特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

ポニーキャニオンの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ポニーキャニオンと言えば、多くの人が社名を知っている会社で、主に映像、音楽ソフトなどを製作している会社になります。ポニーキャニオンの就職の難易度はどれくらいでしょうか?そこが気になる人も多いと思います。ポニーキャニオンに就職したい人は倍率から調べていく必要がありますが、ポニーキャニオンの就職の倍率は非公開になっており、詳細が分かりません。ポニーキャニオンの採用試験における倍率が分からないと、それだけ難易度も把握しようがないのですが、恐らくポニーキャニオンの就職の倍率は高いでしょう。大手企業ということもあり、あとは採用人数がそんなに多くないので。ここ数年で言えば5~10名くらいとなっており、そんなに採用人数が多くないので、倍率が上がりやすい可能性はあります。ただ、極端に高いとは思いませんけどね。100倍を超えたりすることはないんじゃないか?と思います。

 

ポニーキャニオンの就職では学歴フィルターはあるのか?

ポニーキャニオンは大手の会社ですが、倍率が100倍を超えることは考えづらいです。大手の会社だとそのくらいの倍率になることもありますけど、ポニーキャニオンの就職の倍率はそれよりは低いんじゃないかな?と思うのです。単なる予測ですけど。この業界はそもそも将来性や安定性が保証されているわけではないので、大手の中では人気とは言えない可能性があるのです。斜陽産業と言えるか?どうかは別としても、ポニーキャニオンの採用試験の倍率は思ったほど高くない可能性があるということです。ただ、一般的な企業と比べたら倍率は高いと思うので、そうなると学歴フィルターの存在が気になるでしょう。ポニーキャニオンの採用試験の難易度に関係する部分になります。学歴フィルターがあるのとないのでは、ポニーキャニオンの就職の難易度は変わるので、ここは知っておきたいのですが、これに関しても確実に判断する材料が不足しているのです。学歴フィルターの有無について公開している会社はほぼないのですが、採用実績校を見ると、予測できなくはない場合があるのです。

 

しかし、ポニーキャニオンの就職では採用実績校すらも非公開になっており、学歴フィルターの有無について判断することがしづらいのです。採用実績校があれば、どのランクの大学まで採用があるか?という点において、判断ができるのですが、それができないということで、ポニーキャニオンの就職での学歴フィルターの有無に関しては何とも言えないです。大手の会社でポニーキャニオンの就職の倍率がある程度は高いだろうという推測のもとで、学歴フィルターが絶対にないとは言えない状況ですが、業界からいって学歴や大学名をそこまで重視するとは思えない面もあります。それにポニーキャニオンの就職では採用実績校は公開されていませんが、短大や専門学校卒も受け付けていることは分かっているので、そこを踏まえると四年制大学や大学院に固執しているわけではないので、学歴フィルターがない可能性の方が高い気がします。ポニーキャニオンの就職では学歴や大学名はそこまでこだわりはなく、人物重視の採用があると思うのです。ポニーキャニオンの就職の難易度は間違いなく高いとは思いますが、学歴や大学名で差がつくことはそんなにないんじゃないかな?と思います。そして、ポニーキャニオンの就職の評判に関しても知っておいてほしいですから、口コミを利用してポニーキャニオンの仕事は激務なのか?などについて把握しておきましょう。

 

ポニーキャニオンの就職の評判はどうなっている?

ポニーキャニオンの就職の評判について見ておいてほしいです。ポニーキャニオンの就職の難易度についても重要ですけど、そういった情報のみではなくて、社員の口コミからポニーキャニオンの就職の評判もチェックしておきましょう。まずは重要なのは平均年収になります。ポニーキャニオンの平均年収は800万円程度はあるようです。したがって、普通に高いです。平均年収はかなり高いので、その点においては評判は高いです。そして、働き方に関してのポニーキャニオンの口コミを見ると、仕事量に関してはそれなりに多く、会社としては残業をさせないような取り組みをしているということらしいのですが、仕事量に関して多いので、残業をせざるを得ないという、非常に複雑な状況になっています。ただ、仕事が激務か?どうかは部署によるようです。おいにーキャニオンでは仕事が激務になっている部署もあるようで、例えば制作や宣伝に関する部署は全体的に忙しいようです。管理や営業の方がまだ先に帰ることができるようです。したがって、部署によって激務の度合いも変わり、仕事量が全く違うということが言えると思います。ある程度はどの部署も忙しいと思いますけど、部署によって差があるということで、そこが重要ということになります。

 

ただ、職場の雰囲気として上司よりも先に帰りづらいとか、そういうわけではなく、仕事が残っているために残業することになるようです。あとはどうしても土日の仕事が割と多くなりやすいです。これはポニーキャニオン特有ではなく、この業界特有の話でしょう。これも部署によりますけど、土日が休みづらいということは知っておくべきでしょう。ポニーキャニオンの就職の評判を見ていると、休みは割ととりやすいようです。土日が休みづらいということはあるものの、休暇に関して、特に有給休暇は取得しやすい雰囲気です。新入社員が有給休暇を取得後、即使用しても特に問題はなかったという口コミもありますから、ポニーキャニオンの就職の評判としてそこが重要です。仕事が激務になる部分があるというのは仕方ないでしょう。忙しくない会社は現代はないでしょうし。平均年収が高いので、ただ忙しいだけではなく、見返りがちゃんとあるので、その点は魅力でしょう。ポニーキャニオンの採用試験の難易度は高いでしょう。倍率も結構あると思いますが、選考の対策だけではなく、こういった会社の実態について詳しく知っておきましょう。企業研究にも使える情報を得られる可能性がありますから、そういった部分に関しても調べておくことはやはり大切と言えます。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトに関しては有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと評価できます。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることが可能であり、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事