特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

あいおいニッセイ同和損害保険の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

あいおいニッセイ同和損害保険に就職したい人はしっかりとその難易度を調べておきましょう。あいおいニッセイ同和損害保険の就職の難易度をチェックしないといけません。ただ、あいおいニッセイ同和損害保険の就職の倍率が分からないのです。あいおいニッセイ同和損害保険の就職における難易度としては、やはり倍率が重要ですが、その数字が非公開になっているので、調べられないということになります。あいおいニッセイ同和損害保険の就職の難易度については、後は学歴フィルターというのも重要なので、その点についても知っておきましょう。学歴フィルターに関しては気になる人もいると思いますから。

 

あいおいニッセイ同和損害保険の就職では学歴フィルターはあるのか?

あいおいニッセイ同和損害保険の採用試験で学歴フィルターがあるか?については、本来ならば倍率が重要です。ただ、その倍率が分からないのです。しかし、あいおいニッセイ同和損害保険の就職の倍率はそこまで高くはないと思います。根拠としては、採用人数が非常に多いという点が挙げられます。その年によっても違いますけど、毎年大量採用している会社なので、離職率が高いのかな?という推測も立ちますが、採用者数が多いということは、倍率は上がりづらいです。過去の傾向では300~500人くらいという年が割とあります。最低でも100人くらいは採るのではないか?と思われます。そういった状況だと、あいおいニッセイ同和損害保険の就職の倍率は思ったほど高くはないと思うので、学歴フィルターはないと思います。学歴フィルターがないとは思いますが、学歴や大学名が無関係ではないでしょう。

 

あいおいニッセイ同和損害保険の就職では学歴や大学名も考慮して、合否を決めていくと思います。だから、学歴や大学名も一応関係すると思っておきましょう。あいおいニッセイ同和損害保険の就職では学歴や大学名もチェックして、採用実績が多いようなところは有利になる可能性もあると思います。マンモス大学とか、学生数が多いようなところは有利かもしれないのです。あいおいニッセイ同和損害保険の面接対策が重要なので、志望動機や自己PRなどもちゃんと考えておきましょう。あいおいニッセイ同和損害保険の就職の評判も知っておいてほしいと思います。あいおいニッセイ同和損害保険の仕事は激務なのか?とか、そういう部分も知っておかないといけないので。あいおいニッセイ同和損害保険の就職の評判を簡単に紹介していきますから、そういったところは参考にしてほしいと思います。

 

あいおいニッセイ同和損害保険の就職の評判はどうなっている?

あいおいニッセイ同和損害保険の就職の評判について書いていきます。社員の口コミから紹介していきますが、まずは平均年収についてです。あいおいニッセイ同和損害保険の就職の平均年収は約600万円強となっています。したがって、給料は割と良いです。あとは働き方に関して重要です。あいおいニッセイ同和損害保険の仕事は激務じゃないのか?と思っている人もいると思いますけど、平均の労働時間は1日あたり9~10時間です。したがって、そこそこ忙しいという感じだと思います。社員の口コミでは、平均して月の残業時間が70~80時間ほどあるようです。だから、激務までは行かないかもしれませんが、忙しいということは言えます。それでも残業時間はちゃんと制限があるようです。遅くとも19時半までしか働けないようになっているという口コミがあるので、長時間労働にはならないようになっています。また残業デーがあったりもしますし、残業代は1分単位で請求できるとなっているので、割とあいおいニッセイ同和損害保険の就職の評判は良いのではないか?と思われます。

 

ただ、あいおいニッセイ同和損害保険の仕事は激務になる可能性も一応残されています。冬から春にかけては繁忙期らしいので、その時期はどうしても忙しいみたいです。具体的な仕事量は部署によるところもありますけど、どうしても激務のように感じる可能性があるということは考慮しておきましょう。しかし、あいおいニッセイ同和損害保険は完全週休二日制となっており、土日は毎週休みです。休日出勤もあるようですが、代休もとれますし、代休が仮に無理ならば給料に反映されるような仕組みになっているようです。あいおいニッセイ同和損害保険の就職の評判としてはこういった感じです。あいおいニッセイ同和損害保険に就職したい人は会社の実態を知っておくべきなので、こういったことは理解しておいてほしいです。あいおいニッセイ同和損害保険の採用試験の難易度も頭に入れながら、入社した後のこともちゃんと考えておきましょう。こういった情報は企業研究に使える可能性もありますから、自分なりに調べて、会社に対する理解を深めていくと良いと思います。

 

 

あわせて読みたい記事