特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

商社に就職する難易度、倍率は高い!英語できないと無理?大学や学部は重要?

新卒や転職も含めてかもしれませんが、商社に就職したいと考えている方も多いのではないでしょうか?商社は非常に難易度が高いといわざるを得ません。商社はみんな入りたいんですよ。それは大きな会社だから、潰れる心配がどうしても少ないですし、給料もたくさん貰えそうだし、その分仕事は大変かもしれないけど、やりがいのある仕事を任せてもらえそうだし、といったことで、人気のある業界ですね。私も大学で丸紅の人の話を聞いたことがあるんだけど、想像もつかないような凄い仕事をしているような印象でした。そして、倍率が相当高いですね。想像もつかないですけどね。募集人数、採用人数も多いと思うので、チャンスはあるかもしれませんが、商社は倍率も難易度も非常に高いということは知っておきましょう。では、商社に入るにはどういった条件が必要なのでしょうか?よく言われているのは語学力です。海外でも仕事を刷る可能性が高いことから、英語はもはや必須と言えます。

 

もしかしたら、TOEICとかのスコアが基準になっていて、これをクリアしていないとエントリーすらできないという可能性もあります。それは会社ごとに調べてもらうとして、英語力はないと無理でしょう。日常会話どころか、会話全般ができないと、ビジネスで通用する英会話ができないと厳しいと思います。それだけ海外に行く機会も多いですから。英語ができないと不利になる。英語ができてようやく他の就活生と同じスタートラインに立てるといったことかもしれないですね。どれくらいできれば良いのか?という目安は難しいですが、ネイティブの外国人と普通に会話ができるくらいにはなっていないと厳しいかもしれません。英語ができることは不利にならないための要素であって、有利になる要素ではありませんからね。逆に英語以外の言語ができれば、それは有利になると思います。どの言語でも構わないと思いますが、中国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語あたりでしょうか?商社ともなると、海外で仕事をするとかではなく、普通に国内のオフィスに外国人が多くいるとかも珍しくないでしょうからね。

 

だから、英語が特にできないという方は圧倒的に不利でしょう。そんなにすぐに身につくものではないですから。だから、長年の努力が実を結ぶ機会でもありますよね。ずっと英語を勉強してきた方は、こういった場では評価されますからね。語学力はかなり必須とも呼べるくらいのものですから、そこはまず必要だと考えてください。あとは大学や学部はどうなのか?と思っているかもしれません。大学名や学部名は関係あるのか?ということです。関係ないわけでもないでしょう。商社ともなれば学歴フィルターがあっても不思議ではないですし、学歴が多少なりとも影響する可能性は否定できませんが、先ほどの語学力と比べたらあまり関係はないと思うのです。大学名は高学歴なほど有利だとは思いますが、そうじゃなくても内定が貰えないことはないでしょう。学部名に関しても商社に関係ありそうなのは、経済、商、経営などになるのでしょうか?しかし、商社の仕事と関係あると言っても、そこで学んだ学生が仕事ができるか?というと、そうとも言い切れないと思います。学部よりは大学名の方がやや重要かな?とは思います。結果論かもしれませんが、やはり有名大学出身者が多く内定しているのです。学部については、相対的に多いところもありますが、こちらはほとんど結果論に近いと思いますよ。文学部とか、理系の人が商社を受ける人がそもそも少ないというのもあると思いますし。

 

あとは体育会系出身の人はそれだけ有利かもしれません。どうしてもタフな仕事、体力のいる仕事ですから。日本と海外を行ったりきたりということも珍しくないので、そういうのに耐えられるタフな忍耐力は必要ですね。体育会系が商社では有利なのはそこも関係しているかもしれませんが、面接やエントリーシートの自己PRや学生時代に頑張ったことで、忍耐力、精神力、我慢強さ、精神的なタフさ、体力に関する自信をアピールできれば、別に体育会系出身じゃなくても評価される可能性はあると思います。商社を志望している方は、商社もそれ以外の業界も受けていくと思いますが、そのときには絶対に面接がありますし、これを乗り切らないと就職活動で内定は出ません。面接が就職活動の選考の仲で1番難しいでしょうし、対策が大変じゃないですか?しかし、以下の本を利用すると、面接官の心理を読んで、受かるために必要な受け答えの仕方、仕草、振る舞い、態度などが分かりますから、それをもとに対策を練っていけば、結果的に内定が出る可能性も上がると思います。本書を使って、面接官がどのように考え、学生のどこを見ているか?どうすれば評価されるのか?を知れば、受かるための、評価されるための対策ができますから、それは面接に合格する可能性も上がると言えますし、内定がもらえる可能性も上がるのではないでしょうか?商社の面接でも、それ以外の業界の面接でも良かったら参考にしてみてください。

 

 

最新!面接官の本音がわかれば30日で必ず内定がとれる!

最新!面接官の本音がわかれば30日で必ず内定がとれる!

 

 

あわせて読みたい記事