読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

倉敷市の公務員試験の難易度は高い?筆記と面接の倍率は謎だが、採用予定者数は多い?

岡山県倉敷市の公務員試験は難易度としては普通くらいではないか?と思います。倉敷市の公務員試験の倍率はそこまで高くありません。低いわけでもないですが、難しいという印象はないです。ただ、倉敷市の公務員試験は過去の試験結果がかなり簡略化されていて、最終合格した人の倍率しか分からないのです。倉敷市の平成27年度の試験結果を見ると、270人が受験して40人が合格しています。倉敷市の公務員試験の採用予定者数はこの年は35人なので、結構多いと思います。これしか分かりません。したがって、倍率は7倍弱くらいということなのですが、それ以上のことは分かりません。つまり、倉敷市の公務員試験の筆記試験と面接試験の倍率の詳細は分からないということなのです。したがって、倉敷市の公務員試験の難易度のだいたいの部分は分かりますが、筆記試験と面接試験のそれぞれの状況はよく分かりません。倉敷市の場合には全体の倍率が7倍弱くらいということで、この年に関して言えば筆記試験も面接試験もそこまで難しいわけではないと思います。筆記試験が3倍、面接試験が2倍とかそれくらいになるのではないか?と思います。

 

これは予測でしかありませんが、この倍率から推測するとそのくらいの数字が妥当かな?と思うのです。そうなると倉敷市の公務員試験の試験内容が重要になります。倉敷市の公務員試験の内容を知っておくと、ある程度合格のための対策ができるので、こういったところを知ると良いのではないか?と思います。平成27年度の倉敷市の公務員試験の試験内容を見ると、一次試験は教養試験、専門試験、論文試験となっています。一次試験から結構盛りだくさんです。対策が大変かもしれません。そして、二次試験は適性検査と口述試験で、三次試験は口述試験となっています。これは事務職の試験内容で、当時のものなので、最新年度の受験案内は必ず自分でも確認しておいてください。内容が変わっている可能性もありますから。倉敷市の公務員試験の倍率は詳細は分かりづらいですけど、三次試験まであるということは1回あたりの倍率はそこまで高くないということではないでしょか?倉敷市の公務員試験の倍率は全体としては7倍くらいなので、面接の倍率は二次と三次で合計して2~3倍くらいなのかな?と予測しています。正確には分かりませんが、倉敷市の公務員試験の面接の倍率はそれくらいでしょうか?全体の倍率が変化すれば、面接の倍率も当然変わってきますけど。

 

この年の倉敷市の公務員試験の倍率はこんな感じなのではないか?という話であって、それが今後変わる可能性もあるので、そこは注意してもらいたいですけど、倉敷市の公務員試験の難易度はちょっと分かりづらいですけど、面接が2回くらいあるので、結構難しいと言えるかもしれません。倉敷市の公務員試験は筆記や面接の倍率が載っていないので、想像するしかありませんけど、倍率が分からない以上は筆記試験のボーダーラインも分かりません。倉敷市の公務員試験のボーダーラインはどれくらいなのか?というのは全く想像ができないのです。地方上級の日程みたいなので、6割とれば大丈夫じゃない?と個人的には思いますけど、実際大丈夫なのか?は正確には分からないのです。そうなると、どれくらいまでとれるようにしておいたら良いのか?が分かりませんが、1点でも多くとれるように勉強をするしかないのです。倉敷市の公務員試験の筆記のボーダーラインはそういった感じで予想が難しいです。

 

倉敷市の公務員試験の難易度は倍率は7倍くらいで、今後もそうのような感じで推移する可能性がありますけど、そこそこ難しいと思った方が良いでしょう。特に倉敷市の公務員試験の筆記対策は真剣にやらないといけません。地方上級なので、問題のレベルも高いと思いますから。したがって、倉敷市の公務員試験に受かるには筆記対策が特に重要です。過去問を使って対策をするのが良いですけど、地方上級の問題のレベルは知っておかないといけないと思います。やってみると結構難しく感じることもありますから。国家一般職よりも難しいという人もいます。倉敷市の公務員試験の筆記の難易度は高いと思うので、以下のような過去問を使用して1度やってみてほしいと思います。地方上級の過去問をやったうえで問題のレベルを確認して、できないところ、苦手な分野を明らかにして、そこを重点的にやることで、全体の点数を上げることができ、本番での筆記試験に通過する確率が上がると思います。そういった過去問をやったうえで再度補強する時間が必要なので、ちょっと早めに買ってやってみてほしいと思います。倉敷市の公務員試験の筆記や面接の倍率は分かりづらいですが、難しいはずなので、まずは筆記試験に通過できるように取り組んでいきましょう。

 

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

 
地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

 

 

あわせて読みたい記事