特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

古河電気工業の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

古河電気工業の就職の難易度はどうなっているのか?古河電気工業に就職したいと考えている人はその難易度がまず気になるでしょう。したがって、そこについて調べていきたいのですが、やはり倍率が重要と言えます。古河電気工業の就職における倍率は職種ごとに多少異なっているようです。技術系、事務や一般職で異なっており、技術系は5~10倍、事務や一般職は20倍前後くらいの数字だと言われています。したがって、古河電気工業の就職の倍率はそういった状況であると理解しておきましょう。難易度に関してはそこまで高そうな雰囲気ではありませんけど、古河電気工業の就職の難易度では他にも重要なポイントがあります。それは学歴フィルターの有無です。

 

古河電気工業の就職では学歴フィルターはあるのか?

古河電気工業の採用試験の難易度に関して、学歴フィルターがあるのか?についてはしっかりと調べていきましょう。古河電気工業の就職の倍率を使うと、ある程度推測しやすいはずです。すでに話した倍率については、技術系、事務や一般職の両方に関して、そこまで高い数字にはなっていません。したがって、倍率を基準にするならば、学歴フィルターはなさそうに見えます。ただ、念のために古河電気工業の就職の採用実績校についても見ていきます。採用実績校をチェックすると、いろいろな大学名が載っていますが、大東亜帝国と同じくらいのレベルと思われる大学名があり、そういったところからの採用が確認できます。この点を踏まえると、やはり古河電気工業の就職では学歴フィルターがある可能性はかなり低いのではないか?と思うのです。

 

学歴フィルターがありそうな雰囲気はないですけど、古河電気工業の就職では学歴フィルターは存在しないとしても、学歴や大学名は見ている可能性が高いです。就活では学歴や大学名を一切見ない会社はほぼないでしょうから、当然と言えば当然なのですが。でも、通常はあらゆる部分をチェックし、総合的に合否を決めていく傾向にあるため、学歴や大学名だけを確認しているわけではないでしょう。他にも多くの要素を見ていくはずです。だから、気を配るべき部分は学歴や大学名以外にも多くあるということです。特に古河電気工業の就職の面接対策は大切ですから、志望動機や自己PRは時間をかけて丁寧に練っていきましょう。そして、古河電気工業の就職の評判についてもこの際調べていってほしいです。社員の口コミから、会社の実態を理解しておきましょう。古河電気工業の仕事は激務なのか?に関しては、特に詳しくチェックすると良いと思います。

 

古河電気工業の就職の評判はどうなっているのか?

古河電気工業の就職の評判について調べていきますが、社員の口コミを見ることである程度は詳細が判明するでしょう。まずは平均年収からチェックしていきます。古河電気工業の平均年収は約600万円となっています。この数字に関してはそれなりに高い方と言えるでしょう。古河電気工業の就職の評判として、給料面に関してはまず覚えておいてほしいです。そして、働き方の口コミはどうなっているのか?見ていきます。古河電気工業の残業時間に関するデータを見ると、1か月あたりの平均は約20時間程度となっているようです。この数字だけ見れば、激務という感じはほぼしません。ただ、実際は部署ごとに状況は異なっているみたいです。例えば、工場勤務の人たちは休日出勤がたまに存在するみたいですし、場合によっては忙しいと感じる可能性があるのでしょう。ただ、基本的に休日出勤はないとされており、ほとんどの社員はそういったものを経験する機会は稀みたいです。ただ、休日出勤があったときには代休はちゃんととれるようなので、そこは安心と言えるでしょう。

 

古河電気工業の場合、リモートワークが割と推奨されている雰囲気の会社であり、時代の潮流に乗っている雰囲気が感じられ、それによって働きやすい状況が実現しているようです。仕事は激務という感じではありませんし、社員の都合などを優先して働ける環境が用意されているため、こういった面に関しても、古河電気工業の就職の評判として重要と評価できるでしょう。実際、口コミを見る感じでは、ワークライフバランスが実現しやすいといった声があります。古河電気工業の採用試験における難易度の面も気になるとは思いますが、やはり自分が働く可能性がある会社の情報については、詳しく把握をしておいてほしいと思います。古河電気工業の仕事は激務という雰囲気ではなく、ワークライフバランスも整った、良好な環境と言えそうですが、詳細についてはちゃんと確認しておいてほしいです。こういった面をチェックして、納得したうえで受けていきましょう。

 

 

あわせて読みたい記事