読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

佐世保市の公務員試験の難易度は?筆記と面接の倍率は予想できない!ボーダーラインも分からない!

その他公務員試験全般

長崎県佐世保市の公務員試験は毎年それなりの採用予定者数があるようなので、そこまで難易度が高いという印象ではありません。しかし、簡単な自治体ではないと思いますから、ちゃんと対策をしていかないといけないでしょう。佐世保市の公務員試験の難易度を確かめるためには過去の実施状況を見ると良いと思いますが、佐世保市の場合には割とざっくりとしか書かれていないので、なんとなくの難易度しか分からない可能性があります。佐世保市の過去の公務員試験の結果で、平成27年度を見ると、470人が受験して、35人が合格ということしか書かれていません。したがって、全体の倍率は分かっても、細かい倍率までは分からないので、佐世保市の公務員試験の大卒程度の難易度もこういった感じで、なんとなく把握できるということになってしまいます。この年の佐世保市の公務員試験の倍率は13.5倍ということになっています。この倍率を見ると、佐世保市の公務員試験はそこまで難しくないのかな?という気もしてきます。しかし、佐世保市の過去の採用試験の結果を振り返ると、年によって難易度が違うということが分かってくると思います。

 

佐世保市の公務員試験の大卒程度の倍率を見ると、平成26年度は23.5倍、平成25年度は5.4倍となっており、年度によってかなり差があります。つまり、受験する年によって、佐世保市の公務員試験の難易度はかなり違いがあると言えるので、運にも左右される割合がかなり高いと言えるかもしれません。それぞれの年度によって倍率がここまで違うとなると、その年になってみないと佐世保市の公務員試験の難易度は判断できないと言えると思います。その年の募集人数とかによって倍率は変わると思いますけど、20倍以上のときもあれば、10倍以下というときもあるので、佐世保市を受けようか?考えている人にとっては、今年の佐世保市の倍率がどうなるのか?さっぱり読めないので、受験を決めづらいということも言えるでしょう。こういう状況だと、佐世保市の公務員試験の筆記の倍率や面接の倍率も分かりません。そもそも年度によってこれだけ違うと、去年の倍率などを分析してもあまり意味がないかもしれません。佐世保市の筆記試験の倍率もそうですけど、筆記試験のボーダーラインも読めないでしょう。全体の倍率が違えば、佐世保市の筆記試験の倍率も違いますから、それによってボーダーラインも変わります。

 

そして、佐世保市の筆記試験のボーダーラインも極端には上がらないでしょうけど、予想ができないので何とも言えないとなってしまいます。佐世保市の公務員試験の面接の倍率についても、そもそも選考が何回あるのか?わかりづらいですけど、受験案内を見る限りでは3回なのかな?と思います。そこも情報としては不足してしまいます。佐世保市の面接の倍率も分からないですが、全体の倍率が20倍を超えるような年ならば面接の倍率もかなり高そうです。どれくらいの倍率になるのか?は分からないですけど、公務員試験の倍率としては結構高い数字と思えるようケースも考えられます。佐世保市の公務員試験はデータが少なすぎて分かりづらいので、難易度とかも分析しづらいので申し訳ないのですが、その年の募集人数は確認しておくと良いと思います。それによって倍率がどれくらいになりそうか?の判断ができる可能性がありますから。佐世保市の公務員試験を受ける方はその年の募集人数はどれくらいか?を見ていくと良いと思います。やはり倍率が高い年は、最終合格者が少ないです。他の年よりも10人以上少なかったりしますから、佐世保市の募集人数から倍率を予想して、難易度を考えていくと良いかもしれません。佐世保市の筆記試験の倍率や面接試験の倍率は詳細は分かりませんが、全体の倍率が高いことが考えられるので、それを佐世保市を受験する人は知っておきましょう。

 

 佐世保市の大卒程度の公務員試験の難易度はちょっと分かりづらいですけど、筆記試験対策はしっかりとやらないといけません。まずは佐世保市の筆記対策をしっかりとやっていきましょう。そのときに以下のような過去問が有効でしょう。佐世保市は6月に筆記試験を実施するようなので、市役所上級か?地方上級ということになると思います。しかし、佐世保市は県庁所在地ではないので、恐らく市役所上級になるのではないか?と思います。したがって、市役所上級の過去問をやっておけば良いと思いますけど、心配な人は地方上級の過去問もやっておくと良いでしょう。佐世保市の公務員試験の受験案内を見る限りでは、事務所は教養のみのようなので、専門試験はないみたいです。専門試験がないならば地方上級の問題ではないと思いますけどね。受験案内は最新のものを自分でもちゃんと確認しておいてください。過去問をちゃんとやっておくことで、本番の佐世保市の筆記試験で何点くらい取れそうか?の想像もつきやすいですし、できないところを補強して、本番までに点数を底上げすることもできれば、筆記試験に通過する率も上がりますから、そういった意味合いでも過去問を使っていくと良いでしょう。

 

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

 

 

あわせて読みたい記事