特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

日本テレビの就職の難易度や倍率は?筆記試験の内容や学歴と大学名の関係性は?

日本テレビの採用試験の難易度はどれくらいでしょうか?日本テレビは多くの人にとって憧れの会社だと思いますが、採用に関する倍率はかなり高いです。日本テレビに就職したい人は多くいても、この倍率を勝ち抜くのは本当に難しいです。アナウンス職に限らず、日本テレビ就職の難易度は本当に高いのです。日本テレビの就職の倍率は正確な情報ではないものの、600~700倍という情報があります。したがって、この時点で倍率が高くて、相当難しいということが分かると思いますけど、日本テレビの場合には倍率が高いだけではなくて、筆記試験が難しいとされています。「日テレの選考情報で気になる学歴や採用人数【業界研究資料もチェック】 | キャリアパーク[就活]」のサイトから一例を引用してみましたが、なかなか多くの会社ではやらないような珍しい内容となっています。テレビ局などのマスコミ業界はどこも筆記試験をやると思いますが、日本テレビは凝っている感じがします。筆記試験といっても、知識などを問うというよりはアイデアやセンスを問う問題も多いので、対策が難しいかもしれません。

 

筆記試験はかなりの長時間にわたって様々なことを答えることになります。

◆クリエイティブテスト

・新しい漢字を作りなさい

・新しいことわざを作りなさい

・番組の企画をつくりない

・好きなテレビ番組と映画を答えなさい など

とくに、番組企画や、好きなテレビ番組については、短い時間で多くの数を答える必要があります。普段からテレビについて考えているかどうかが問われるのです。

◆小論文

テレビに関するもの。なぜ人がテレビで感動するのかなど。

◆適性テスト

◆英語テスト

◆一般常識テスト

 

こういったところが日本テレビの就職における筆記試験の内容になっています。普通の企業ではやらない内容で、驚いた人もいるかもしれません。これは例であって、これと全く同じ質問が毎年出ているとは言えませんから、注意してください。センスやアイデア力を問うのが日本テレビの筆記試験の内容になっていると思います。筆記試験に受からないといけないという意味では、日本テレビに就職したい人は面接に受かると同じくらいに難しい試験になりそうな気がします。正解が分からないですから。SPIとか、WEBテストとは違った難しさがあります。テレビ局の採用試験は変わり者が有利と言われている面もあります。つまり、人と違った感性っていうのが重要で、同じような感性の人は、よくある番組しか作れないということも言えると思うので、変わり者か?どうかを日本テレビでは筆記試験で確かめるのかもしれないです。日本テレビの筆記試験の内容は一応頭に入れておいてほしいです。日本テレビの就職の難易度は高いと思いますから、本当に頑張ってほしいです。あとは日本テレビの採用試験では学歴や大学名は関係するのか?についても気になるかもしれないです。実際、日本テレビに就職するには学歴や大学名は重要なのでしょうか?これに関しては重要と言う人は多いです。日本テレビに就職するには有名大学である必要があるということを言う人は多くいるので、そういった可能性はありますが、真実は分かりません。

 

採用実績校として東京大学早稲田大学慶應義塾大学が上位にくることも多いですけど、それは結果論としてはそうなのですが、それはそういう有名大学学生の方が多く受けるからということも言えます。有名大学じゃない学生はテレビ局を受けても受かる気がしないって人もいると思うのです。無意識のうちに大学名や学歴が関係すると思ってしまっているのです。だから、受ける人数の多さから、有名大学が採用実績校として上位にきていても不思議ではないですし、それは有名大学の方が受かりやすいという根拠にはなりません。学歴フィルターがあれば話は別ですが、日本テレビの就職では学歴フィルターはあるのでしょうか?採用の倍率がとんでもなく高いので、学歴フィルターがあるか?どうかは分かりませんけど、フィルターはあるかもしれません。学歴フィルターで日本テレビはまず第一選抜をするのか?違う方法をとっているのか?は分かりませんけど、大学名や学歴は人の印象を形作るものなので、影響はすると思います。日本テレビでは学歴フィルターがあっても不思議ではないかもしれないが、やっている保証はないです。高学歴の人が多く採用されているとしても、そもそも有名大学の人じゃないとキー局とかはあまり受けないと思うので、日本テレビの採用実績校を見て、大学名や学歴がかなり重要と思う人もいうるかもしれませんが、諦めるのは早いです。毎年多くの人が採用されているはずなので、いろいろな学歴の人が混じると思います。だから、大卒は条件かもしれませんが、有名大学じゃないとしてもチャンスがないとは言えません。

 

日本テレビに就職したい人にとって、難易度はかなり高いですが、入社した後のことも考えておいた方が良いです。日本テレビの就職の評判なども調べておいてほしいと思います。インターネットで調べれば口コミも多く見つかりますから。日本テレビの就職における評判としては、やはりどういう仕事内容なのか?残業は多いのか?平均年収はどうか?そして、激務なのか?といった点などについて知っておきたいです。テレビ局はどうしても激務になりやすいです。したがって、日本テレビの評判を調べて、激務の程度はどうなのか?どういう働き方をするのか?については確認しておいた方が良いでしょう。忙しいというのは間違いないと思いますが、忙しい程度というのも重要ですから。日本テレビに就職したい人は採用試験の難易度だけではなくて、入社してからの評判というのを日本テレビの社員の口コミなどを検索して調べておいてほしいと思います。日本テレビの採用試験の倍率が高いので、内定を貰うだけでも大変だと思いますから、そっちの対策で大変かもしれませんが、入社するかもしれない会社の評判は1社ずつ少しでも多く調べておいてほしいです。そういった部分が企業兼研究にもなって、採用試験の対策にもなると思いますから。日本テレビの就職の難易度や選考について調べながら、そういった部分についてもチェックしておいてほしいです。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、キミスカ内で採用活動をしている企業側が、キミスカに登録をしている就活生を検索して、プロフィールをチェックしたうえでほしい人材にスカウトを送るという形になっています。キミスカというのはこういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的に多くの就活生は自分が受けた企業のほとんどから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが着た企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。この点はキミスカを利用するからこそ発生するメリットと言えます。通常であれば、受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが着た企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。必ずスカウトが来るわけではないですけど、自分のプロフィールページを充実させるなどして、確率を上げることは可能です。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事