特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

mixiに就職したい人の難易度や倍率は?評判や口コミは激務?学歴や大学名は関係ある?

以前はかなり有名な会社でしたが、最近はそこまで大きな勢いはなくなってきたというのがmixiでしょうか?SNSの名前として、会社の名前としてのmixiはかなり有名だとは思いますが、mixiが最盛期だったのは今から10年くらい前かな?という印象です。SNSというものが流行りだした頃のさきがけの存在かな?と思いますが、そんなmixiSNSとしては今でも存在し、利用者は多くいます。全盛期ではないが、それなりの安定してきな利用者はいますし、mixiの会社としても安定はある程度はしているのではないか?と思います。そんなmixiに就職したい人は難易度を知っておかないといけません。mixiの就職の難易度はどうなっているのか?というと、倍率に関してはちょっとデータが見つかりません。一時期の勢いはないと思うので、mixiでは就職の倍率はそこまで高いとは思いません。採用人数も毎年それなりに多いようなので、100倍を超えることはないのではないか?と思います。大手企業であれば100倍を超えることもよくあるのですが、mixiの就職の倍率はそこまでではないと思うのです。また、mixiの就職の特徴としては学歴フィルターがないということが言われています。mixiの就職では学歴を伏せた形で採用試験が行われるという声もネットでは見つかります。それが本当か?どうかはともかく、学歴に関してはそこまで重要な感じではなさそうです。mixiに就職したい人に関しては学歴はそこまで気にする必要がないというのは知っておきましょう。

 

mixiに関しては学歴や大学名が関係する可能性は低い気がします。こういったIT企業は学歴フィルターとかはあまり使う印象はないですね。そういう印象がないだけで、実際にそういったことをやっていないとは言えませんが。SPIやWEBテストを実施して、足きりをするケースが多いように感じるので、そういった試験があれば、mixiの採用試験では学歴や大学名は関係ないという可能性が高い気がします。したがって、mixiに就職したい人は学歴や大学名は気にしないで選考に臨んでほしいと思います。mixiの就職難易度は高いでしょうけど、全盛期ほどではない気がします。全盛期はいつなのか?というと、やはりLineなどが登場する前でしょうね。今から10年くらい前まではmixiの人気はすごかったですし、就職したい人も多かったと思います。そのときと比べたら、mixiSNSの人気も下がったというか、他のところに分散したという印象です。SNSの種類が増えましたからね。それによってmixiに就職したい人の難易度は下がったと思いますが、倍率はそれなりあると思われるので、採用試験はいまだに難しいということは言えると思います。だから、採用試験に受かるにはとにかく頑張らないといけないのです。では、mixiの就職に関する評判などをチェックしておいてほしいと思います。mixiに就職したい人はどういった評判を持っているのでしょうか?口コミからどういう状況となっているのか?を確認してほしいと思います。

 

mixiに入社した人はいろいろな口コミを残してくれているので、それを少し紹介したいと思います。mixiの働き方に関してですが、全体的に若い社員がある程度多いと思うのですが、年齢、性別、入社時期にかかわらず、意見を聞いてくれることが多い、仕事を任せてくれやすいという口コミがあります。つまり、アイデアを積極的に出すことで、自分の考えが商品やサービスになることもあるということで、夢を持ちやすい環境と言えるのではないでしょうか?ちなみに平均年収に関しては600~700万円くらいみたいです。mixiで働いている人の口コミでは、以前は昇給があったが、今後はそういった状況は望めないという声があります。横ばい状態だったり、下がったという人もいるみたいで、全員がそうという状況ではないと思いますけど、昇給に関しては微妙な感じということなのではないでしょうか?mixiで就職したい人は平均年収や昇給のことは気になるかもしれませんが、こういった部分にこだわる人はできるだけ多くの人の口コミを見ておくと良いと思います。mixiの平均年収はそれでも一般的な水準と比べたら高いので、そこはmixiの評判になると思いますが。やはりメイン事業であるミクシィSNSの利益がそこまで伸びていない可能性もあります。競合他社のサービスが増えてきたため、利益が下がるのはしょうがない気もしますが、mixiの今後を考えるならば、ミクシィSNS以外に柱となる事業を作ることができるか?どうかにかかっていると思います。

 

働き方に関してはどうか?というと、労働時間は必ずしも長いとは言えないかもしれませんが、残業をしないで定時で帰るのがよくないという社内の雰囲気があるようです。ミクシィでは激務ということは言えないかもしれませんが、忙しい可能性はあります。残業がある程度存在するようなので、mixiに就職すると激務と感じるか?はともかく、忙しいことは覚悟しておかないといけません。残業をしないと評価が下がるというmixiの就職した人の口コミがあるので、あまり好ましい労働環境ではないのかもしれません。そうなると、mixiの就職の評判に関しても微妙な感じもしてきますが、実際にどのように感じるか?はその人次第の部分もあるので、働いてみないと分からない部分とも言えるかもしれませんけどね。今はどの会社も忙しいので、激務だとしても珍しくはないでしょうし、激務のレベルもいろいろありますから、mixiに就職した人は激務とは限りません。忙しい業界であることは間違いないと思いますが、どの程度の忙しい感じなのか?は働いてみないと分からないと思います。ミクシィに就職したい人は倍率の高い中で勝ち抜いていかないといけませんけど、そういった難易度が高い企業であることにどの程度価値を感じられるか?自分が入社する会社はそこで良いのか?というのは、考えておかないといけないでしょう。

 

ミクシィの採用試験の難易度は高いはずですから、就職したい人が多くいるということになります。ただ、mixiの就職した人の評判などをチェックして、この会社を受けるということに関しては納得したうえで受けましょう。ミクシィの口コミはインターネットで調べれば結構出てくるので、自分でも探してみることをおすすめします。そういったmixiの就職の評判を見て、調べていくことで企業研究になる部分もありますし、ミクシィの採用試験の難易度が高いとしても、少しでも受かる確率を上げられるのではないか?と思います。mixiの就職の評判を調べるために、社員の口コミを検索することは企業の実情を知るだけではなくて、そこから企業研究として、対策になることもあると思うので、mixiに就職したい人は積極的にやってほしいと思います。今の時代はどの企業も忙しいので、仮にmixiに就職して激務だと感じても、どの会社でも同じような状況と言える可能性があります。でも、どうしても忙しいのは嫌だという人は、事前に口コミなどを調べて、相対的に激務ではない会社を選ぶことも必要です。mixiという会社は今後どういう将来性なのか?はちょっと読めない会社なので、そこは気になると思いますが、今のところはある程度は安定していて、大手の企業ではないか?と思いますから、ミクシィの採用試験の難易度を理解して、高い倍率を超えられるようにしっかりとアピールできるような対策をしていきましょう。mixiに就職したい人は会社について調べて、そして必要な対策を時間をかけてやっていきましょう。

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事