特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

ユニクロのファーストリテイリングに就職したい人の難易度や倍率は?評判は激務で給料が安い?

日本の企業の中でも特に採用人数が多いのがユニクロを運営しているファーストリテイリングになります。ファーストリテイリングの採用人数は毎年非常に多く、数百人程度が採用されています。大企業になりますが、男性よりも女性の方が多く採用されているのが特徴です。ファーストリテイリングという社名は知らなくても、ユニクロというお店は誰もが知っています。ユニクロファーストリテイリングの就職の難易度は非常に高いです。ユニクロに就職するに近いので難易度はとても高いです。倍率も非常に高いでしょう。したがって、ファーストリテイリングに就職したい人は相当頑張らないといけませんが、ここは大学、大学院、短大、高校、専門学校などから幅広く採用しています。学歴が関係あるのか?ということも気になると思いますが、これだけ採用人数が多いと、いろいろな大学名の人が集まると思うのです。したがって、ユニクロファーストリテイリングの就職は学歴は関係ないとは言いませんが、比較的いろいろな大学にチャンスがあると言える気はします。実際、ナビサイトのファーストリテイリングの採用実績校を見てみると、当然そこに書かれているのは有名大学のみです。東京の私立大学が中心で、私が見たところでは、掲載されている採用実績校の中では偏差値が1番低いところで専修大学の名前があります。あとは早慶上智、MARCH、関関同立、その他国公立大学あたりです。

 

ただ、そこに書かれているのは一部であって、そこからじゃないと採用されないということはないでしょう。だから、ユニクロファーストリテイリングの就職は採用実績校は無関係ではないが、いろいろな大学からチャンスがあると思います。そもそも高卒の人も採っているわけですから、ユニクロの就職において学歴が関係するとはあまり思えないのです。でも、ユニクロに就職したいならば難易度は高いと思っておいた方が良いです。ファーストリテイリングの就職の募集人数は多いとしても、応募人数もかなりいるはずなので、倍率も高くなりますから。ただ、ユニクロの就職の倍率はちょっと見つからないのです。データがないのでユニクロの就職への難易度はちょっと分かりかねますが、ファーストリテイリングとしての就職の倍率が高いということだけは予想ができると思いますから、就職の難易度はとても高いということが言えると思います。が気う歴フィルターなどの有無に関しては定かではないですが、ユニクロは高卒の人でも就職が可能なので、学歴にこだわる必要性は低いでしょう。しかし、だからといって学歴フィルターがないか?というと、そうとも限らないという感じでしょうか?

 

応募者数があまりに多い場合には足きりをしないといけないので、仕方なくユニクロの就職では学歴フィルターを導入している可能性はあります。それがユニクロに就職する難易度を高めることもあります。そして、ユニクロの就職の倍率が分からないので、何とも言えませんが、ユニクロに就職したい人は学歴が無関係とも言えない可能性は残ります。学歴フィルターがあっても不思議ではない企業の規模なので、ユニクロに就職したい人は大学名が多少なりとも関係する可能性は頭に入れておいた方が良いかもしれませんが、採用人数と応募者の比が重要なので、そういうデータがあればいいんですけどね。ユニクロファーストリテイリングに就職する難易度も重要ですが、ファーストリテイリングの会社としての評判はどうなのか?というのは気になります。ユニクロへの就職では評判としてはニュースで報道される機会も多く、あまり良い声は聴いていないという人もいると思いますけど、実際にユニクロへ就職した人はどういう評判を持っているのか?というのは気になります。ファーストリテイリングに入社したら全員がユニクロの店舗で働くとは限らないと思いますけど、初任給はどれくらいになるのか?と言えば、基本給として21万円と言う数字がナビサイトに書かれています。この初任給の数字は普通か?やや高いか?くらいでしょう。したがって、ユニクロに就職したら初任給はまあまあ良い数字なのではないでしょうか?でも、ユニクロの就職は高卒や大卒、院卒などで違いますけど、初任給は統一されているのか?というのも気になります。ユニクロに就職したら初任給は結構良い数字なのかな?と思いますが、平均年収などはどうなっているでしょうか?

 

 ユニクロの平均年収としては700万円前後というのが現在の数字のようです。アパレル業界は全体的にあまりいい流れになっていないようなご時世でユニクロというブランドは強いですよ。ユニクロの平均年収はアパレル業界の中ではかなり高い数字と言えます。平均年収が400万円台の時代では、ユニクロファーストリテイリングの平均年収が700万円くらいあるとすればかなり高い数字と言えます。ただ、これは全体の平均年収なので、高卒、大卒、院卒などでユニクロファーストリテイリングの平均年収が変わる可能性があるので、注意しておきましょう。こういったところはユニクロファーストリテイリングの就職の倍率を高める理由なのかもしれませんが、この平均年収は実態を表しているのか?は分かりません。ユニクロは仕事内容が激務のイメージがあると思うので、それを考えるとこの平均年収は妥当という感覚の人もいるかもしれません。ユニクロに就職した人の評判を調べればわかると思いますけど、激務なのはユニクロに限らず、アパレル業界全体で共通だと思うので、ユニクロの仕事内容が激務だとしても、他の会社も同業は激務でしょうから、ユニクロ平均年収が高い点はやはり恵まれていると言えると思いますけど、実際はもっと安いというユニクロの社員の口コミがあります。ただ、この情報は真実とは言えない可能性があります。ユニクロに就職した人の口コミを見ると、あれだけ働いてこの給料なの?と思うことがあるとか、ネットで公開されている平均年収の情報が正確ではない、もっと低いという口コミもあるので、先ほど紹介したようにユニクロの平均年収がどこまで正確か?というのは疑わしいところもあるのでしょう。ユニクロは忙しいイメージもあると思いますけど、その部分の不満のみではなくて、給料面の不満の口コミもあるということなのです。

 

そのうえでユニクロを運営するファーストリテイリングに就職したい人は良いのですが、やはり働き方に関してはきつい予想をある程度しておかないといけないでしょう。ファーストリテイリングでは仕事内容が忙しいのは当然としても、そのうえで支払われる給料が多くないという不満が生まれる可能性がありますから。大企業で給料に不満があるというのはあまり聞かないですけど、アパレル業界では珍しくないのかもしれないですし、ユニクロの働き方の評判として知っておかないといけないのです。激務は予想できるとしても、給料が思ったよりよくないという評判があるのは結構重要です。ファーストリテイリングに就職すると激務であることに加えて、給料が安いと感じる可能性もあるということなのです。でも、こういった口コミは一部の人のものなので、他の人の意見も見てみることが必要です。だから、ユニクロファーストリテイリングの評判というのは自分でも検索をしてみて幅広くチェックしてみてください。ユニクロファーストリテイリングの口コミはインターネットには多くあるので、探しやすいと思いますから。あとは会社説明会とかに出てみて、社員の人を見て感じるものなども参考にすると良いです。ユニクロに就職すると忙しい現実が待っているというのはあるでしょうし、それが激務のレベルなのかもしれません。忙しくない業界っていうのは基本的にありませんが、ユニクロの激務ぶりがどのくらいなのか?というのは、社員の口コミなどをチェックして確認しておくと良いでしょう。就職する前にファーストリテイリングユニクロの実態について詳しくなっておくべきだと思います。

 

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2018 エントリーシート編
 

 

あわせて読みたい記事