特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

岐阜県庁の公務員試験の難易度と筆記、面接の倍率やボーダーラインや募集人数について

岐阜県庁の公務員試験の難易度はどうなっているのか?それについて簡単に説明をしていきます。岐阜県の公務員試験は行政Ⅰと行政Ⅱというのがあって、これが事務職になると思いますが、募集人数が多いのは行政Ⅰの方ですね。こちらを受験する人が多いと思います。平成28年度の試験結果によると、岐阜県の行政Ⅰの募集人数は75人なので、かなり多いと言えます。行政Ⅰの方は倍率も低いですから、岐阜県の公務員試験の難易度もそこまでは高くないと言えるのではないでしょうか?岐阜県庁の公務員試験の倍率について言及をすると、行政Ⅰは3.5倍となっています。一方、行政Ⅱの方は18倍となっているので、かなり差があります。これは平成28年度のデータですが、今後そんなに変わることはないと思います。こういう部分というのは、岐阜県庁の行政Ⅰの採用予定者数の多さが理由になっていると思います。それによって、岐阜県の公務員試験の倍率は高くならないのです。岐阜県の公務員試験の難易度はこういった感じで、そこまで高くないように思いますけど、簡単ではないのでしっかりと勉強していかないといけません。

 

岐阜県の筆記試験の倍率はどうか?というと、平成28年のケースでは298人が受けて149人が合格しているので、2倍ですね。岐阜県の公務員試験の筆記試験の倍率は結構低いと言えると思います。筆記試験の倍率が2倍くらいだとすると、岐阜県の筆記試験のボーダーラインは高くなさそうですね。岐阜県の筆記試験は教養のみではなくて、専門試験まであると思うのですが、どれくらいが筆記のボーダーラインになるのかな?岐阜県の公務員試験の筆記の問題のレベルはそれなりに高いと思うので、5割いけば普通に可能性があるかな?という感じがします。岐阜県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインは完全に予想できませんけど、そのくらいとれれば可能性がありそうな気がするのです。したがって、岐阜県の公務員試験の筆記対策では5割をまずは目指して勉強していきましょう。そして、岐阜県の公務員試験の行政Ⅰの面接試験の倍率は2倍もありません。平成28年度では142人が受験し、85人が最終合格です。つまり、1.7倍とか、その辺なのでしょうか?岐阜県の面接試験の倍率は非常に低いです。こうしてみると、岐阜県の公務員試験は筆記重視でもないですし、面接重視でもないです。どちらの倍率も2倍前後なので、岐阜県の公務員試験の倍率は全体としても低いですし、難易度はそこまで難しくないということになるでしょう。

 

岐阜県の公務員試験は採用予定者数も多いですし、全体の倍率も低いので、全国の都道府県庁の中でも難易度で言えば1番簡単に見えるかもしれません。倍率を基準にするとそうなるでしょうか?岐阜県の公務員試験は採用予定者数が多いですし、受かりやすい自治体と言えるかもしれません。岐阜県の筆記試験の倍率なども今後そこまで変化はないでしょう。だから、岐阜県の公務員試験の筆記のボーダーラインもそこまでは変わらないと思います。合格ラインもそこまで高くないと思うのですが、地方上級レベルならば問題のレベルはそこそこ高いので、筆記対策はちゃんとやっておかないといけないのです。岐阜県の筆記試験の合格最低点のようなものは低いとは思いますけど、問題のレベルを考慮すると、この岐阜県の筆記試験のボーダーラインを超えるのは簡単とは言えないと言える可能性もあるので、ちゃんと筆記対策をしていきましょう。岐阜県の公務員試験の難易度は易しい感じに見えるかもしれませんが、実際はそうとも言えない可能性があります。だから、筆記対策からきちんとこなしていかないといけないのです。

 

岐阜県の公務員試験の倍率などを見ると簡単な自治体に見えるかもしれませんが、まずは筆記試験を乗り越えないといけないので、筆記対策が重要です。あとは二次試験以降の試験内容についても、最新の受験案内で確認をしていきましょう。岐阜県庁の公務員試験の行政Ⅰに関しては二次試験で終了なので、基本的には一次試験で筆記試験で、二次試験は人物試験になると思いますけど、具体的な選考方法を確認しておくと良いでしょう。あとは岐阜県の公務員試験の筆記対策をしなければいけませんが、地方上級レベルの過去問を使って対策をしていくと良いでしょう。そのため以下で紹介しているような地方上級の過去問を使って勉強をしていくと、本番の試験で出るレベルの問題が分かりますし、それで何点取れるか?も分かりますし、できないところを補強していくことで合格の確率も上がるでしょうし、いろいろな使い方ができるので知っておきましょう。岐阜県の公務員試験を受ける人はこういった過去問を使っていくと良いと思います。

 

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

 
地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

 

 

あわせて読みたい記事