読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

秋田県の公務員試験の難易度は?筆記と面接の倍率は?筆記のボーダーライン高いかもしれない

秋田県の公務員試験の難易度はどうなっているでしょうか?過去の採用試験を見ると、秋田県の公務員試験がどれくらい難しいか?が見えてくると思いますけど、秋田県の公務員試験の倍率は平成28年度のデータを見ると、10,6倍となっています。これは行政職の採用試験の倍率です。秋田県では行政職は行政Aと行政Bに分かれるわけですが、行政Aの方が採用予定者数は多いです。秋田県の公務員試験を受けるときには多くは行政Aを受けることになるでしょう。秋田県の公務員試験の難易度では筆記試験と面接試験の倍率が重要です。秋田県の公務員試験の筆記試験の倍率はというと、360人受験で56人が合格しているので、倍率は6.4倍となっています。この倍率は相当高いです。公務員試験の筆記試験の倍率としてはかなり高いので、なかなか受からないでしょう。6人に1人しか筆記試験に受からないわけですから。秋田県の場合には筆記試験の倍率がかなり高いというところが特徴的です。しかし、それは全体の倍率にもよる可能性があるので、年度によって多少異なることも頭に入れておかないといけないでしょう。秋田県の公務員試験は筆記対策がかなり重要ということになります。

 

でも、二次試験以降もやはり大変です。秋田県の公務員試験の二次試験はこの年は52人が受けて34人が合格しているので、倍率は高くないです。2倍もありません。だから、秋田県の面接試験の倍率は筆記試験と比べると低いです。とはいっても、簡単に受かるわけではないです。秋田県の公務員試験は筆記重視という側面が見られるかもしれませんが、面接試験などの二次試験ももちろん大切です。でも、やはり問題のレベルも高い筆記試験の対策がまず重要になるので、その対策をきちんとやっていきましょう。秋田県の公務員試験の行政Aについては倍率が全体で10倍強くらいとなっています。平成28年度はそうなっていますが、他の年はどうなるか?ちょっとわからない部分もありますけど。ちなみに秋田県の公務員試験の採用予定者数はこの年は25人となっています。したがって、そこそこの人数が採用されるということになります。秋田県の採用予定者数はそこそこ多いですけど、全体の倍率が10倍程度あるので、秋田県の公務員試験の難易度はそこそこ高いと言えるかもしれません。それでは秋田県の採用試験の試験内容はどうなっているでしょうか?

 

秋田県の行政Aの試験内容としては、一次試験が教養試験、専門試験、論文試験で、オーソドックスな地方上級という感じかもしれません。地方上級では論文は二次試験というところも多いですけど。そして、二次試験は個人面接と集団面接と適性検査が実施されるようです。行政Bはまたちょっと違うみたいですけど、行政Aはこういった感じになっています。秋田県の公務員試験ではまずは筆記試験が難易度が高い可能性があります。倍率を見ても筆記試験の方が高いですし、筆記対策をしっかりとやらないといけないでしょう。秋田県の場合は地方上級の問題のレベルだと思うので、筆記試験の問題がまず難易度が結構高いと思います。秋田県の公務員試験に受かりたいならば、筆記対策にまずは時間をかけないといけないのです。しかも、秋田県の公務員試験では論文試験の一次試験にあるようですから、そのための対策もやっておかないといけません。秋田県の公務員試験の筆記試験の倍率からすると、ボーダーラインとかもそれなりにありそうな気がします。通常の地方上級だとボーダーラインは教養と専門を合わせても6割いかないくらいになるのではないか?と思います。55%から60%くらいになるのではないか?と思われますけど、秋田県の場合には筆記試験の倍率が特に高いので、ボーダーラインは6割を越えるかもしれません。秋田県の公務員試験の難易度はここが特に高そうです。

 

秋田県の公務員試験の受験案内は自分でも見ておきましょう。受験案内はその年によって内容が変わることがありますから。どういった試験内容になるのか?最新年度のものを自分でも見ておいてください。そして、秋田県の公務員試験に受かるには筆記対策が重要です。面接の倍率はそこまでではないですけど、こちらももちろん重要になりますが、筆記試験の倍率はとても高いので、過去問を使って秋田県の公務員試験の筆記対策をしないといけません。秋田県の公務員試験に受かるには地方上級の過去問を使って、やはり対策をしていく必要があります。以下のような過去問を使っていくと良いと思います。秋田県の公務員試験では面接の倍率は高くないですが、こちらもちゃんと対策をしてほしいですけど、まずは筆記試験の対策です。過去問を使って自分が何点とれるか?を把握して、足りないところ、できないところを重点的に残りの時間で勉強して補強していくことをすると、トータルの点数が少しずつ伸びていくと思います。秋田県の公務員試験の筆記のボーダーラインを越えられるように、二次試験に進めるように頑張ってほしいと思います。

 

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

 
地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

 

 

あわせて読みたい記事