特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

成城石井の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

成城石井はかなり有名な規模の大きいスーパーとして、多くの人が利用しているのではないか?と思います。そんな成城石井の就職の難易度についてはどうなっているのか?は重要でしょう。成城石井は小売業界に該当しますから、業界それ自体が人気とは言えないものの、大手企業なので就職の難易度は高いと思います。成城石井の採用試験の難易度を調べるときには、倍率をチェックしておくと良いです。しかし、成城石井の就職の倍率は公開されていないと思います。多くの会社は倍率を公開していないので、そこは仕方ないのですが。ただ、成城石井知名度はかなり高いですし、大手企業なので、倍率が低いとは思いません。成城石井の就職の難易度に関しては学歴フィルターといったところも重要なので、そこはまず把握しておきましょう。

 

成城石井の就職では学歴フィルターはあるのか?

成城石井の就職における難易度はしっかりと把握しておいてほしいですけど、成城石井の就職の採用実績校を見ると良いです。採用実績校に関してはデータが公開されているので、それを見るといろいろな大学名があります。成城石井の就職の採用実績校においては、Fランク大学と思われる大学がありますし、美大からの採用もありますから、学歴フィルターはないと思います。小売業界において学歴フィルターがあるイメージがあまりないですけど、成城石井の就職では学歴フィルターはないと思います。学歴や大学名に関係なく、幅広く採用があると思って良いと思います。とはいっても、採用において学歴や大学名を全く見ないということではないと思います。成城石井の就職では学歴フィルターという形ではやっていないということで、学歴や大学名はチェックはするでしょう。ただ、問題はチェックの仕方なのです。高学歴が有利か?というと、そうとも限らないです。この場合、OBやOGが多いとか、そういった点も重要になると思います。

 

したがって、学歴や大学名は成城石井の就職ではチェックするとしても、誰が有利になるか?というのは予測しづらいのです。成城石井の就職の倍率はそれなりにあると思うのですが、学歴フィルターはないと思います。そこは知っておくと良いと思います。成城石井の就職における難易度に関係するので、学歴フィルターの有無は把握しておくと良いでしょう。そして、成城石井の就職の評判に関しても最後に調べておきましょう。社員の口コミをしっかりとチェックしないといけないので、成城石井の就職の評判を見ておくと、入社後の仕事が想像しやすくなりますから、こういった情報も重要です。成城石井の志望動機や自己PRなどを考えるときには会社の情報が重要なので、成城石井の仕事の実態などを調べる意味でも、そういったところを見ておきましょう。ここでも少し紹介していきたいと思います。

 

成城石井の就職の評判はどうなっている?

成城石井の就職の評判に関して、まずは平均年収を紹介していきます。成城石井の平均年収は600万円ほどあります。この数字は世間一般からすれば高い方です。成城石井の平均年収に関してはそういう数字ということで、ここは評価できると思います。しかし、問題は働き方に関する部分です。成城石井の仕事は激務なんじゃないか?と思っている人もいるはずですけど、実際どうなんでしょうか?成城石井では就職するとまずは店舗スタッフとして、それぞれのお店で仕事をします。その後、本部などで働くということもありますが、まずはそういった勤務場所になります。そして、口コミによると店舗での仕事はそれぞれでかなり違いがあります。激務になったりするところもありますし、そうじゃないところもあるのです。特にアルバイトの人数が非常に重要です。アルバイトの人数は店舗ごとに異なっていますが、多いところは相対的に忙しくなく、少ないところは激務になりやすいという特徴があります。だから、同じ会社でも成城石井の仕事が激務になるところ、そうじゃないところに分かれるということです。成城石井の就職の評判においてこういったところは重要ですが、配属されてみないと分からない状況です。忙しいところは残業も相当多いみたいなので、働く環境はまるで違うということが言えます。

 

ただ、全体的に残業を極力減らそうと動いているようで、残業時間は少しずつ減少してきているという評価もあります。しかし、仕事量自体はそこまで変わらないケースもあり、残業時間は減ったが、その分仕事が忙しい度合いが増したという口コミもあるので、必ずしもいいこととは言えない可能性があります。ただ、残業した分はキチンと残業代が出るらしいので、残業がそれなりにあって激務に感じるとしても、給料面は信頼ができるということでしょうか?店舗によって勤務の仕方が大きく変わるので、一概には言えませんけど、成城石井の就職の評判としてはこういった感じです。店舗勤務に関する口コミがほとんどで、そこの情報のみになってしまいますが、小売業界はどこもこんな感じだと思います。基本的には忙しい前提でいた方が良いと思いますし、店舗によっては激務になることもあると。アルバイトとかのスタッフの人数によって、忙しさが決まるので、働いてみないと分からないということはどうしても言えると思います。でも、大手企業なので会社それ自体はある程度は安定していると思います。成城石井の就職における難易度はそれなりに高いとは思いますし、簡単でないのでしっかりと対策をして受けていきましょう。そのときには成城石井の就職の評判などを理解しておいて、働き方に関してある程度は想像ができるようにしてから受けていくと良いと思います。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。キミスカはこういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットが存在しています。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと評価できます。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用も可能となっていて、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編
内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編
 

 

あわせて読みたい記事