特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

東急不動産の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

東急不動産は不動産業界の中ではかなり大きな会社になります。東急不動産に就職したい人は多くいると思います。したがって、そういった人は東急不動産の就職の難易度を理解しておきましょう。東急不動産の就職における難易度はかなり高いと思いますが、実際にどれくらいの倍率があるのか?に関してデータがないので、東急不動産の採用試験の難易度については予想しかできませんが、大手企業なので東急不動産の就職の倍率は高いでしょう。東急不動産の就職における倍率に関しては、採用人数が影響しますが、毎年30人前後は採用しているようなので、倍率がすごい高くなるという感じはしませんけど、東急不動産の就職における倍率に関してはある程度は高いと思います。100倍を超えるほどじゃないかもしれませんけど、50倍程度は覚悟しておいた方が良いと思います。

 

東急不動産の就職では学歴フィルターはあるのか?

東急不動産の採用試験の難易度として知っておかないといけないのは、学歴フィルターがあるか?どうかという部分です。東急不動産の就職における倍率が正確に分からないのですが、ある程度高い倍率であるという予測のもとでは、東急不動産の就職では学歴フィルターがあっても不思議ではない気がします。東急不動産の採用試験の倍率が仮に数十倍以上あれば、学歴フィルターがある可能性が浮上します。したがって、東急不動産に就職したい人はそういった点について知っておく必要があるのです。東急不動産では学歴フィルターがあるのか?については、採用実績校というデータが参考になります。東急不動産の採用実績校を見ると、学歴や大学名に固執しているのか?という部分が見えてくるからです。東急不動産の採用実績校では、多くの有名大学の名前があるものの、大学のランクに関しては割と幅広いです。私立大学で言えば早慶上智クラスから日東駒専クラスまでは掲載があります。これより下のランクの大学も採用されている可能性がありますが、数が少なかったりすると載らないこともあるので、これだけで一概に判断できるものではないものの、東急不動産の就職における学歴フィルターは可能性としては低いと思います。

 

学歴フィルターは通常はMARCHか日東駒専あたりを基準にするという傾向があります。つまり、日東駒専の学生は学歴フィルターに引っかかる可能性があるということなのですが、その日東駒専から東急不動産では採用があるので、これで学歴フィルターの可能性が0になったわけではないものの、可能性は低くなったと思います。採用実績校の一覧がもっと多くあれば良いんですけど、限られた情報で判断すると、東急不動産では学歴フィルターがあるかもしれないが、可能性としては低いということになると思います。東急不動産では学歴や大学名を見るということはあるとは思いますが、それは選考の中で加味するという程度で、学歴や大学名だけで判断をするということではないと思います。東急不動産に就職したい人はこういったところも知っておきましょう。東急不動産の就職では学歴や大学名は無関係ではないと思いますけど、学歴フィルターの可能性は低いということです。東急不動産の採用試験の難易度はどっちにしろ高いはずですから、しっかり対策をして、それぞれの選考に臨んでいかないといけないと言えます。そして、さらに重要なのは東急不動産の就職における評判で、実際に就職したらどういう働き方をするのか?などに関して知っておきましょう。

 

東急不動産の就職の評判はどうなっている?

東急不動産の社員の口コミをもとに、どういった評判があるのか?を調べてみました。東急不動産の平均年収に関しては1000万円強くらいです。だから、東急不動産の平均年収はかなり高くて、そういった面において評判は良いです。大手企業だけあるといった感じですけど、東急不動産の社員の口コミとして、働き方についても見ておきましょう。東急不動産の社員の口コミを見る感じでは、激務の部署と仕事が楽な部署に二極化している印象です。したがって、仕事をする部署によって働き方はかなり変わるということなのでしょう。仕事が忙しい部署は本当に激務のようで、残業時間もかなり多いようですけど、のんびりと仕事ができる部署もあるみたいですから、社内全体で言えば、東急不動産の仕事はそこまで激務ではないのではないか?と思います。ただ、残業が多い部署は改善するように指導が入るので、長時間労働を防ぐ体制ができており、そこは東急不動産の社員の口コミでも評価されている感じです。そして、休日に関しても部署によってかなり違いがあります。

 

忙しい部署は休日出勤も多くなるが、楽な部署は休日はしっかり休めて、休日出勤もまずないといった状況のようです。東急不動産の仕事は激務な部署になると、労働時間が長いだけではなくて、休みの日にも影響があるようなのです。そういった特徴があるということです。だから、東急不動産では人によって激務か?そうじゃないか?が変わるので、社内全体としての評価は難しいですけど、部署によって全く違う会社のような状況になっているので、そういった部分への理解が必要です。休日については全体としては満足いっているという声も結構あるので、とんでもなく忙しい部署というのは本当に一部なのかもしれません。あと、有給休暇は取得しやすく、女性はほぼ100%消化しているといった口コミもありますから、有給休暇は使いやすい職場の雰囲気ということになると思います。東急不動産の仕事は激務になるケースもあるが、それは一部であって、仕事が忙しいとは言えない、比較的楽な仕事もあるということみたいなので、そういった評判ということになると思います。東急不動産の就職の評判としてはそういった点が特徴的ということです。東急不動産の就職の難易度は高いでしょうから、企業研究などをちゃんとやって、志望動機などもしっかりと考えて、万全の態勢で挑んでいきましょう。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をする際に使うナビサイトについてはいろいろなものがありますけど、多くの学生は有名どころを使っていると思います。しかし、知名度がないものの中にもおすすめのところがあるので知っておきましょう。例えば、「キミスカ 」はというナビサイトはメリットが特に大きいのです。このキミスカは学生が自分で企業を検索して気に入ったところにエントリーを送るという従来の形ではなく、企業側がキミスカに登録している学生の中から気に入った人材にスカウトを送るという形なのです。この特殊な形態のキミスカはある大きなメリットを生むことになります。普通ならば学生は自分が気に入った企業にエントリーし、そこを受けていきますが、エントリーした企業の方が自分をどのように思うか?は分かりません。たいていの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を食らうことになると思いますが、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、必要と思ってもらえなかった企業をたくさん受けてしまったことになるのです。でも、キミスカは企業からのスカウトがスタートになるので、スカウトが着たということは自分のことを少なからず必要だと、関心の高い人材だと思ってくれたということになり、その企業を受けるということをすると、自分への関心がすでに存在する企業を受けられるので、内定の確率が少しでも高い企業を受けられるのです。

 

そこがキミスカのメリットということになります。また、キミスカではスカウトが着た企業を受けることで一次選考や二次選考をパスして受験できるということがあり、このときには非常に優位な状況を作ることができ、内定に近づくことができるのです。こういったところがキミスカを利用するメリットになりますけど、キミスカは今まで使っていたナビサイトがあればそれも使いながら利用することができるので、併用が可能というのはかなりの魅力です。従来のナビサイトを使って自分で企業を選んでエントリーをしながら、キミスカでスカウトを待つということをすればいいということです。そして、多くの就活生はこのキミスカを知りませんから、他のライバルに差をつけたい人にとってはかなり重要な存在になるのです。キミスカはスカウトが絶対に来るとは言えないものの、プロフィールページを充実させるなどすることで、その確率を上げることはできます。無料の会員登録をすれば利用できますから、良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事