特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

明和地所の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

明和地所という会社はテレビCMなどで見たことがあるという人もいるかもしれません。不動産業界の中で超有名とまではいかないかもしれませんが、それなりに大きな会社で、就活生からの人気も高いです。明和地所の就職の難易度が気になるかもしれません。明和地所に就職するにはどれくらいの倍率なのか?というのが重要ですから。ただ、明和地所の就職の倍率は正確な数字を調べられないので、明和地所の就職の難易度については確実なことは言えません。しかし、倍率についてはそこまですごい高い数字とは思いません。誰もが名前を知っている企業とは言えない可能性があるのとそもそも不動産業界に関しては就活生に人気とは言い難い面もありますから。明和地所に就職するには難易度が重要ですが、その倍率は必ずしも高いとは思えないのです。採用人数もそれなりに多くて、数十人程度は毎年採用されているようなので、そういった部分も含めて、明和地所の就職の倍率はそこまで高くはない可能性があります。

 

明和地所の就職で学歴フィルターはあるのか?

明和地所の就職の難易度として知っておきたいのは学歴フィルターでしょう。明和地所の就職において学歴フィルターがあるか?というのは多くが気になるものですけど、実際どうなのか?というと、学歴フィルターはまず存在しないと思います。明和地所の就職の採用実績校を見ると分かりますけど、明和地所では学歴や大学名に固執している部分は全く見えません。したがって、明和地所の就職では学歴フィルターはないと思うのです。採用実績校ではFランク大学と思われる大学名もありますし、体育大学もあるので、客観的に見て明和地所の就職では学歴フィルターはないだろうと思うのです。そもそもほとんどの企業は学歴フィルターはやっていませんし、明和地所の就職でもそれがある可能性はかなり低いでしょう。明和地所の就職の難易度に関係する部分ですが、恐らく心配はしないで良いと思います。明和地所の就職の倍率に関しては分からないのですが、倍率がどういった数字であっても学歴フィルターはないと言えると思います。

 

明和地所の就職では学歴や大学名はさほど関係はないと思いますが、無関係とまでは言えないでしょう。就活というのはそれぞれの人のいろいろな面を見て判断するので、その中に学歴や大学名が入らないとは言えません。したがって、割合は低いとは思いますけど、明和地所の就職では学歴や大学名も一応関係すると思っておきましょう。明和地所の就職の難易度に関してはそういった感じですけど、あとは入社したあとのことも知っておいて欲しいと思います。明和地所の就職の評判という部分が重要で、明和地所の社員の口コミからそういったところを事前に確認して、それから受けていってほしいです。明和地所の就職の評判というのはいろいろな面で重要で、給与面とか、働き方に関する部分が必要になってきます。明和地所の仕事は激務か?なども気になると思いますから、そういったところ紹介していきたいと思います。社員の口コミを参考に書いていきたいと思うのです。

 

明和地所の就職の評判はどうなっている?

明和地所の就職の評判を見ていくときいには、まずは平均年収をチェックしていきましょう。明和地所の平均年収は600万円くらいです。したがって、明和地所の平均年収としては結構良い数字だと思います。一般的な企業の平均年収よりは高いですから。明和地所の就職の評判としてさらに重要なのは、働き方です。仕事は忙しいのか?というところになりますが、営業職などに関しては忙しいと思います。明和地所の仕事が激務になるか?どうかはケースバイケースですが、営業職は確実に忙しいと思います。明和地所の口コミを見ると、職種までは分からないものの、かなりの長時間労働があるという声があります。朝から晩までが当たり前という口コミもあって、明和地所の就職の評判では激務な面もあるということが見えてきます。かなり忙しいという口コミが結構ありますが、恐らくこういったところは営業職だと思います。事務職に関しては、残業になることはほとんどないとされていますが、営業職は毎日がそうではないでしょうけど、激務になるときもあるようです。しかし、定時で帰ることができる日もあるようですし、ブラック企業のように毎日が長時間労働というわけではないと思います。そういう忙しい日もあるということでしょう。

 

残業は日によってはある程度はあるということなのでしょう。それはどの会社でも共通だと思いますけどね。だから、場合によっては明和地所の仕事は激務になることもあると思うので、そこは知っておいてほしいですけど、休日はちゃんととれるという口コミが多く、基本的に週休2日であり、かつ年末年始や夏休みと長期休暇もとりやすいとされています。休日出勤がないとは言えませんが、そういったときも代休がとれます。したがって、明和地所の仕事が忙しいといっても休みはちゃんと考えられているということです。実際に働いてみないと、明和地所の仕事が激務か?というのは判断が難しいです。ただ、営業職はどの会社でも忙しいのが当然なので、明和地所でも忙しいと感じる可能性は高いと思っておきましょう。こういった明和地所の就職の評判は事前に知っておいた方が良いです。納得した形で受けてほしいと思いますから。また、明和地所の仕事は忙しいという印象を持ったかもしれませんが、どの会社も忙しいので、そこはしっかりと認識しておくべきでしょう。忙しくない会社はないでしょうし、ブラック企業みたいなところと比べたら良い労働環境だと思うので、平均年収も高いですし、優良企業の1つになる可能性はあります。明和地所の就職の難易度は高くて、内定を取るのは難しいと言えますが、しっかりと企業研究をして、試験に臨んで欲しいと思うのです。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生が知っておくべき存在と言えます。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると評価できます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと評価できます。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースが存在するため、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編
内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2019 エントリーシート編
 

 

あわせて読みたい記事