特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

小学館の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

小学館に就職をしたいと思っている人は多くいるでしょう。出版業界は必ずしも芳しいわけではないですけど、その中でも大企業ですし、小学館の存在感は大きいと言えます。そんな小学館の就職の難易度に関して知っておいてほしいのですが、小学館の就職の倍率はどうなっているのでしょうか?小学館の就職の倍率はデータがありません。したがって、小学館の就職における倍率はちょっと調べられないと言えます。間違いなく倍率は高いはずです。採用人数が若干名となっているので、2,3人とか、それくらいの可能性があります。10人以上採用されている年もありますが。そうなると、応募してくる人は多いでしょうから、余裕で100倍は超えそうな感じです。実際の倍率は不明ですけど、小学館の就職における難易度は相当高いと言えると思います。小学館の採用試験の難易度に関しては学歴フィルターについても知っておく必要があります。学歴フィルターがあるか?どうかは非常に重要ですから。

 

小学館の就職では学歴フィルターはあるのか?

小学館の就職において学歴フィルターは存在するのでしょうか?小学館の就職の難易度として重要ですし、ここは気になる人が多いと思います。大企業で、かつ小学館の就職の倍率は相当高いはずなので、学歴フィルターがあっても不思議ではないと思うのです。実際どうなのか?というのは、小学館の採用実績校を見ることで解決できる場合があります。小学館の採用実績校を見ると、採用している大学のランクが分かりますから。ただ、この採用実績校はほんの一部しか公開されていません。採用数が若干名の年もあるので、ここ数年の実績ということでいうと、そういった感じになってしまうのでしょう。小学館の就職の採用実績校を見ると、もはや有名大学しか載っておらず、最も下のランクでMARCH、関関同立です。これを見ると、小学館の就職で学歴フィルターがないとは言い難いです。あるとも断言できませんが。採用人数が少なく、小学館の就職の倍率は相当高いと思うので、学歴フィルターがありそうな雰囲気もありますけど、断言ができる感じではないです。でも、学歴フィルターがあっても不思議ではない状況だと思います。小学館の採用試験の難易度は相当高いですから、こういったところも一応考えておくと良いと思います。

 

小学館の就職では学歴フィルターがあるか?どうかについては何とも言えない状況ですけど、可能性は存在するということです。それに学歴や大学名のチェックはするはずです。小学館の就職では学歴や大学名を全く見ないということは恐らくないと思うのです。だから、高学歴の方が有利ということは言えるのではないでしょうか?でも、学歴や大学名が見られているといっても、他の部分でアピールできればいいわけですから、悩むことではないのです。むしろ小学館の就職において学歴や大学名というのは、そんなに高い割合で関係するわけではないですから。だから、小学館の就職においては人物重視の割合が高いと思います。面接試験などの対策をしっかりとやって、評価されるようなことを知れば、内定が出る可能性は上がるでしょう。小学館の就職は難しいですし、倍率も相当高いはずです。小学館の就職における難易度を考えると、志望動機や自己PRはしっかりと練っておく必要があるので、そういったことは考えておきましょう。あとは小学館の就職の評判を知っておくと良いです。小学館の社員の口コミから会社の実態について知っておきましょう。小学館の仕事は激務なのか?とか、そういった点も気になるでしょう。出版社は厳しいところも多いですから。

 

小学館の就職の評判はどうなっている?

小学館の就職の評判をチェックしていきたいですけど、最初に平均年収について見ていきましょう。小学館の平均年収はおよそ1000万強くらいでしょうか?数字は細かいところは変わるかもしれませんが、世間一般で言えば高い方です。出版社は業界自体が厳しいと言われていますが、大手企業はまた違うということです。小学館の就職の評判に関して、働き方の口コミを紹介していきます。小学館の社員の口コミをいろいろと調べてみると、多くの人が口にしているのは残業が多いということです。出版社はどこもそんな感じだと思いますけど、残業は多いようです。小学館の仕事は激務にあたるか?どうかはその人次第です。ただ、人によっては80時間とか、月にあるようなので結構多いと感じているみたいです。ただ、小学館では裁量労働制が実施されているので、ある程度自由に仕事が行えます。だから、上手く効率的に仕事ができる人ならば、労働時間を抑えられるということが言えるものの、そうじゃないと労働時間が延びてしまうということで、それぞれの能力に労働時間が比例する部分はあるようです。人によっては激務になることもあるので、そこは知っておくべきだと思います。

 

つまり、仕事量がある程度多いということは言えるかもしれませんが、労働時間が長くなるケースというのは会社だけが悪いわけではなく、労働者にも原因があるという場合なのかもしれません。ただ、社内では勤務時間という概念があまりないようで、与えられた仕事をどのように完了させるか?という部分が重要で、それにかかる時間は各自で異なっているわけですが、ある程度長時間労働になっても、その労働時間そのものを問題視する風潮ではないのかもしれないのです。仕事はそれなりに忙しい可能性がありますけど、有給休暇は非常に取りやすく、100%取れるといった口コミもあります。社内の雰囲気として有給を取りやすい状況があるようなので、そこは評価できるポイントでしょう。小学館の就職の評判としてはこういった感じで、小学館の仕事は激務になることはありえますが、平均年収が高いですし、有給が取りやすいなどのメリットもあるので、ちゃんと良いところもあるという意味では、出版社の中では待遇としては良い方かもしれないです。出版社で激務じゃない会ってまずないと思うので、この業界に入る以上はそこはしょうがないと思います。小学館に就職したい人はその難易度とこういった評判をともに理解しておきましょう。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業が登録している学生を検索して気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。このキミスカは特別なナビサイトと言えると思いますが、かなり魅力的な面を持っているのです。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、キミスカではそういったところを事前に知ることが可能です。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事