特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

第一三共の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

製薬会社として特に知名度が高く、規模が大きい会社の1つには第一三共があります。第一三共の就職の難易度がどれくらいか?というのはかなり気になるでしょう。第一三共の就職の倍率を知っていれば、それだけ就職の難易度をチェックできますから、そういった部分についてまず知っておいてほしいと思います。第一三共の就職の倍率からまずは紹介していきますが、第一三共の就職の倍率はおよそ100倍程度あります。したがって、第一三共の就職の難易度はかなり高いです。製薬会社の中でもかなりの大手の会社ですし、CMなどでも社名を聞くことが多いと思うので、就活生にも人気で、第一三共に就職したい人は多くいると思いますが、まずは第一三共の就職の難易度について理解をしておきましょう。最後には第一三共の評判を調べて、仕事は激務なのか?忙しいのか?といった点についても紹介していきます。

 

第一三共の就職では学歴フィルターはあるのか?

第一三共の就職の難易度について、特に気になるのは学歴フィルターかもしれません。こういった業界では学歴フィルターがありそうな雰囲気はそこまでないかもしれませんが、第一三共の採用実績校をチェックしていきましょう。第一三共の採用実績校を見ると、理系の大学、薬学系の大学も含まれていますが、一般的な大学も多いです。第一三共の就職では営業職や事務職もあるので、文系の学生も採用されているはずです。したがって、理系の学生以外も就職しているのです。採用実績校では学歴フィルターがありそうな雰囲気はなさそうです。文系の大学で言えば、掲載がある中で最も偏差値が低そうなのは摂南大学名城大学あたりで、こういったランクからも採用がありますし、それ以外では明治薬科大学星薬科大学などからも採用があり、学歴や大学名を気にしているという雰囲気はそんなに感じられません。薬学系の大学になると、特に偏差値がそんなに高くないところも含まれるので、学歴フィルターはないんじゃないか?と思います。第一三共の就職の倍率は100倍以上あるので、選考をするのは大変かもしれませんけど、第一三共の就職では学歴フィルターがある可能性は低そうです。理系の学生に関しては大学名よりは専攻内容の方が重要かもしれませんが。

 

第一三共の就職の難易度に関しては、学歴フィルターは気になるかもしれませんが、確率的には低いですし、第一三共の採用実績校を見る感じでは、そういった雰囲気は感じないので、第一三共の就職では学歴フィルターの存在はあまり気にしないで良い気がします。しかし、学歴や大学名が関係しないわけではなく、第一三共の就職でも学歴や大学名は合否に多少は影響するでしょう。履歴書やエントリーシートには学歴欄があるはずなので、そこに記入するということは、そこをチェックするってことなんでしょう。したがって、そういった部分があるならば、第一三共の就職では学歴や大学名は関係するということでしょう。しかし、それだけでは決まらないということであり、第一三共の就職では学歴や大学は重要だが、他にも重要なことはいくつもあるということになるので、第一三共の就職で学歴や大学名を気にする必要はなく、それ以外の部分でアピールをしていくように頑張るというのが良いと思います。第一三共の就職の倍率は高いですし、ライバルが多くいるという意味では、いろいろな部分に長けた人が採用されると思うので、特定の部分じゃなくて、全体的に評価されるようにしないといけないのです。学歴や大学名のみじゃなく、人物的に評価されるように頑張りましょう。

 

第一三共の就職の評判はどうなっている?

第一三共の就職の評判をチェックして、どういった勤務をするのか?について、あらかじめ調べておくと良いと思います。第一三共の就職の評判に関しては、社員の口コミを参考にしていきます。まず、第一三共の平均年収についてですが、1000万円程度はあります。大手企業ならではという数字になりますが、第一三共の平均年収は高いです。第一三共の平均年収に関しては基本的には評判は高いです。そして、働き方に関しては柔軟な勤務形態となっており、第一三共の仕事では激務みたいな雰囲気はあまりないです。人員はそのままで、以前と比べて業務量を減らしたので、全体的に労働時間が減ったという口コミもあり、かなり働きやすい環境に見えます。第一三共の仕事では激務という感じははなく、労働時間に関してはかなり満足いくものみたいです。忙しいときがないわけではないでしょうし、第一三共では部署によっては忙しいときはあるとは思いますけど、定時が帰ることができる日も結構多いようなので、ブラック企業にありがちな長時間労働とは無縁な状況かもしれないです。

 

休日もとりやすいという口コミがあり、ワークライフバランスが実現しやすい企業みたいです。第一三共の評判に関しては全体的に満足の声が高いです。残業が全くないわけではないのですが、残業が一定時間に届いた人は健康チェックを受けないといけないようで、働きすぎによる健康への影響を考慮する体制があります。そして、この健康チェックが事実上残業のストッパーの役割を果たしており、残業が多くなりすぎないような仕組みになっているようです。したがって、第一三共では激務にならないような状況が存在しているということになります。こういったところも第一三共では評判が良いです。ただ、仕事が忙しいか?どうかは部署にもよりますし、営業職の場合には第一三共でも忙しい方に入ると思うので、激務になるか?は別としても、忙しい想定はしておいた方が良いと思います。どの会社も営業職は仕事が大変ですから。第一三共の就職の難易度は高いですし、かなり倍率も高いと言えます。したがって、第一三共に就職したい人はしっかりとこういった会社の実態についても調べて、企業研究にも生かしていくと良いと思いますから。第一三共の就職の倍率が高いので、内定を取るのは難しいですし、しっかりと対策をして本番に備えていきましょう。

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事