特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

ロッテの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はあるのか?

食品業界では特に知名度が高く、将来性も問題がなさそうな雰囲気を漂わせているのがロッテグループになります。プロ野球球団にもなっているので、多くの人が社名をしっているでしょう。そんなロッテグループの就職の難易度が気になる人も多いと思います。ロッテグループの就職の倍率はちょっと分かりづらいです。ロッテグループの採用試験の倍率は公開されていないので、推測しかできませんが、間違いなく人気企業なので難しいです。食品業界はどこも安定しており、大手企業に関しては安定性は抜群なので、ロッテグループに就職したい人の気持ちもよく分かります。ただ、採用試験の倍率は高いでしょうから、ロッテグループの就職の難易度は想像通りの感じだと思います。しかし、ロッテグループに就職するにあたって学歴フィルターはあるのでしょうか?ロッテグループの採用試験の難易度にもかかわってくる部分ですが、ロッテグループの採用試験で学歴フィルターがあるのか?と言えば、これは出身大学などをチェックする必要があります。ロッテグループの内定者の出身大学をチェックすると、やはり高学歴が多いです。旧帝大、一橋、東工大早慶上智理科大GMARCH関関同立、その他国公立大学で全体の75%くらいを占めています。しかし、逆に言えばそれ以外はここに載っている大学以外からの採用ということになります。

 

つまり、ロッテグループの採用実績校を見ると、4分の1くらいはGMARCH関関同立未満ということになるので、ロッテグループの出身大学を見ると、学歴フィルターはあるのか?どうかは怪しいです。ない可能性もあります。つまり、そこまで偏差値が高くない大学からもそれなりに採用があるということになるので、ロッテグループの規模だと何らかのフィルターで足きりをしていると思うのですが、それが学歴フィルターではないということかもしれません。ロッテグループでは大学名や学歴は無関係ではないと思いますが、高学歴の人が多く受けるような企業なので、ロッテグループでは出身大学のデータとしてはこうなります。採用実績校を見る感じでは、高学歴以外の人にもチャンスはありそうです。ロッテグループの就職の難易度に関して、ロッテグループでは学歴フィルターはないかもしれませんけど、大学名や学歴は関係すると思います。ロッテグループでは大学名や学歴が関係するということであって、それだけ決まるというわけじゃないので、他の部分でアピールをして内定を貰えるように頑張ってほしいのです。

 

ロッテグループの就職では倍率が高いので、学歴や大学名が関係あっても、そこがどこまで生きるか?は分かりません。高学歴の方が有利だとしても、結局はそれ以外の面もかなりかかわってきますから。ロッテグループの就職の倍率を考慮した場合、ロッテグループの就職で学歴や大学名が関係するとしても、割合で言えばそんなに高くはないと思うのです。そうであれば、ロッテグループに就職するには人物試験でいかに評価を上げられるか?ということになります。面接、集団討論、グループワークなどいろいろな試験が想定されますが、結局はそういった試験にいかに長けているか?が重要で、そこに長けていれば、ロッテグループの採用試験で大学名や学歴が関係して、自分の大学がそこまで有名じゃない、高い偏差値じゃないとしても、内定を貰える可能性が高まります。だから、ロッテグループでは学歴フィルターはないのではないか?と思いますし、学歴や大学名は無関係じゃないと思いますけど、最終的に必要な部分はそういったところじゃないのです。ロッテグループの採用試験の倍率は高く、多くの選考は面接などの人物試験なので、それを突破する力ということになります。面接でのロッテグループに対する志望動機や自己PRなどをしっかりと練って、自分をアピールしていきましょう。

 

そして、ロッテグループに就職したらどういう働き方をするのか?という評判に関して知ってほしいと思います。ロッテグループの評判については、社員の口コミを見ておくと良いと思います。ここでも紹介していきたいと思いますが、ロッテグループの平均年収に関しては700万円くらいとなっています。高い方ですが、大手企業なのでこれくらいは当然とか、もっと高いと思っていたという声もあるかもしれません。ロッテの社員の口コミでは満足している感じはあまりないです。でも、業績がよくなかったときでもボーナスの水準は下がらない、後はサービス残業が以前よりも減ってきたという点が、ロッテグループの評判として言われています。でも、サービス残業があるということなんですよね。ロッテグループで働けば激務なときも間違いなくあるでしょうし、忙しいと感じない社員はいないと思います。部署によって忙しい度合いがかなり違うようです。定時に帰っている部署もあれば、終電くらいまで残業している部署もあるようなので、ロッテグループでの仕事は激務なところとそうじゃないところに分かれており、極端な状況になっているということなのです。ロッテグループでは忙しい部署に入ると、かなりきついと思います。どの会社でも部署ごとに激務の程度が違うというのはありますが、ロッテグループでも激務な部署とそうじゃない部署があるということで、仕事がきつい可能性は考慮しておいた方が良いと思います。

 

あとはノー残業デーが実施されているようですが、事実上機能していないという口コミもあります。だから、残業はそれなりに社内全体であるのでしょう。ロッテグループでは激務な面はありそうですし、少なからず忙しい面があるのだと思いますから、そこは知っておきましょう。ロッテグループに就職したい人は難易度が高いということは知っていると思いますが、やはりすでに書いた通り、人物試験でいかに評価されるのか?という点が重要です。ロッテグループの面接対策で志望動機や自己PRをしっかりと考えて、アピールをしていくこと、企業研究をして会社に詳しくなっておくこと、そして自分という人材がロッテグループにとっていかに必要であるか?をしっかりと理解してもらえるか?ということを考えて対策をしていきましょう。ロッテグループに関する評判は自分でもインターネットなどで調べておいてほしいと思います。ロッテグループの評判を調べることで企業研究にもなりますから。ロッテグループの採用試験の難易度は高いですけど、どうしてもロッテグループに就職したい人はこういった部分に関して、丁寧に情報を集めていってほしいと思います。

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事