特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

五洋建設の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

五洋建設は日本でも非常に有名な建設会社で、非常に規模が大きな会社です。五洋建設の就職の難易度はどうなっているのか?五洋建設に就職したい人ならば気になるでしょう。五洋建設の採用試験の難易度に関しては、倍率を調べると良いと思います。五洋建設の就職の倍率に関しては50倍程度となっており、高い数字になっているのが分かります。五洋建設の採用試験の難易度が高いというのは想像がつきやすいかもしれませんが、倍率を見るとより理解がしやすいかもしれません。五洋建設の就職の倍率に関してはそういった感じですけど、そこそこ採用人数は多いようで、ここ数年は150~200名くらいが募集されているようなので、それによってそこまですごい高い倍率にはなっていません。しかし、内定が取るのは難しいと言えるレベルなので、しっかりと対策をしていきましょう。

 

五洋建設の就職では学歴フィルターはあるのか?

五洋建設に就職したい人は難易度を知っておく必要がありますけど、五洋建設の就職の難易度において重要なのが学歴フィルターです。建設業界で学歴フィルターがあるイメージはなかなかないと思いますけど、大手の会社なので分からないです。五洋建設の採用試験の倍率はそこそこ高いですし。五洋建設の就職では学歴フィルターがあるか?どうかを確認するには、採用実績校を見ておくと良いです。五洋建設の就職の採用実績校では、全国の国公立、私立大学の名前があって、理系の大学も多いですけど、日東駒専産近甲龍までは載っています。そして、大阪工業大学の名前もあり、大阪工業大学は一般的には産近甲龍よりも下の扱いなのではないか?と思われますから、そういったところを見ると、学歴フィルターがない可能性の方が低い気がします。断言はできませんけど、五洋建設の就職では学歴フィルターは恐らくないでしょう。五洋建設の就職の倍率がそこそこ高いだけに、学歴フィルターが気になるというのはあると思いますけど、学歴や大学名よりも別のところを見ていると思います。

 

五洋建設の採用試験の難易度においては別のところが重要になりそうな気がします。学歴や大学名が全く関係ないとは言わないが、文系と理系どちらも多く採用されますし、理系に関して言えば特に学歴や大学名よりは、専攻内容などの方が重要でしょうし。五洋建設の採用試験の倍率は高いですけど、学歴フィルターがある可能性は低いと思います。文系に関しても同様です。日東駒専まで採用があるならば、可能性は高くはないと思います。それにWEB診断みたいなのがあるらしいので、それが足きりの代わりという可能性もあります。五洋建設の就職では学歴や大学名はそこまで気にしないで良いと思います。五洋建設の採用試験の倍率など、難易度を調べたあとは五洋建設の就職の評判についても知っておいてほしいです。どういった仕事なのか?忙しいのか?激務な面はあるのか?などについて、頭に入れてから受験をしてほしいのです。五洋建設の社員の口コミから、どういった評判があるのか?について知っておきましょう。

 

五洋建設の就職の評判はどうなっている?

五洋建設の就職の評判についてはまずは平均年収を知っておきましょう。五洋建設の平均年収はおよそ700~800万円ほどあります。したがって、大企業だけあって、平均年収は非常に高くなっているのです。平均年収に関してはある程度満足いく数字になっているのではないか?と思いますけど、それ以外の働き方の評判について知っておきましょう。五洋建設の仕事は激務なのか?という点はかなり重要です。五洋建設の就職の評判をチェックするときに、口コミを調べてみると、まず飛び込んでくるのは残業が多いという声です。建設業界は忙しい、仕事がきついというイメージがあるかもしれませんが、そういった部分は五洋建設の就職の評判に表れています。したがって、残業はある程度は覚悟しておかないといけないのです。どうしても現場で働く人の口コミが多いので、そういった働き方の評判の紹介になってしまいますが、現場での仕事は激務の感じがあります。ただ、忙しいか?どうかはケースバイケースで、発注側の日程の要望などによって変わるみたいです。当然ながら、その都度納期などが違うので、それによって仕事の進め方は変わりますが、忙しいときには本当に余裕がないと感じるほどに忙しいようなのです。

 

建設業界はどこも似たような面があるとは思いますけど、五洋建設でも激務な瞬間はあるようですから、そういった覚悟は必要でしょう。建設業界というのはそういうところだという認識は必要だと思います。ただ、五洋建設の就職の評判を見ると、仕事は忙しいが、それに見合った給料が出ているという点に関して満足している声もあります。また、残業は多いがその分たくさん稼げるから良いという人もいるみたいです。したがって、この業界に入ってくる人は仕事が激務になりやすいという想定はあるでしょうし、そのうえで働いているので、仕事がきつい部分はあまり気にならないというか、想定内の部分もあって、給料が良いからある程度は満足している可能性はあります。建設業界は時期によって、注文の多寡も変わりやすく、それによって労働時間が変わりやすいので、一概に労働時間がこれくらいとは言えないものの、忙しいときは社員の多くが本当に残業が多いと感じる程度はあるようなので、日程に余裕がないときには五洋建設の仕事は激務で、余裕があるときにはそこまで忙しくないといった状況だということです。抽象的な表現が多くて、あまりその実態が伝わっていないかもしれませんが、少なくとも現場はそういう感じです。現場以外の口コミがあまり見つからないので、現場以外の働き方はちょっとわかりませんけど、五洋建設の就職の評判としてはそういった感じになっています。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がそれほど高くないサイトの中にも実はおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと評価できます。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができる点は非常に大きいでしょう。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事