特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

日本ハムの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

食品業界で最も知名度があると言っても過言ではないかもしれません。日本ハムグループの就職の難易度はどれくらいでしょうか?食品メーカーはいくつか知名度が高い大手の会社がありますけど、結構名前を聞く機会は多いでしょう。プロ野球球団を持っているので、かなり日本ハムという社名を聞く機会は多いです。そんな日本ハムの就職の倍率についてですが、恐らく相当高いです。具体的な数字は公表されていないものの、超大手の会社で、かつ安定した食品業界の会社なので、倍率は相当高いでしょう。100倍は軽く超えている可能性があります。日本ハムグループの就職の難易度に関しては、誰もが想像する通りにかなり高いはずです。だから、日本ハムに就職したい人はそういったことをふまえたうえで対策をしていきましょう。日本ハムの就職の難易度に関する情報としては学歴フィルターが存在するのか?に関して気になると思うので、そういったところをまずはチェックしていきましょう。

 

日本ハムの就職では学歴フィルターはあるのか?

日本ハムの就職では学歴フィルターはあるのでしょうか?日本ハムの就職の倍率は想像では相当高いので、そういった足きりがあってもおかしくはないと思うのです。しかし、日本ハムの就職の倍率が高いといっても、恐らく学歴フィルターはないと思うのです。というのも、日本ハムの就職の採用実績校をチェックすると分かりやすいです。どういった大学から採用があるのか?という情報を調べると、日本ハムの就職の採用実績校が分かりますけど、そこにはいろいろな大学名が載っているものの、地方の大東亜帝国未満と思われる私立大学からの採用があるので、そういった状況を見ると、恐らく日本ハムの就職では学歴フィルターはないと思います。学歴フィルターの基準はMARCHや日東駒専、関西だと関関同立産近甲龍と言われているので、大東亜帝国よりも下になる大学からの採用があるということは、日本ハムの就職では学歴フィルターはないと思うということになります。

 

日本ハムの就職の難易度としては、こういったところも重要です。倍率が高いので、どうしても学歴フィルターがあるのではないか?と思うかもしれませんけど、採用実績校を調べた感じでは、恐らく存在しないと思います。しかし、日本ハムの就職では学歴や大学名が無関係ということではなく、そこは関係はするんじゃないか?と思うのです。学歴や大学名が無関係という会社はなかなかないでしょうし、日本ハムの就職ではそこは見ているとは思います。しかし、日本ハムの就職に関しては学歴や大学名はそこまで大きくは関係しない、それだけで合否は決まらないということだと思うのです。大手企業になると、倍率がかなり高いので、どこか1つに長けているだけでは採用は難しいです。したがって、学歴や大学名だけがすごいというだけでは評価されづらく、他にも会社から見たときに魅力的に感じられる部分を作っていかないといけないということなのです。日本ハムの就職の倍率はとても高いはずなので、人間的な魅力に関して、特に面接でアピールできるように頑張ってほしいと思います。あとは日本ハムの就職の評判をチェックするということをしてほしいです。働き方は激務なのか?といった点などについて見ておきましょう。

 

日本ハムの就職の評判はどうなっている?

日本ハムの就職の評判をチェックするときにはまずは平均年収から見ていきましょう。日本ハムの平均年収はだいたい800万円程度となっています。平均年収がこのくらいならばかなり高いということが言えるでしょう。日本ハムの就職の口コミを見ていくと、その実態が見えてきますが、日本ハムの平均年収は高いにしても、働き方はどうなっているのでしょうか?日本ハムの口コミを確認すると、そういったところはよく分かりますが、日本ハムの仕事が忙しいか?に関しては部署によりけりの部分があります。ただ、休日出勤がそれなりにあるみたいで、年間休日が120日になっているが、実際は100日くらいであるという口コミがあるのです。休日出勤は断ることはできるけれども、断りづらい空気のようです。日本ハムの仕事は激務なのか?と言えば、これだけでそう決めつけることはできませんけど、土日が毎週休みになるわけではなく、食実などを含めて出勤しないといけないときがあるので、激務に感じている人はいるかもしれないです。しかし、残業代に関してはきっちりと細かく算定されてちゃんと全額出るそうです。

 

残業代は1分単位で計算されて全額出るので、そこは安心でしょう。また、有給休暇は取りやすい雰囲気であり、忙しいときは確かにあるが、社員にとって働きやすいような環境は作られているということなのでしょう。日本ハムの仕事で激務なときがあったとしても、有給休暇がちゃんと取得できたり、残業代がもれなく支給されたりという点があれば、社員のモチベーションは保てるのではないでしょうか?日本ハムの就職の難易度は高いですし、倍率もかなりあると思うので、人気の企業ということで、日本ハムに就職したい人には難しい採用試験になるとは思いますけど、日本ハムの採用試験を受ける前にはこういった口コミなどの情報を集めて、日本ハムの就職の評判を知っておくと良いと思います。日本ハムの就職の難易度は詳しく調べなくても難しいことは分かるでしょうけど、どういう働き方をしているのか?日本ハムの仕事は激務なのか?どのくらい忙しいのか?などに関しては、想像するだけじゃ分からないと思うので、そういった情報も調べたうえで受けていくと良いと思います。こういった情報は企業研究になる可能性もあるので、会社の真の姿を事前に知っておくことは重要ですし、ネットなどからこういった口コミを調べて、日本ハムの会社としての実態を理解していきましょう。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をする際に使うナビサイトについては数多く存在しますが、多くが使っているのは有名なサイトでしょう。しかし、知名度が低いサイトの中にはとんでもなくおすすめなところもあります。例えば、「キミスカ 」はというナビサイトはメリットが特に大きいのです。このキミスカは学生が自分で企業を検索して気に入ったところにエントリーを送るという従来の形ではなく、企業側がキミスカに登録している学生の中から気に入った人材にスカウトを送るという形なのです。この特殊な形態のキミスカはある大きなメリットを生むことになります。普通ならば学生は自分が気に入った企業にエントリーし、そこを受けていきますが、企業側が自分を気に入るか?は分かりません。通常はほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、必要と思ってもらえなかった企業をたくさん受けてしまったことになるのです。でも、キミスカは企業からのスカウトがスタートになるので、スカウトが着たということは自分のことを少なからず必要だと、関心の高い人材だと思ってくれたということになり、その企業を受けるということをすると、自分への関心がすでに存在する企業を受けられるので、内定の確率が少しでも高い企業を受けられるのです。そこがキミスカのメリットということになります。

 

また、キミスカではスカウトが着た企業を受けることで一次選考や二次選考をパスして受験できるということがあり、このときには非常に優位な状況を作ることができ、内定に近づくことができるのです。こういったところがキミスカを利用するメリットになりますけど、キミスカは今まで使っていたナビサイトがあればそれも使いながら利用することができるので、併用が可能というのはかなりの魅力です。タイプが違っているナビサイトを組み合わせて使っていくことで、リスク分散もできるのです。そして、多くの就活生はこのキミスカを知りませんから、他のライバルに差をつけたい人にとってはかなり重要な存在になるのです。キミスカはスカウトが絶対に来るとは言えないものの、プロフィールページを充実させるなどすることで、その確率を上げることはできます。無料の会員登録をすれば利用できますから、良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事