読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

就活や公務員試験の面接の流れ、受かるための入室と退室のマナー

公務員試験や民間企業の就職活動における面接の入室、退室のマナーや面接の流れについては知っておいた方が良いでしょう。こういったもの面接の流れや入退室のマナーを事前に知らないで、自己流で適当にやってしまうと、一般常識から逸脱してしまい、その時点で評価を大分下げられてしまう可能性があるので気をつけてください。面接の入室に関してのマナーとしては、ノックが挙げられるでしょうか?ノックの回数については正解があるのか?どうかは分かりませんが、よく言われているのは3回が良いということです。これは一応、マナーのような形で決まっており、これを踏襲しないと、常識がないと判断される可能性もあるということは知っておきましょう。ちなみにドアがないような場合もありますから、面接の入室で必ずノックを必要とするわけではありません。そして、面接の入室でコートを着てきた場合にはどうするか?というと、面接のマナーとしては、すでに脱いでいるとは思いますが、その脱いだコートは手に持って、ノックをして入室しましょう。面接で入室してからコートはどうするか?どこに置くか?については、座ったときに椅子の横にカバンを置くと思うので、その上からかけておけば良いと思います。

 

そして、集団面接に関しては、先頭で入室する人間がドアをノックを3回して入ります。そして、先頭の人間が1番奥から椅子の前か横に立つと良いでしょう。就活や公務員試験の個人面接の流れを言うと、入室をして、椅子の横まで行き、恐らく「座ってください」と言われるので、そこから座っていよいよ面接がスタートします。面接のスタートは、最初は緊張をほぐすために軽い質問からくると思います。今朝、何を食べてきたとか?何時に起きたとか?待っている時間は何を考えていた?とか、合否にほぼ関係ないような質問がきて、その後本格的な質問がくる。というのがよくある就活や公務員試験の面接の流れになります。面接の内容はそれぞれで違うと思いますが、だいたい10~20分くらいが多いかと思います。民間企業の就活の場合には、いきなり最初の面接で志望動機を聞かれる可能性もあります。公務員試験の場合には、そもそも面接は少ないので、いきなり志望動機が聞かれると思った方が良いでしょう。民間の就活も公務員試験も面接の流れとしては、最初の方に事前に対策しやすい質問、予想していた質問がきて、後半に難しいというか、予想できないような質問がくる可能性が高いような気がします。

 

そして、面接を受けている最中はこれといって特別な意識は必要ありませんが、ちょとした癖や仕草に関しても面接官の目が光るので、できるだけ落ち着いた態度で面接を受けていきましょう。面接の流れ自体は、流れに任せていって、普通に受けていければ良いとは思います。そして、面接が終わったときには、「これで面接を終わります」と言われると思いますから、椅子から立ち上がって、面接官に「ありがとうございました」とお礼を言い、カバンやコートなどを持ってドアの前まで行き、ドアの前でお辞儀をしながら、「失礼します」と言って、ドアを開けて、部屋を出て行き、ドアを閉めて帰ります。これが面接の退室をするときの流れであり、マナーになると思います。ちなみに就活でも公務員試験でも、面接で入室をするときの流れでは、ノックして、失礼しますと言って中に入り、ドアを閉めますが、このときには両手で閉めた方が丁寧に見えますが、たいていカバンを持っていますから、両手は使えない場合もあるでしょう。だから、片手で問題ないと思いますよ。面接における入室から退室までの流れについては、だいたいどのサイトにも似たようなことが書いてある気がします。細かい部分の違いは多少あるものの、違いがあるってことは、そこは正解として存在しないので、どれを選んでも良いというか、どれを選んでもリスクは変わらないということになるでしょうか。

 

面接における入室から退室までの流れやマナーはおおまかなものを抑えておければ良いと思います。細かい部分は意識しても忘れてしまったり、無意識のうちに間違えたりするので、あまり頭に叩き込んでも、そのとおりに動けないことも多々あるのです。面接は緊張しているので、予定通りにいかないことが多くあると思いますから。就職活動や公務員試験には必ず面接がありますが、それぞれによって面接の形態が違うこともあります。例えば、そもそもドアがなかったりする場合もありますし、事前に予習したとおりのシチュエーションではないことも多々あるので、そういうことも頭に入れて、どういう状況になっていても臨機応変に対応できるように、大切なポイントだけ頭に入れておいて、あまり細かい部分まで頭に入れないで、細かい部分はその場その場で臨機応変に対応できるようにしておくくらいのスタンスが良いのではないでしょうか?就活や公務員試験の面接の内容は実際にやってみないと分かりませんが、流れはだいたいは共通のはずです。大きな部分はね。そして、面接の入室から、退室に関する流れやマナーも一通り抑えて、あとはその場で柔軟に対応しようという意識でいると良いと思います。民間企業の就活も公務員試験も面接については難しいので、最低限の流れと入退室のマナーを知っておきましょう。

 

最新!面接官の本音がわかれば30日で必ず内定がとれる!

最新!面接官の本音がわかれば30日で必ず内定がとれる!

 

 

あわせて読みたい記事