特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

日刊スポーツ新聞社の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判は?

日刊スポーツはスポーツ新聞社としてはかなり有名で、大きな会社となっています。そんな日刊スポーツ新聞社の就職の難易度はどうなっているのか?知っておきましょう。本来であれば、日刊スポーツ新聞社の就職の倍率を調べることで、難易度をチェックすることができます。ただ、倍率に関して調べてみたのですが、データが見つからないのです。したがって、倍率が不明ということで、日刊スポーツ新聞社の就職における難易度を調べるのは難しいです。ただ、難易度については他にも重要なポイントがあって、例えば学歴フィルターの有無はかなり大切でしょうから、そこに関しても見ていきたいと思うのです。

 

日刊スポーツ新聞社の就職では学歴フィルターはあるのか?

日刊スポーツ新聞社の採用試験の難易度に関して、学歴フィルターはきちんと調べておいた方が良いです。倍率は不明ですが、採用人数が若干名という年が多いので、日刊スポーツ新聞社の就職の倍率はかなり高い可能性があります。だから、学歴フィルターが実施されているかもしれないのです。本来ならば、学歴フィルターの有無に関しても倍率を使っていきますけど、それが分からないので、採用実績校から考えていきたいと思います。日刊スポーツ新聞社の就職の採用実績校を見ると、多くの大学名が載っており、いずれも有名大学のみです。ただ、大東亜帝国レベルに相当すると思われる大学名が見つかるので、そういった部分を考慮すると、学歴フィルターはないのではないか?と思われます。学歴フィルターがある可能性は相当低いと思うのです。

 

しかし、日刊スポーツ新聞社の就職では学歴フィルターがないとしても、学歴や大学名を見ていないとは思いません。そういった部分をチェックしている可能性は大いにあるでしょう。でも、学歴フィルターのように、それだけで合否を決めているわけではないと思います。学歴や大学名を含めて、いろいろな部分を総合的に判断して、合否を決めていると思われます。だから、他にも大切な部分がいくつかあるということです。特に日刊スポーツ新聞社の就職の面接対策はしっかりとやっていく必要があります。志望動機や自己PRなどをちゃんと考えておかないといけません。そして、日刊スポーツ新聞社の就職の評判についても事前に理解しておきましょう。自分が入社する可能性がある会社のことは、少しでも詳しくなっておく必要があります。社員の口コミから実際の会社の状況について理解してほしいです。日刊スポーツ新聞社の仕事は激務なのか?という点について、特に知っておくと良いと思います。

 

日刊スポーツ新聞社の就職の評判はどうなっている?

日刊スポーツ新聞社の就職の評判について調べていきますが、社員の口コミがかなり参考になるでしょう。まずは平均年収をチェックしていきたいと思います。日刊スポーツ新聞社の平均年収については800~900万円程度はありそうです。したがって、給与面に関しては、かなり評判は良さそうです。実際、こういった給与面に関しては社員のモチベーションになっているようで、そういった口コミが実際に見つかります。働き方に関しては、残業時間などの具体的な数字は見つかりませんが、そこまで激務という声は見られません。ただ、どうしても不規則な仕事になりやすい側面があり、昼夜逆転のような毎日を送っている人が多くいるようで、体調を壊しやすいという口コミが多少見られます。労働時間の長さよりも、そういった働き方の部分できついと感じられる可能性があるということです。しかし、実際は部署などによるので、実態は正確には分からないということです。

 

日刊スポーツ新聞社で働いている人たちの口コミを見ると、やりがいを見出している人とそうじゃない人に分かれている印象があります。単純作業をこなすだけといった感じで、モチベーションが低い人もいれば、全国の読者に自分たちの仕事によって、大きな影響力を与えられるとやる気を見出している人もいます。具体的な仕事によって、モチベーションの部分は変わってくると思いますけど、やりがいを見出せるか?どうかは、人それぞれということでしょう。日刊スポーツ新聞社の仕事はそれなりに激務になる可能性はありますが、この業界はどこも同じようなものでしょう。新聞社で働く以上、仕事が激務になるかもしれないのはしょうがないと言えます。その中でどのように働く意味を見出すか?モチベーションを保てるか?が大切だと思うのです。日刊スポーツ新聞社の就職の評判はこんな感じで、あらかじめ把握しておくと良いと思います。日刊スポーツ新聞社の採用試験の難易度も重要ですが、こういった面は事前に知っておく必要があります。自分が実際に働く姿を少しでも想像できるような情報を集めて、そのうえで納得してから受験していくと良いと思います。

 

 

あわせて読みたい記事