読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

帯広市の公務員試験の難易度は?筆記よりも面接の倍率が高くて人物重視?筆記のボーダーは低そう

北海道の帯広市の公務員試験は前期日程と後期日程に分かれており、何だか国公立大学の入試みたいになっていますが、それぞれで募集人数が違います。前期日程の方が多いので、こちらを受験する人が多いでしょう。後期日程は募集人数が少ないので、難易度も非常に高くなりやすいです。帯広市の公務員試験の前期日程の倍率は平成28年度の試験結果を見ると、11.3倍となっており、そこそこ高いですね。帯広市の公務員試験の難易度は前期日程はそこそこですけど、後期日程は倍率が40倍越えなので、かなり大変です。ここでは前期日程の話をしていきますが、帯広市の公務員試験の難易度はそれなりにあると言えるでしょう。倍率が10倍を越えていますから。平成28年度の採用試験の結果を見ると、一次試験は329人が受けて234人が合格しているので、帯広市の公務員試験の筆記試験の倍率はさほど高くないです。では二次試験はどうなっているでしょうか?

 

帯広市の二次試験は213人が受けて75人が合格しているので、ちょっと倍率が上がりますね。3倍弱くらいはあるので、帯広市の公務員試験の面接の倍率は結構高いと言えそうです。帯広市の公務員試験は三次試験までありますが、三次試験も人物試験であると思われますから、筆記試験の倍率は低いけど、面接試験などの倍率は非常に高いと言えると思います。したがって、帯広市の公務員試験は人物重視ということが言えると思うのです。そして、帯広市の三次試験は71人が受験して、29人が合格しており、倍率は2倍以上あります。二次試験から最終合格までの倍率は結構高いですよ。7倍くらいありますよね。やはり帯広市の公務員試験は人物重視ということが言えると思います。非常に難易度が高いのです。帯広市の公務員試験は筆記試験の倍率が低くて、面接試験などの倍率がとても高いですよね。筆記試験ではあまり絞らないで、人物試験で良い人材を採ろうという思惑なのではないでしょうか?帯広市の公務員試験に受かるには筆記対策も重要ですけど、それ以上に面接試験の対策が重要になると言えると思います。帯広市の公務員試験の難易度はかなり高いですけど、それぞれの選考を突破していくために頑張っていきましょう。

 

では、帯広市の公務員試験の選考内容はどうなっているでしょうか?帯広市の公務員試験の試験内容は一次試験が教養試験と適性試験、二次試験が面接試験とグループワークとなっています。そして、三次試験が面接試験となっており、二次試験以降が人物試験となっており、帯広市では人物重視のため、筆記対策よりも面接対策の方が重要になると言えるのではないでしょうか?帯広市の公務員試験では筆記試験のボーダーラインはかなり低いと思います。筆記試験の倍率も低いですし、帯広市の公務員試験では教養のみですけど、ボーダーラインはどれくらいなんですかね?問題のレベルが特に高いとは思わないので、5割越えられれば十分チャンスはあるのではないか?と思います。5割を越えなくても受かる可能性もあるかもしれません。帯広市の公務員試験の筆記試験のボーダーラインは読めない部分もありますが、そこまで高くはないと思います。しかし、二次試験以降は人物試験で、特にグループワークが対策が難しい試験です。面接試験は対策はしやすいと思いますけど、グループワークというのは、そもそも結構多くの人数の協力者が必要ですし、そもそもグループワークの試験っていうのは、練習で本番さながらの試験をすることはなかなか難しいと思うので、二次試験に進んでもグループワークが合否を左右する可能性が結構ありそうな気がします。

 

帯広市の公務員試験に受かるにはこういった人物試験を合格していかないといけないわけですが、こういった試験内容は今後変更される可能性もあるので、自分でも確認をしておいてほしいと思います。ちゃんと最新の受験案内を自分でも見ておいてください。帯広市の公務員試験に受かるにはやはり面接対策が重要ですけど、まずは筆記試験に受からないといけないので、過去問で対策をしていきましょう。帯広市の公務員試験の過去問は前期日程は5月なので、市役所試験の過去問が1番レベル的に近い気がします。地方上級の問題のレベルではないでしょう。教養のみならば尚更そうですね。したがって、帯広市の公務員試験を受ける人は以下のような市役所試験の過去問をやっておいて、点数がどれくらいとれるか?を確認しておくと良いと思います。そのうえでできない分野を集中的に勉強していくと総合的な点数も伸びていくと思います。帯広市の公務員試験の筆記試験と面接試験の倍率を総合すると、難易度は高い方になると思いますから、しっかりと対策をしていきましょう。

 

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

 

 

あわせて読みたい記事