特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

下関市の公務員試験の難易度は?筆記の倍率は高いが面接はそうでもない?筆記重視の自治体か?

山口県下関市の公務員試験は毎年多くの人が受験しています。平成27年度の実施結果がホームページに載ってますけど、それを見ると下関市の公務員試験の難易度はそれなりにあるのではないか?と思います。下関市の公務員試験の平成27年度の実施結果を見ると、273人が受験して一次試験は67人が合格しています。下関市の公務員試験の筆記試験の倍率は4倍くらいでしょうか?これは筆記の倍率としては割と高いほうと言えると思います。公務員試験の筆記試験は倍率は3倍くらいが普通なんじゃないか?と思いますから、4倍程度ある下関市の筆記試験の倍率は単純に高いですね。だからといって、下関市が筆記重視と言えるか?というと、そうではないかもしれませんが、下関市はそれだけ他の自治体よりも筆記に重点を置いているということなのでしょう。下関市の筆記試験の倍率がやや高いとなると、下関市の筆記試験のボーダーラインというのも自然と上がってくるのかもしれません。問題のレベルにもよりますけど、下関市の筆記試験はボーダーがどのくらいになるか?ということも非常に注目なのです。

 

下関市の公務員試験の倍率は全体としては13~14倍くらいですから、ちょっと高いくらいですけど、その中でも筆記試験の倍率は注目に値するのでしょう。ここが下関市の公務員試験の難易度を表している部分になります。そして、下関市の二次試験の倍率はどうなっているのか?というと、44人が受験して20人が合格しているので、2倍強くらいです。下関市の面接試験の倍率はよくある数字だと思います。2倍ちょっとなので、下関市の面接の倍率はそんなに高いとは感じないかもしれません。下関市の公務員試験の上級行政職の採用予定者数は15人程度となっています。下関市の採用予定者数はそれなりの数字だと思いますけど、下関市の公務員試験の倍率に関してはそこそこ高いという印象を受けますね。273人中20人合格なので、10倍は越えています。13~14倍くらいでしょうか?したがって、下関市の倍率は結構高いので、それだけ難易度も高いと言えるでしょう。この下関市の公務員試験の難易度は簡単な試験ではないということをある程度表している気がします。下関市の筆記試験の倍率は4倍くらいで、下関市の面接試験の倍率は2倍ちょっとくらいですから、やや筆記重視の自治体と言えるかもしれません。少なくとも下関市の公務員試験では面接重視という雰囲気はあまりないです。下関市の公務員試験の面接の倍率はそれほどではないので。

 

そうなると、やっぱり一次試験を突破すると最終合格が見えてくることになります。したがって、下関市の公務員試験に受かるにはやはり筆記対策が重要です。筆記試験の対策をして、倍率が4倍程度ある可能性がある一次試験をまず突破することを考えないといけないでしょう。下関市の公務員試験の筆記の倍率は4倍なので、そこそこ高いですから、簡単ではないです。下関市の筆記試験のボーダーラインというのはどうなのか?は分かりませんね。下関市では教養試験と専門試験まであるようなので、筆記のボーダーはそこまで高い数字にはならない気がします。6割弱くらいあれば通過する可能性がそれなりにあるのかな?とは思いますけど。ただ、下関市の公務員試験は筆記試験のボーダーはちょっと読みづらいので、やはり1点でも多くとれるように対策をしておいた方が良いです。やはり市役所試験の過去問をやっておくと良いのではないでしょうか?下関市の公務員試験の難易度はやはりそれなりにありますから、ちゃんと勉強をして、面接に関しても準備をしておかないといけません。問題は筆記試験の対策になりますが、下関市の筆記試験の出題のレベルがちょっと分かりづらいです。県庁所在地かと思われますが、実は違うということですし、最新の受験案内を見ると7月に実施予定なので、日程的には市役所B日程になります。受験案内は今後変更になる可能性もあるので、自分でも確認をしておいてください。

 

したがって、市役所試験の筆記試験の過去問をやっておくのが1番良いのかな?と思います。市役所試験の過去問の教養試験と専門試験をやっておけばかなり下関市の筆記対策になるでしょう。以下のような市役所上級の過去問を事前に何年か分やっておけば、下関市の問題のレベルや傾向になれることができるとともに、自分ができない部分や弱点もわかると思います。その弱点や苦手なところをあとから重点的に復習をしていくとか、対策をしていくなどすれば、全体の点数がどんどん底上げすることができると思うので、より一次試験に通過する確率が上がると言えるでしょう。こういった形で過去問を使っていくと良いと思うので、少し時間的には余裕を持って、以下のような過去問を使ってみると良いのではないでしょうか?解いてどれくらい点数がとれるか?を確認して終わりではなくて、できなかった問題を分析して、弱点を補強していく勉強を集中的にやる時間を確保しないといけないのです。したがって、本番までに時間的余裕がある時期に過去問を解き始めていってほしいと思います。過去問を買って真剣に解いて、できなかった部分を分析して、そこを再度補強するための勉強をすれば、下関市の公務員試験だけにかかわらず、全ての試験種の筆記試験において少しでも点数が上がるのではないでしょうか?下関市の公務員試験の二次試験の試験内容は個人面接、集団討論、作文、適性検査アとなっており、バラエティ豊かな感じです。そこに進むためには下関市の公務員試験の筆記対策を万全にやっておくようにしましょう。

 

 

 

あわせて読みたい記事