、あきる野市の面接の志望理由の核心を考えていくべきと言えます。あきる野市の面接対策をするときに必要な志望動機の考え方の例としては、自分があきる野市で何ができるか?を考えた方が良いです。多くの人は何をしたいか?を考えますよね。でも、ここで必要なのは自分はあきる野市で働くことで何ができるか?というポイントだと思います。あきる野市で働きたい理由=志望動機と考える人も多いかもしれませんが、志望理由に働きたい理由を入れても大してアピールにならないと思います。というのも、働き理由がどうであれ、働きたい気持ちはみんな持っているわけです。それは面接官も知っています。で、1つクエスチョンですが、面接官があきる野市で働きたい人を採用するメリットはなんでしょうか?これといってないと思います。働きたい気持ちを持っている人はやる気があるという評価はできるかもしれませんが、やる気がないよりはあった方が良いとは言えるものの、やる気があるからその人を採用するにはリスクがあります。

 

やる気=公務員としての適格性を備えているわけではありませんから。面接官が採用したいのは第一に、あきる野市の公務員として採用した場合、その人がきちんと働いてくれて、かつ自治体や住民に貢献してくれる活躍ができるか?どうかです。そこがまず重要になります。やる気でそこが見えるか?というと、厳しいと思うのです。したがって、あきる野市に受かるには志望理由で先ほども言ったように、自分があきる野市で働いたらどんな貢献ができるのか?を述べましょう。あきる野市で働きたいと言っている人とあきる野市で働いたらこんな貢献ができます!と言っている人、どちらが優秀な公務員っぽいかというと、後者だと思うのです。そして、あきる野市の自治体で行っている政策や抱えている問題などを調べます。そして、今あきる野市では何をすべきなのか?を明らかにして、そのやるべきことを実行していく中で、自分あはこういう能力などを持っているから、そこで力を発揮して貢献ができるはずだ。だから、自分はあきる野市を志望するという感じで作っていくと良いのではないでしょうか?あきる野市で働きたいから志望するのではなく、自分があきる野市で働けば自治体や市民にとってメリットがあるから働くんだという方が、志望動機が公務員らしいと思います。自分本位ではなく、それ以外のことに目を向けているわけですから。あきる野市に受かりたい人の面接対策ではこういところをヒントにしてみると良いかもしれません。志望動機の考え方に正解はないと思うので、自分の中でしっくりくる考え方をしていくのが良いのではないでしょうか?

 

あきる野市などの公務員試験の面接対策をするときに参考にしたいのは以下の本です。こちらは公務員試験の面接対策をするときには重宝する可能性があります。本書は公務員試験の面接において効かれる可能性がある質問をとにかく多く掲載している本です。頻出の質問から、滅多に聞かれなさそうな質問まで載せていますから、これを一通り読んで対策をすれば、マイナーな質問がきたときには事前に行った対策によってスムーズに答えられる可能性があります。多くの受験生はマイナーな質問はあまり対策しないと思いますが、そういった聞かれる可能性の低い質問に関してもいくつか聞かれると思います。そうなると、多くの受験生はそういう質問になかなか答えられない可能性が高いと思いますけど、本書でマイナーな質問までちゃんと対策をしていると、その中からいくつか聞かれる可能性があり、他の受験生が答えられないような質問に的確に答えて評価を上げられる可能性があります。そういうところで有利になるという可能性もあるので、良かったら参考にしてみてください。

 

 

大卒程度公務員 面接対策ハンドブック 2018年度

大卒程度公務員 面接対策ハンドブック 2018年度

 

 

あわせて読みたい記事