特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

エントリーシートと面接は自己PRなどで違う内容や違うことはOK?同じことを話さないとマズイのか?

エントリーシートや履歴書を書いて、それを提出したが、そこに書いてあることと面接で話すことが違うということもあるかもしれません。それはエントリーシートと面接で違うことをアピールしたくなったとか、エントリーシートに書いたことを忘れて、面接で違うことを話してしまったといったことなどが考えられますが、こういったことは良いのでしょうか?一般的には、エントリーシートと面接では同じことを話すと良いとされています。エントリーシートと面接の内容が違うと、人事担当者としても困る可能性があるからです。エントリーシートは面接の前にすでに出しているはずなので、それをもとに面接が進められるという意味では、エントリーシートの内容をもとに面接での質問などを考えていることになります。しかし、例えばエントリーシートの自己PRと面接での自己PRが違うとなれば、これはちょっと困りますよね。事前に作った質問が使えなくなる可能性がありますから。でも、こういったことって結構あるような気がするんですよね。

 

エントリーシートと面接で自己PRが違うとなれば、それは事前に作っておいた質問が使えないとかになってしまうと、予定していた面接ができなくなるわけですから、聞きたいことを聞けない=見たい部分が見られない=自社に合う人材かどうかが分からない=不採用という流れになるかもしれません。したがって、自己PRだけに限りませんが、エントリーシートと面接の内容が違うというのはいろいろと困るのです。そうなると、エントリーシートと面接では同じことを話した方が良いとなります。企業としても。だからこそ、エントリーシートと面接で違うことを話すのはリスクが大きいのです。あまりおすすめしません。エントリーシートと面接で内容が違ってしまうとそれが落ちる原因になるかもしれませんから、統一感を持たせたいですね。エントリーシートと面接で同じ内容を話した方が良いというのはその通りなのですが、全く同じにする必要はないです。正確に言うと、エントリーシートと面接では違う内容では困るが、話すことは全く同じではない方が良いということです。どういう意味か?というと、エントリーシートに書いたことをそのまま読むというのはよくないということです。何ていうのかな?あらかじめ覚えてきたことをそのまま話しているような雰囲気がして、あまり好ましくない印象を生むかもしれないということなのです。

 

あくまでもエントリーシートに書いたことと内容面はほとんど変わらないように、しかし話すときに使う言葉、文章は変えられるように、分かりやすく言うと、エントリーシートに書いたことは要約に近いわけですから、それをより詳しく話せるように、情報を追加していけると良いということです。エントリーシートと面接では違うことを話してはいけないが、それは内容が違わないように。ということですね。エントリーシートと面接で違う内容がいきなり出てくると、事前にエントリーシートを読んで想定していた人物像が定まらなくなり、面接を上手く遂行していくことができなくなるわけですから、面接官にとっても受ける側にとってもよくない状況が生まれているということになってしまいます。でも、エントリーシートを書いて提出した後に内容を変えたくなったとか、そういったこともあるかもしれません。確かにそういうことはあるかもしれないです。しかし、そういう場合でもエントリーシートと面接で違う内容になってしまうほどの変更はやめた方が良いと思います。微々たる変更は良いと思うのです。エントリーシートと面接で違う内容にならない程度のことは良いと思うのですが、完全に別の話になってしまうような変更は好ましくないでしょう。特にエントリーシートと面接で自己PRが違うといったことはあるかもしれませんが、1番やってはいけないことじゃないかな?と思うのです。どうしても別の内容にしたくなったときには、「他にありますか?」と聞かれたときだけ、答えていくようにすると良いと思います。

 

エントリーシートと面接では違う内容になっている人は多々いるかもしれませんが、内容に関しては変わらないようにしてほしいですね。エントリーシートと面接では同じことを書いて、話せるように意識してほしいと思います。エントリーシートでは自己PRなどで悩むことも多くあると思います。どんな内容にすれば良いのか?どんな内容が人事にウケるのか?などです。エントリーシートで書いたものを前提に面接でも話すという意味では、エントリーシートの内容はものすごく大切です。書類選考に受かるか?という点もそうですが、それに受かっても面接に通るか?という部分でもかかわってくるので。そういったときにはエントリーシートはどういう内容にすれば受かりやすいのか?というヒントをもらうと良いと思うのです。そういったときに使える可能性があるのが、以下のような本です。これは内定を得た人がエントリーシートでどういうことを実際に書いたのか?の実例を集めた本で、実例以外にもエントリーシートを書くときのポイント、受かるためのコツなどが書かれており、参考になる部分も多いと思います。エントリーシートの実例の中には「ちょっと超人的なもので参考になりづらいものも含まれている」という意見もありますが、それでも「ためになることが分かりやすく書いてあるのは間違いない」とするレビューもあり、全てが役立つわけではないが内容面のヒントや自己PRなどの方向性のヒントにはなる部分も多く、エントリーシートを書くうえで必要なこと、評価されるためにどうしたら良いのか?が理解できる内容になっていると思います。エントリーシートでは何を書けば良いのか?どう書けば評価してもらえるのか?などで悩んだ人こそ役に立つ可能性があると思いますから、良かったら参考にしてみてください。

 

私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2017 エントリーシート編

私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2017 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事