特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

丸紅に就職したい人の難易度と倍率は?評判は激務で忙しい?理系や女性、採用実績校の関係はあるのか?

総合商社の中でも特に知名度があるのは丸紅かもしれません。有名な商社として非常に人気があります。丸紅に就職したいと考えている人は多くいると思うのですが、倍率がとんでもなく高いですし、難しい企業の1つです。丸紅に就職したい人は倍率を知っておく必要がありますけど、おおよそ200~300倍となっています。かなり難易度が高いです。丸紅のレベルだと学歴フィルターがあるかもしれません。出身大学によって合否が決まる部分がないとは言えないでしょう。丸紅の就職の難易度は相当高いと言えますけど、その中で就職したいと思う人はしっかりと丸紅の就職の難易度を理解して、適切な対策を立てていかないといけません。丸紅は非常に評判の良い会社ではあると思いますけど、実際どうなのか?という部分についても考えていかないといけないでしょう。丸紅の就職の倍率の高さの人気の理由はどこなのか?私は丸紅とは全く関係ない人間ですが、大学生のときに有名企業の人が大学に来て抗議をしてくれるという授業があって、総合商社という括りで丸紅の人が来てくれていました。半期の授業でしたが、13回くらい授業をしてくれて、新鮮な気持ちになった記憶があります。その人は丸紅での仕事内容とかについても話してくれていて、今でも覚えていますけど、すごい忙しそうだな・・・という印象になったのです。海外に行く機会が多いような印象で、いろいろな国を飛び回っているみたいなことを話してくれていたと思うのです。

 

だからといって、丸紅が激務ということは言えません。たった1人の口コミで丸紅の仕事内容が忙しいのか?を判断するのは適当ではないからです。私の印象としては丸紅は忙しいのかな?という印象をそのとき持ったのですが、実際どうなのか?というのはもっといろいろな人の意見を聞かないと分かりません。丸紅は就職の難易度も高いですけど、やはり評判についてもいろいろな意見があるので、それを見ていくと良いと思います。まずは平均年収についての口コミになりますが、丸紅の平均年収は1300万円程度となっています。やはり高いです。それを社員の声を通してみていくと、丸紅の初任給は大して高くないみたいですけど、2年目から順調に昇給が続き、6年目あたりには年収1000万円を超えるという口コミがあります。したがって、丸紅の評判では平均年収はかなり高いですけど、初任給はそうでもないみたいです。丸紅の初任給は他の会社とそこまで変わらないという人が多いみたいです。でも、昇給のスピードが非常に早いので、丸紅の平均年収は非常に高い状態になるのも早いということになります。丸紅の平均年収や初任給の口コミは貴重なのですが、これを見る限りだと給料に関してはやはり大企業だという感覚になるのではないでしょうか?

 

丸紅の平均年収や給料に関して不満の声はほぼないのではないでしょうか?給料やボーナス面については良い評判も多いですけど、労働時間とか、働き方に関しては不満の声が見つかります。丸紅の労働時間の平均は1日あたり10時間くらいという数字が見つかりますが、働いている人の口コミを見ると残業が多すぎるという声があります。丸紅の仕事内容は多岐に渡るので、いろいろな働き方をしている人がいると思いますけど、残業が多すぎるというのは気になる評判でしょう。丸紅は激務と言える可能性もありますが、どのレベルか?にもよります。激務の会社は珍しくないですけど、総合商社ということで、丸紅の激務のレベルはかなりなのではないか?と思っている人もいるかもしれません。丸紅の残業が多いということが全社的にそうならば、やはり忙しいという点はあると言えると思うのです。ただ、やはりどの部門で働くか?どういう働き方になるか?にもよるので、人によって丸紅の忙しいという度合いは変わるということが言えます。あとは有給休暇が取りづらいということも丸紅の口コミで言われています。他の人が全然とらないので、空気的に有給休暇が取れないという声があるのです。恐らくこういう口コミがあるということは、有給休暇を取りづらいという状況が存在するだけではなくて、それに関して会社の改善への取り組みも全く見られないということなのではないか?と思います。

 

丸紅のこういう評判を見ると、激務ということも言えるかもしれないが、働きづらさみたいなのもあるかもしれないのです。平均年収が高く、給料に関しては全く不満はないかもしれませんけど、それとは対照的に働き方においては丸紅は忙しい面があって、必ずしも従業員は満足していないということになるのでしょう。それでも丸紅の就職の倍率は高いですし、そういう状況があっても丸紅に就職したいと思う人が多いのは、やはり給料面で恵まれているというのがあると思います。こういう丸紅の口コミについては一部しか紹介できないので、自分でもインターネットを通じて探してみてほしいと思います。丸紅の就職の難易度は特に高いですが、やはり学歴フィルターなどがあるのか?というのは気になる人がいそうです。丸紅の採用実績校で言えば、東京大学京都大学、早稲田、慶應で全体の4割になるみたいです。こういうのを見ると、丸紅は出身大学が関係してくるのか?と思うかもしれませんが、これは上位大学の学生の方が難易度が高い企業をたくさん受けるので、結果論ともいえると思いますけどね。採用実績校は単なる結果論なので、そこから採用可能性は判断できません。だから、丸紅は出身大学が無関係とは言えないかもしれませんが、結果から特定の出身大学が有利なのか?と言う推測は難しいと思います。丸紅はこれだけ就職の倍率が高い企業なので、そういうところを気にしてもしょうがないレベルにも思えてきます。それくらいに倍率が高いですからね。でも、学歴フィルターなどがある可能性は否定できないと思うのです。ちなみに丸紅では理系の学生も就職していますけど、理系の学生はそこまで多くないようです。具体的な数字は見つかりませんが、でも文系学生と比べて理系の学生が少ないのは当然と言えば当然な気もしますが。丸紅の就職で理系が不利というわけではないと思います。受ける人が少ないからでしょう。

 

丸紅では女性の数はどうなのか?というと、就職している割合でいうと全体の2割程度となっています。この数字が多いのか?少ないのか?は分かりませんけど、丸紅の就職では女性もそれなりには採用されています。しかし、男性の方がかなり多いということになります。丸紅に就職したい人は採用実績校とかの情報も気になるかもしれませんが、人によっては理系や女性という観点からどうなのか?と思っている人もいます。こういった人たちに対して積極性がどうなのか?というのは予測しかできませんが、丸紅が理系や女性の就職について消極的とは思えません。丸紅の就職の難易度はかなり高いので、採用実績校か?どうか、男性と女性、文系と理系という部分にはあまりこだわらない方が良いと思います。丸紅の就職の倍率はかなり高いですし、難しい企業の1つですけど、受かりたい人は情報を集めて研究をしていきましょう。丸紅の評判でも激務とか、残業が多いとか、有給休暇が取りづらいという口コミはありますけど、そういったものを踏まえて、自分でも調べて、それでエントリーして受けていくようにしましょう。

 

丸紅に就職したい人はいろいろな情報を集めていくことになると思いますが、そのときには以下のような本を参考にすると良いと思います。丸紅の就職活動に特化した本が売られているので、こういったものを読めば、より内定を取るための戦略が練りやすくなって、内定を貰える確率が上がる可能性があります。こういった本があることを丸紅を受ける学生の多くは知らないと思うので、事前に読んでおくことで、ここにしか書いていない貴重な情報などが手に入り、それによって就活の対策の仕方の方向性などが変わる可能性もあり、それが良い方向に向くこともあるので、他のライバルに差をつけない人、丸紅に就職したい人や本気で内定が欲しい人は丸紅の就活の対策に特化したこういった本を読んでおくと良いと思います。良かったら参考にしてみてください。

 

丸紅の会社研究 2018年度版 (会社別就職試験対策シリーズ 商社)

丸紅の会社研究 2018年度版 (会社別就職試験対策シリーズ 商社)

 

 

あわせて読みたい記事