特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

面接の自己紹介の内容は何を言えばいい?何を言うべき?趣味は必須か?

就活をする際の面接での自己紹介というのは結構多くの人が悩んでいるのではないでしょうか?というのも、何を言えばいいのか?分からないという人が多くいると思うからです。何を言うべきか?というのは正解はないので、就活の面接での自己紹介で何を言えばいいのか?については、それぞれで違って良いと思いますけど、例えば、新卒の就活の面接の自己紹介であれば、名前と大学名とかは最低限必要だと思いますが、個人的には人柄のようなものをアピールできたらいいと思うので、趣味とかは入れると良いと思います。就活の自己紹介では趣味を話す人もいると思うのですが、この趣味によって面接官の興味を惹ける場合もありますから。就活の面接での自己紹介の内容には趣味を入れてもらいたいですが、どちらかというと一般的ではないというか、変わった部分を見せられると良いかもしれないです。変わった趣味を持っていない場合にはマイブームとかでも良いと思うんですけど、野球とかサッカーだと普通なわけです。だから、面接官も食いついてきづらいです。でも、例えば「趣味は演歌を聴くことです」といったことを話せたならば、面接官としても「へー、その年齢で演歌を聴くんだ!?」みたいな新鮮な反応をする可能性もありますから。これは一例なのですが、要するに最初の時点で興味を持たれるか?持たれないか?というのは、かなりその後の面接における面接官の印象に影響すると思うのです。自己紹介は面接の1番最初の段階の話ですから。

 

新卒の面接の自己紹介では、印象に残ることを言いたいですよね。そして、良い印象の状況で面接をスタートさせてほしいのです。先入観というのが面接官にもあって、最初でこの人は期待できるのか?とか、採用しみると面白いかな?と思わせることが重要なのです。先入観で期待できないと思われてしまうと、その後挽回しても評価があまり上がらない可能性がありますから、新卒の就活の面接の自己紹介では面白いことを言わないといけないわけではないが、何らかの部分で面接官の興味を惹くことを言った方が良いと思います。新卒の面接の自己紹介では何を言うべきか?というのは名前と大学名と趣味あたりが定番ですけど、私だったら百人一首とかを話す可能性があります。実際、ゼミの面接でこれ話したことあるんですけど、食いついてくれましたよ。私は百人一首が趣味というわけではないものの、中学生のときに校内で大会があって、それで優勝したくて100首全部覚えたんですよね。だから、そこで珍しい趣味として、それをゼミの面接で話してみたのですが、就活では話したことありませんでした。なぜならば自己紹介をしてください。という企業がほぼなかったからです。おまけにその頃はそういったことを話した方が良いとはあまり思ってなかったので、就活の面接の自己紹介で何を言えばいいか?とか、そもそも考えていませんでした。今、私が就活をするならば百人一首を趣味として話すと思います。

 

私の場合にはこういった感じで、趣味で印象に残ることを話すと思いますが、他の題材でも構いません。趣味が1番差別化しやすいかな?と思いましたが、他の題材でも良いと思うのです。就活の面接で何を言うべきか?悩んだときにはそういったことを話していくと良いのではないでしょうか?就活の面接での自己紹介の内容は長さに事実上の限度があるので、あまり多くのことは話せません。長さはどれくらいが限度なのか?というと、指定があった場合は別ですが、1,2分くらいでしょうか?どんなに長くても2分くらいだと思います。そうなると、あまり多くのことを話せないので、新卒での面接の自己紹介の内容は名前、大学名、趣味にプラスでもう1個くらいが理想かもしれません。趣味で長く話す人、趣味以外で1つの内容で長く話す人はそもそも3つくらいが限界という可能性もありますけど、頑張っても4つくらいの項目が限界でしょう。新卒の面接での自己紹介の長さに関しては恐らく1,2分が限度だと思うので、指定された場合にはそれくらいで、指定されなかったときには何分が良いのか?というと、1,2分を目安に考えると良いと思います。何分も1人で時間はとれないので、就活の面接での自己紹介の内容は項目3,4くらいを考えると良いと思います。自己紹介は長さに関しても気を配っていかないと、1人で長く話してしまうと空気が読めないとか思われる可能性がありますから。就活の自己紹介で何を言えばいいのか?悩んだときには、こういったことを参考にしてほしいと思います。

 

新卒の就活の面接での自己紹介で何を言えばいいのか?というのは、面接の合否を決めうる重要なポイントになるのでちゃんと考えておいてほしいと思います。そして、ただ、面接の自己紹介で何を言うべきか?ということも重要なのですが、面接全般におい面接官が考えている評価基準のようなものを知っておくべきだと思うのです。そういったものを知っておけば、自然と面接官に評価されるような自己紹介の内容が思いつくかもしれませんから。そういったときに有効なのが以下の本になります。これは新卒の就活の面接において、面接官の使っている採用基準について詳しく書かれている本になります。本書は新卒の面接官が使っている採用基準を人間性、仕事力、表現力、就活スキルなどの観点に分けて解説してくれています。それぞれのポイントごとにどういった部分を面接官が見ているのか?というのが分かると思いますから、それを生かして面接対策ができると思います。面接対策に関して面接官がどういう採用基準を持って学生を見ているのか?という情報は多くの就活生は知りませんから、そこを知っているのと知っていないのではかなり差が出る可能性もあります。したがって、本書を読んでおくことで、ライバルに差がつく可能性があるので、こういった部分は読んでおくと有利になると思います。Amazonでのレビューを見ても評価は高いので、本気で内定が欲しい人にとってはおすすめの一冊と言えると思いますから、良かったら参考にしてほしいと思います。

 

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

 

 

あわせて読みたい記事