特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

伊藤忠商事に就職するには志望動機や自己PRなどの面接対策の仕方は?英語力のアピールは微妙・・・

総合商社というのはどの企業も人気ですけど、伊藤忠商事に就職するにはやはり面接対策をしっかりとやっていくしかありません。伊藤忠商事の面接対策では志望動機や自己PRが特に重要で、面接官から評価されるものを作っていかないといけませんけど、そのためにはどのような考え方をすれば良いのでしょうか?伊藤忠商事への志望動機の考え方については、総合商社への志望動機と伊藤忠商事への志望動機を分けて考えると良いと思います。なぜ総合商社なのか?をまず説明して、その後伊藤忠商事への志望動機を考えると良いと思います。なぜ伊藤忠商事なのか?というのは、結局他の商社には当てはまらない方がベストと言えます。例えば、伊藤忠商事では英語力が重要というイメージを持っている人もいますけど、英語力が必要なのは他の会社でも同様でしょう。商社だけではありません。だから、伊藤忠商事の面接対策では英語力を前面に出した志望動機など、他の会社にも通用しそうなものは避けた方が良さそうです。じゃあ、どういう志望動機にすれば良いのか?というと、正解は1つではないので、これ!とは言いづらいのですが、特に重要なのは企業研究です。

 

伊藤忠商事に就職するには企業研究は欠かせませんけど、それは面接対策で、志望動機を考えるときにも重要なのです。伊藤忠商事の志望動機では、企業研究をしたうえで伊藤忠商事ならではの事業を見つけることが重要になります。それは事業単位で他の商社がやっていないものを見つけるということではなくて、同じような事業でも伊藤忠商事ならではの良さのようなものを見つけられる、他社との違いを見出せればいいと思います。それを志望動機の中心に持ってくるべきなのです。そして、その事業に関して、自分の自己PRをリンクさせましょう。つまり、ある事業に関して、伊藤忠商事ならではの良さがある部分、自分から見て魅力的に見える部分を指摘して、その事業を自分もやりたいという流れを作ります。しかし、やりたいからやらせてくれる会社ではないので、自分がその事業に対してきちんと適性があるということを別途証明しましょう。そこで自己PRが重要になります。伊藤忠商事の面接での自己PRは、その事業に関して貢献ができる内容、自分の力が役立てると言える内容にしていかないといけないのです。その自己PRがあれば、その事業に関して自分に適性があると言えるでしょう?

 

すると、適性があるものというのは、それだけ会社の業績アップに貢献できる可能性があるわけですから、その会社を志望するというのは自然な流れになります。自分にとっては自己PRを生かせる場所がその会社であり、会社側から見れば貢献してくれそうな人がいるわけだから、採用意欲がわきやすくなるのではないでしょうか?だから、伊藤忠商事に就職するには面接での志望動機の考え方に際して、自己PRと組み合わせて作るというのが良いと思います。伊藤忠商事の面接で英語力を話すというのも悪くはないですけど、それは総合商社をなぜ選んだのか?という部分に関してのみにしておきましょう。伊藤忠商事の面接の志望動機では自己PRを合わせて、なぜ伊藤忠商事なのか?を感じられて、かつ会社にとってあなたを採用するメリットを感じられそうな内容にしておくと思います。英語力は基本的にみんな持っているので、他者との差別化にならないという部分も重要かもしれません。伊藤忠商事に就職するには本当に面接対策が重要ですけど、時間をかけて、なぜ伊藤忠商事なのか?という部分を面接官にアピールしていきましょう。でも、エントリーシートの段階で志望動機を聞かれる可能性もあります。面接でもいろいろな質問はありますが、エントリーシートでも志望動機や自己PRなどが聞かれる可能性があるので、そういった部分は早く考えておいた方が良いのです。伊藤忠商事エントリーシートや面接での質問事項というのは、インターネットで検索すれば情報として見つかりやすいと思います。採用人数も多いので、働いた経験のある人も多いでしょうし、そういった情報収集も重要です。

 

伊藤忠商事に就職するには企業研究をしながら、志望動機や自己PRを考えていって、エントリシートや面接で評価されるものを考えていきましょう。しかし、面接対策は志望動機や自己PRだけではないので、伊藤忠商事の面接の質問事項などについてもネットで調べていくと良いと思いますから、それを調べていきましょう。採用人数が多いと言っても、就職を望んでいる人も多くいるので、ライバルは多くいるでしょう。伊藤忠商事は出身大学での選別があるのか?採用大学などはあるのか?というのは気になるかもしれませんが、学歴の選別はあるかもしれないですけど、特定の出身大学が優遇されるとかは考えづらいかな?と思います。伊藤忠商事のレベルだと採用大学にこだわりがあるわけではないが、一定ラインよりは上じゃないとみたいなことは考えられるかもしれません。伊藤忠商事に就職するには大変な選考を潜り抜けないといけないので、とにかく企業研究をしないといけないと言えます。伊藤忠商事の面接での質問事項やエントリーシートの情報などを調べておいて、そういったところも対策として早めに実施していきましょう。

 

伊藤忠商事に就職をしたいと思っている人は、以下の本がおすすめです。伊藤忠商事に特化した就職対策本が出ているので、こういったものを見ておくと、より進んだ対策ができる可能性があります。こういった本が出ているということを知らない人がかなり多いと思うのです。伊藤忠商事に特化した本が実は売られていることを知らないで、同社を受けている人も多くいると思うので、そういった人とこういった伊藤忠商事に特化した就活対策本を見ている人では、差が出る可能性があります。同じ会社を受けるライバルに差をつけたいと思っているならば、絶対に内定がほしいと思っているならば、伊藤忠商事の企業研究や就職の対策を誰よりも詳しくやりたいならば、以下のような本を読んでおくと良いと思います。良かったら参考にしてみてください。

 

 

伊藤忠商事の会社研究 2018年度版 (会社別就職試験対策シリーズ 商社)

伊藤忠商事の会社研究 2018年度版 (会社別就職試験対策シリーズ 商社)

 

 

あわせて読みたい記事