特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

就活など面接でのノックの回数は何回?3回以外に2回や4回もOK!忘れたら落ちる?不採用?

就活などにおけるノックの回数って一応決まりというか、暗黙ルールのようなものはあるみたいですけど、これに就活生はどう思っているんでしょうね?以前、社会人の側も面接におけるノックの回数はくだらないと思っているという記事を目にしましたが、こういう就活などの面接でのノックの回数のマナーは何のために必要なんでしょうね?正しい回数というのは一応3回となっているようですけど、何で面接でのノックは3回なのか?というと、特に理由はないらしいが、欧州ではトイレに対するノックが2回、それ以外が3回となっているため、日本においても面接時のノックの回数は3回が基本とされているようですが、ここで疑問に思うことがあります。そもそも何でトイレとそれ以外でいちいちノックの回数を分けるんでしょう?意味が分かりません。同じ回数だったら困るんですか?そもそも2回とか、3回という固定的な回数にする意味も分からないのです。ノックをする意味って、自分が今からそこに入ろうとしていることをドアの向こうにいる、またはいるかもしれない相手に知らせるためじゃないですか?

 

別にノックが1回だとしても相手に聴こえさえすれば、ノックの役割は十分果たせていますよね?2回でも、3回でも、4回でも良いと思うんですけど、面接におけるノックは2回はダメだが、3回は良いとする暗黙のルールの合理性がほとんどないと思うんですけど。これを守って、一体何の意味があるのか?疑問に思う人も多いと思うんですよ。どうでも良いところにこだわりますよね。ノックの回数を3回から2回にしたって困らないでしょう。というか、特定の回数じゃないと困ることってまずないと思うのです。就活などの面接ではノックは3回が基本とされているけど、2回とか、4回じゃダメな理由って説明できないでしょう。就活や転職もそうだけど面接のノックの回数なんてほとんど自己満足だと思うんですよね。つまり、どうでも良いことにこだわっているということになります。こういう面接でのノックは挨拶の意味合いもあるとされているが、回数を指定するってことは、別の場面で言うとお辞儀の角度を指定するようなもので、そんなに細かく決めなくても良いだろう。だいたいで良いと思うんです。だから、面接におけるノックの回数も多すぎるのはあれだけど、1~4回くらいまでならば別に問題視する必要はあまりない気がします。1回じゃ聴こえない可能性もあるから、2回以上とかなら良いと思うんですよね。

 

就活などの面接においてはノックの回数にこだわる企業が実際あるのか?どうかは知りませんが、就活に詳しい人は3回が良いって言っていますね。結局のところ、2回も3回も4回もそれ以外の負担はそんなに変わらないので、じゃあ3回でも良いか!という気はしないでもないです。ただ、ルールとして定める必要性も感じられないことに対して、強制されるのが嫌だという気持ちはあるのではないでしょうか?それはよく分かります。就活などの面接でノックを3回じゃなくて、2回とか4回やったら落ちるということは通常はないでしょう。就活などの面接でノックを忘れたとかならばまだしも。そういうケースでも即不採用はまずないと思いますけどね。就活などの面接でノックを忘れたとしても緊張もしているだろうし、いろいろな点を考慮してくれる企業はあるんじゃないですか?就活などの面接でのノックは何回か?というのは相場のようなものは確かにあるらしいですが、その相場をどれだけの企業が重要視しているのか?は不明です。だから、心配な人は面接でのノックは何回か?というのは3回を意識してやっておけば1番問題が起きる確率は少ないだろうとは思います。就活などの面接でノックを忘れたとしても、それで即不採用にはならないとは思いますけど、忘れないようにしてほしいと思います。どうでも良い部分に感じますけど、結局出る杭は打たれるのが日本という国なので、就職したい方はとりあえず面接でのノックの回数の相場は守っておいた方が賢明と言えるかもしれません。今の若い人たちが主導的地位に立つような時代には、ノックの回数なんてどうでもよくなっているかもしれませんよ。

 

 新卒採用の就職活動では面接は欠かせません。すでに受けている人も多くいると思いますけど、面接に受かるために1番重要なことってなんでしょうか?それは面接官の採用基準を知ることです。どういう学生が欲しいか?という情報を知ることができれば、そこにあわせて演じることで、通過率を上げることができるからです。そういったときにおすすめなのが以下の本になるわけですけど、本書は結構評価の高い一冊で、新卒採用の面接における面接官が見ているポイント、採用基準を5つに分けて解説しており、人間力、表現力、仕事力、就活スキル、+αという項目ごとにそれぞれどういう要素が必要なのか?どういう学生を面接官は欲しいと思っているのか?について紹介しています。本書を読んで、面接官が求めている人材の姿が分かれば、そこから逆算して面接対策をしていけるので、結果的に面接官のお眼鏡に適う学生を演じることができ、面接の通過率、内定の確率が上がるのではないでしょうか?こういった情報は多くの学生は知りませんから、本書を利用すると、その時点で他の就活生に差をつけられるチャンスです。Amazonでの評価も結構高いので、良かったら参考にしてみてください。

 

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

 

 

あわせて読みたい記事