特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

会社説明会は常に見られている?選考とは関係ないは嘘?必須でもあるのでアンケートも感想以外の書き方を!

会社説明会は選考に関係ないのでしょうか?そういうことを言ってくる企業もあるとは思いますけど、全てがそうというわけではないと思います。会社説明会後に選考をやるケースもありますけど、多くの場合にはそういったことはやらないで、話をして終わりというケースが多いのではないか?と思います。しかし、会社説明会が選考に入る場合もあるので、これは知っておいた方が良いです。というか、ステルス選考みたいな感じで行われている場合もあると思うからです。学生には気付かれない形で選考をやっているような企業があるのではないか?と思います。会社説明会には選考が必須というわけではないけど、関係ないと言い切ってしまうのは言いすぎかな?という気がします。全く関係ない場合もあるでしょう。でも、関係ある場合もあると思うのです。会社説明会は選考に関係あるという場合もあるかもしれないというのは、常に頭に入れておきましょう。

 

では、そういう選考に関係ある場合にはどこを見られているのか?がポイントになります。会社説明会では見られている部分はどこなのか?ここは気になると思います。大勢が参加する場でそんなに1人1人をチェックしている余裕はないかもしれませんが、1番ありえるのはアンケートとかですね。会社説明会ではアンケートをとる場合があると思うのですが、その書き方によって評価が分かれるとか、そういう可能性もあります。したがって、特に記名式の会社説明会のアンケートの書き方は選考に関係ある可能性があります。だからこそ、適当に書いてはいけないのです。真剣に考えて評価対象になっていると思って、会社説明会でのアンケートの書き方を考えていきましょう。会社説明会では選考が必須の場合もありますけど、それを分かりやすくやってくれる場合もあれば、気付かれないようにやる場合もあるので、注意が必要です。どの会社説明会でも、見られているという意識を常に持っておいた方が良いのです。そして、中には分かりやすい場合もあります。会社説明会の後で面接やエントリーシート、集団討論などをやるケースもあるみたいですが、そういうときは明らかに会社説明会が選考に関係あるということが言えると思いますけど、さっきのアンケートみたいなものはなかなかそうは思えないでしょう。

 

会社説明会が選考には関係ないと思い込んでいるけど、実は関係あるというケースもあるのです。企業の方が選考をやります!と言ってくれるとは限りません。面接、エントリーシート、集団討論などは間違いなく選考だろうと思えますけど、アンケートは一見すると選考には思えませんからね。そういうものが実は会社説明会の選考では必須になっている面もあります。最近はいろいろな企業でアンケートをとりますからね。全ての企業の会社説明会でのアンケートが選考に関係あるとは言いませんが、アンケートがきたら身構えた方が良いでしょう。でも、会社説明会では選考に関係ないのが基本だと思いますよ。だって、会社説明会は会社について知る場で、そこで得られた情報をもとに、これからその企業を受けるか?どうかを考えないといけません。会社説明会で選考が必須だとすると、それを考える間もありません。たいていの人はせっかく来たんだから受けないともったいないと思って、受けていく人が多いと思うんですけど、会社説明会は選考は関係なしでやってもらいたいですね。会社説明会のアンケートは感想を書いている人も多いかもしれませんが、ただの感想で済ますよりはもっと企業から見て望ましい部分を書いておくほうが良いと思います。会社説明会でのアンケートの書き方というのは正解があるわけではないですが、感想は感想にしかなりませんから。例えば、ここが面白かったと書かれているアンケートとここをこうしたらもっと良いのにと書かれているアンケートではどっちが良いでしょうか?企業から見ると後者ではないでしょうか?面白かったという部分も悪いわけではないですけど、会社説明会自体をより良いものにしていくことができるのは後者のアンケートなんですよね。前者は感想で、後者は指摘や意見になります。

 

企業にとって、どっちのアンケートがためになるか?というときにはやはり後者なので、後者のような意見を会社説明会のアンケートの書き方として実践してみると良いかもしれません。会社説明会のアンケートは感想にならないようにした方が良いかもしれません。会社説明会では選考に関係なしと言っている場合でも、そうやって学生を評価している場合もあるので、企業の言うことは鵜呑みにしない方が良いと思います。会社説明会は選考に関係ないのか?どうかは学生からは見分けようがないので、全ての会社説明会では選考は必須だと思って参加した方が良いと思います。会社説明会では常に見られているという心構えでいないと、そこから差ができている可能性がありますから。新卒の就職活動では、どこを見られているか?っていうのは本当に分かりづらいです。でも、逆に見られているポイントが分かれば、そこを強化すれば評価されやすくなるので、内定をとれる可能性も上がるでしょう。会社説明会でもいろいろな部分を見られているでしょうけど、それ以外の面接などでも評価ポイント、人事が見ている部分があるはずです。そういった情報を知っている人と知らない人では如実に差が出る可能性もありますから、以下のような本を使っていくと良いかもしれません。本書は新卒の採用試験において人事が見ているところ、評価するポイントを紹介して、どうやれば人事に評価してもらえるか?それが分かるので、内定に直結する情報を得られると言えるでしょう。多くの学生はこういう情報を知らないので、他の就活生に差をつけるチャンスになると思います。Amazonでも評価が高いので、良かったら参考にしてみてください。

 

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

 

 

あわせて読みたい記事