読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

地方初級の難易度は?問題のレベルは?筆記や面接の倍率や年齢制限の上限は何歳までか?を調べておこう

その他公務員試験全般

地方初級の採用試験は地方上級と比べると明らかに難易度に違いがあります。筆記試験の出題科目の内訳がそもそも違っていたり、教養試験の問題のレベルも違いますけど、全体的にな受かりやすさも違うかもしれません。地方上級と言われている大卒程度の試験と比べると地方初級は高卒程度のための試験です。だから、地方初級の筆記試験の問題のレベルもその辺りに合わせているのでしょう。だから、大卒程度の地方上級よりも問題は簡単だと思います。ただ、高校生が受験をするので、その年代の人たちが解くという意味では、彼らにとっては十分難しいと感じることもあるのではないでしょうか?地方初級の難易度は筆記試験だけではなく、面接試験まで含めて考えないといけないですけど、面接試験に関しては地方上級よりも簡単とか、そういうことはあまりないかもしれません。聞かれることが多少違うかもしれませんが、面接は誰が受けても難しいです。したがって、地方初級の難易度は多くが筆記試験に集約されると思います。

 

地方初級の場合にはそれぞれの自治体で全然難易度も変わってきます。特に変わるのは倍率でしょう。地方初級の倍率はどこを受けるか?によって全然変わる可能性もあるのです。地方初級はそれぞれの自治体によって筆記試験の問題のレベルはそんなに変わらないかもしれないが、筆記の倍率が違えば合格ラインが変わりますから、そこが地方初級の難易度となって表れるのです。地方初級の筆記の倍率は各自治体を調べれば出てきますけど、かなり差があるので、どこを受けるか?によって全然違うというのは知っておきましょう。そして、面接の倍率も違います。地方初級の面接の倍率は上級試験とそんなに大差ないんじゃないかな?あまり差はない気がします。地方上級の方が受けられる年齢の幅が広いですから。22~30歳くらいとかになっているケースも多いです。地方初級の年齢制限は18~22歳くらいですかね?その前後が多いと思います。だから、地方初級の方が年齢制限は厳しいって感じなのでしょうか?受けられる年齢が少ないので、そこも地方初級の難易度になるかもしれない。年齢制限を越えてしまうと地方初級は受けられなくなりますから。そうなると、より筆記の問題のレベルが上がる地方上級とかに挑戦しないといけなくなりますから、厳しいということになるのです。

 

地方初級の年齢制限の問題は知っておいた方が良いと思います。公務員試験全般に言えることですが、地方初級は年齢の上限が比較的低いので、すぐに受けられなくなってしまいます。大学中退した人とかが混じる可能性があるという意味では、そういったより高度な知識を持った人とも争わないといけない場合もありますから、地方初級の難易度は割と高いと言えそうです。地方初級の倍率は自分が受けるところをチェックして、どれくらいの難易度か?分析してみると良いと思います。地方初級の筆記の倍率と面接の倍率をそれぞれ見てみると良いでしょう。地方初級の筆記の倍率は3~4倍くらいが標準かな?って気もします。上級試験はそれくらいですね。それ以上だと高い部類に入ると思うのです。地方初級の面接の倍率は2倍前後が標準だと思いますから、そういった指標から自分が受けたい自治体はどのくらいの倍率か?というのを調べて考えてみると良いでしょう。あと、多くの人は大丈夫だと思うんですけど、地方初級は何歳まで受けられるか?も確認しておいてください。自分が受ける自治体の年齢制限というものが何歳までか?というの走っておかないといけません。現役の高校生や卒業から間もない人ならばまず地方初級の年齢の上限は超えていないと思うのですが、自治体によって違いますから。さっき示した18~22歳くらいというのは目安なので、自治体によっては違う場合が普通にあります。

 

地方初級に受かるにはやはり勉強は必須です。筆記試験は高校の授業を受けているのみでは厳しいでしょう。地方初級の教養試験の問題のレベルは難しくないとはいえ、無勉ではまず不可能ではないでしょうか?そんなに多く勉強しなくても良いかもしれませんが、地方初級の難易度はやっぱりそこそこはあると思います。だから、自分の地方初級の筆記試験の倍率にもよりますけど、地方初級に受かりたい人はしっかりと問題集を反復練習して解いていってほしいと思います。そのうえで最終的には以下で紹介している地方初級の過去問をやって、実力を確認しながら、できない分野を見直して、補強していく作業を行えばより確固たる実力になっていくと思います。地方初級に受かりたいならばこういった過去問を解くのは必須でしょう。筆記試験に受かるだけでもそれくらいのことは必要だと思います。逆にこういった地方初級の過去問を真面目に、丁寧にやっていれば本番での予行練習にもなりますし、筆記試験に受かる確率が大分上がると思います。地方初級に受かるにはまずは自分が受けたいところは何歳までOKか?の確認をして、受験資格があることを確かめて、そこから地方初級の倍率を見て、どれくらいの難易度か?を調べてから、その難易度に合わせて勉強をしていくと良いでしょう。

 

地方初級 教養試験 過去問350 2017年度 (公務員試験 合格の350シリーズ)

地方初級 教養試験 過去問350 2017年度 (公務員試験 合格の350シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事