特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

就活の一次面接に通らない、受からない、落ちる人の特徴と通過率を上げる方法は?

就活では面接が選考の中心なので、面接が苦手だと内定を貰うのは難しいのですが、面接は複数回行われるのが通例で、その一次面接に通らないという人は結構います。一次面接に通らないと、次の面接に行けないので、内定が一生出ないという感覚になるかもしれません。今後ずっと面接が続くはずなのに、その1回目に通らないというのはきついと言えるからです。しかし、一次面接とはいっても、結構難しいものがあります。就活の一次面接の通過率はどれくらいなのか?と言えば、それは何とも言えません。企業によって違うでしょうから。でも、一次面接が特に難しいという意見もありますし、意外と就活は一次面接の難易度が高いのです。逆に一次面接に通ると、二次面接以降もすいすい受かるというケースも考えられます。では、就活の一次面接に落ちる理由とはどんなものが考えられるでしょうか?1つ大きいのはその人の雰囲気です。会社はいろいろな部分を面接でチェックしますけど、1つ大きいのはその人の見た目や喋り方の雰囲気です。その雰囲気が自社に合っているか?という点が重要になります。そこはどの会社も見ていると思いますけど、雰囲気に合っていると思われれば、一次面接の通過率は上がります。そして、一次面接に通ってしまえば、会社の雰囲気に合っている人がその後の面接を受けるので、二次面接以降の通過率も高いと言える可能性があるのです。

 

したがって、就活の一次面接は会社の雰囲気に合っているか?という人事の判断が入るため、そこで合わないと判断されたら受からないので、ある種の足きりみたいな状況になるわけです。就活の一次面接に通らない原因はいろいろとあるとは思いますけど、1つの原因としてはこういったところが考えられるのです。就活の一次面接に受からない人はこういう部分が原因になっているということも知っておいてほしいと思います。だから、一次面接っていうのは就活の序盤になるので、落ちる人は間違いなく多いわけですよ。選考が進むにつれて、人数がどんどん厳選されていく過程では、落ちる人はどんどん少なくなっていくと思います。一次選考といって良いか?は分からないが、学歴フィルターではごそって一気に大量の学生が落ちることになるケースもあり、それは企業が捌ける人数になるまで強制的に就活生の数を減らすということにもなります。だから、就活の序盤になればなるほど、落ちる人の人数は多くなります。割合としてはケースバイケースなのですが、割合に関しても序盤の方が高いんじゃないか?と思います。したがって、そういったところに就活での一次面接の通過率が悪いという人が出てくる原因があると言えます。学歴フィルターだって、大学名は変えられないわけですから、学歴フィルターがある企業を受けると、特定のランクの大学の学生は落ち続けるというケースもありえるわけです。だから、就活の一次面接に通らないケースが多いと感じる人はそういった部分が理由になっている可能性があるということなのです。

 

特定の属性というか、要素を持っている就活生はそれが理由で一次面接に通らないことがある。それが先ほど言ったような会社の雰囲気に合っているか?の判断なのでしょう。漠然としたいい方になりますが、一次面接に受からない人の原因はそういったところにあると言えると思います。とはいっても、会社の雰囲気に合っているか?というのは、会社によってそこまで差があるというわけではないと思います。だいたい基準のようなものはあるけれども、会社によって共通点が多いと思うので、難しくは考えない方が良いと思うのです。要するに雰囲気というのは喋り方の部分で判断されているところが大きい気がします。見た目から伝わってくる雰囲気や表情などの面もあるとは思いますが、面接で1番印象に残りやすいのは喋り方だと思うのです。ある番組に出ていた就活生3人がいて、私がその番組を見たときに、喋り方に特徴があったのです。はきはき喋る人と声が小さくて弱弱しい感じの人がいて、後者の人は内定取るのに苦労しそうだなと感じたのです。就活の一次面接に落ちる人はそういった特徴がまずある気がしますし、そういう人は二次面接に進めれば問題ないかもしれませんが、その後の面接の通過率を上げるには、やはり喋り方で有能っぽい感じをいかにアピールできるか?っていうのが重要だと思うのです。喋り方で仕事ができる、できないを判断するのが正しいか?どうかは別問題としてありますが、そういう判断をする人事はいると思いますから、ある種の脳内足きりに遭わないために、喋り方でこの人はダメだと思われないために面接の受け方を練習をしないといけないと思います。

 

就活の一次面接に通らない人が全部こういった原因で落ちているとは言えませんが、一次面接の通過率にはある程度はかかわっている部分だと思います。仮に一次面接に通っても、それ以降の面接でも喋り方でこいつはできる!と思われた方が通過率は上がります。一次面接に落ちる人と通る人というのは結構差があるという判断になると思うのです。そうなると、二次面接以降に進んだ人は差はそこまでないため、人事のフィーリングとか、好みで決まりやすくなるため、通過率は上がると思います。ある企業で落ちても、別の企業を受ければ受かるということがあると思うのですが、一次面接に落ちると、別の企業でも落ちることがよくある気がします。それは受かっている人と落ちている人に差があると人事から見られていることが理由になっていると思うので、そういう面接の足きりに遭わないために喋り方は特に考えていってほしいのです。特に意識すべきはある程度の声のボリュームを保ちつつ、張りを感じる声を出すことです。そして、もう1つ重要なのは早口すぎず、ゆっくり過ぎないスピードで、適度に区切りながら、抑揚をつけて話すということになります。このあたりを練習していくと、就活の一次面接に落ちる人も挽回できる可能性があります。就活の一次面接の通過率の平均は分からないですが、あまり高くないと思います。でも、一次面接に受からない人は原因が割と見つけやすいと思うので、対策は立てやすいと思います。就活の一次面接に通らない人はこういったところを特に見直してみると良いのではないでしょうか?就活は内定を取るのは難しいのですが、ポイントを抑えれば内定を取れる確率は上がると言えます。

 

内定を取りたい学生におすすめなのは以下の本になります。本書は就職活動で内定を取るにあたって考えるべき戦略、特に付け焼刃ではない実際にどの企業を受けるときにも生かせる力を身に付けるために必要な情報が載っているので、就活をトータルで考えて内定を取るための方法を知ることができます。かなり情報量が多く、ためになることが多く載っているのですが、企業が実際どんな学生を欲しがっているのか?のポイントを紹介している部分やこんな学生はいらないということについて人事の話が載っている部分はかなり必見だと思います。まさに人事の立場に立ったときに、どういう学生が内定を手にできるのか?が丸わかりの情報が載っているので、内定を取るために何が必要なのか?を逆算して把握して、あとはそのための対策をとるだけで内定を取れる確率が上がると思いますから。他にも就活生が知っておくべき就職活動を有利に進めるための方法論や知識などが多く掲載されていますし、Amazonのレビューを見ても評価は高いので、かなり役立つ内容ではないか?と思います。就活で本気で内定を取りたい人にとってはおすすめの一冊だと思うので、良かったら参考にしてみてください。

 

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

 

 

あわせて読みたい記事