読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

履歴書の写真の貼り方でのりを使うか?両面テープや両面シールか?どれが最適?

就活や公務員試験において履歴書を提出するときには写真が間違いなく必要になります。面接カードやエントリーシートというケースもあるかもしれませんけど。またはバイトの履歴書というケースもあるでしょう。そして、写真は履歴書に貼り付ける形で提出をします。この履歴書における写真は貼り方がまた難しいというか、悩みの種になる可能性もあるのです。履歴書の写真の貼り方によって、見る人の印象を変える力がありますから、書類選考などであれば、それが何らかの形で影響して合否にかかわってくることもないとは言えません。履歴書の写真の貼り方だけで合格か?不合格か?が決まるとはあまり思いませんけど、その確率を上げたり、下げたりすることは容易に考えられます。したがって、履歴書の写真の貼り方は本当に気をつけて行って欲しいと思います。履歴書の写真はのりを使うか?それ以外の手段を使うか?という問題がまずあります。履歴書の写真の貼り方はそういった点からも問題があるのです。では、履歴書に写真を貼るときには載りか?それ以外か?のどれが良いのでしょうか?

 

履歴書の写真を貼るときにはのりを使う人が多い気がします。代表的ですよね。しかし、のりだと貼り方が上手くいかないというイメージを持っている人もいるかもしれません。あとは写真を貼るときにのりを使うと汚くなってしまうイメージがあるのではないか?と思います。これは貼り方の問題です。確かにのりが多すぎたりすると、そういった状況になるかもしれませんが、上手く量を調整してやれば問題ないです。練習をするほどのことでもないと思いますけど、液体タイプのどろっとしたのりではなくて、スティックのりって言うんですか?口紅みたいな固形タイプののりを使うことができれば、量が多すぎるとかはなかなか起きづらいと思います。ただ、スティックのりでも塗る量が多すぎると写真を貼ったときに多すぎたのりがはみ出てくる可能性があるので、そこは気をつけてください。履歴書の写真でのりを使っても全然綺麗に貼ることはできますから、写真の貼り方を気をつけてもらえれば、履歴書の写真でのりを使っても問題ないと思います。そして、それ以外の方法でも良いでしょう。それ以外の方法というと、例えば両面テープがあると思います。

 

履歴書の写真が両面テープというのは、恐らく1番綺麗に貼れる手段ではないでしょうか?両面シールというのもあるみたいですが。この両面シールというのは、よくあるのは証明写真ですね。証明写真を撮って、それを履歴書に貼るときにはその写真自体がシールになっていて、それをそのまま剥がして貼ることができます。履歴書の写真を両面シールとして貼るときには、そういった手段もあるということになりますが、両面シールは別途売っているのかな?写真屋さんで撮ってもらった写真を貼るときには自動的にシールになっていないものを使うと思うので、履歴書の写真では両面シールを使っても良いと思います。そして、同じようなもので両面テープもあります。両面シールじゃなかったら両面テープということになると思いますけど、両面テープは確実に売っています。履歴書の写真に両面テープを使うのはのり以上に綺麗に貼れると思います。だから、1番のやり方になるのではないでしょうか?のりも先ほど言ったように丁寧にやれば、全く問題ないとは思います。綺麗に貼ろうと思えば貼れます。

 

しかし、その難易度がより低いのは両面テープですね。履歴書の写真で両面シールっていうのは証明写真に最初からついているもの以外厳しいのかもしれませんが、履歴書の写真で両面テープはのりと同じくらいに使っている人がいそうです。結論から言うと、のりでも両面テープでも、両面シールでも綺麗に見栄えが良く貼れているならばどれでも良いと思うんですよね。本当に綺麗に貼れているならば、どの手段で貼り付けたか?なんて分かりませんよ。見分けはつかないと思います。履歴書の写真の貼り方はとにかく綺麗に、見栄えが良くなるようにというのはポイントとしてありますけど、どの手段で貼るか?はそんなにこだわるべきところではない気がします。こだわる部分は綺麗に貼れるか?であって、やり方はお好みというか、家にあるものを使って良いと思います。履歴書の写真ではのりは家にだいたいあると思うので、それを使っても問題ないでしょう。履歴書の写真の貼り方は気をつけてもらいたいですが、のりでも問題なく貼れると思います。実際、のりを使って貼るときの注意点としては、四隅と真ん中にのりを塗って貼り付けると良いと思うのです。ただ、そのときには先ほど言ったようにのりのりょうが多すぎないようにしてください。多すぎると、貼ったときにのりがはみ出てくるかもしれないので。特に液体タイプののりを使う場合には量が多すぎると、そういうことになりやすいですから。履歴書の写真は第一印象として重要なので、一応綺麗に見せたいところですが、写真にこだわりすぎて、履歴書の中身が疎かにならにようにもしてもらいたいです。

 

あわせて読みたい記事