特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

出光興産の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

出光興産(出光昭和シェル)の就職の難易度はどれくらいでしょうか?出光興産の就職における難易度を調べるときにはやはり倍率というものが重要です。しかし、出光興産の就職の倍率については恐らく非公開になっているものと思われます。正確な数字というのが見つかりません。ただ、出光興産は誰もが社名を知っているために、倍率はある程度は高いと思います。出光興産の就職の採用人数が50人以上となっている年が多いので、そこまですごい高い倍率になっているとは思えませんが、出光興産の就職の難易度は低いとは思えないのです。そして、さらに重要なのは学歴フィルターの有無です。

 

・出光興産の就職では学歴フィルターはあるのか?

出光興産の就職において学歴フィルターがあるのか?というのは多くが気になるところでしょう。出光興産の就職の倍率は不明なので、そこから学歴フィルターがあるか?という推測をするのは難しいです。採用人数が毎年それなりに多く、多い年は100人以上というケースもあるので、出光興産の就職の倍率が低いということはないとしても、学歴フィルターを実施するほどの倍率になっているとはあまり思えないのです。これは推測も含みますが、出光興産の就職では倍率が異常なほど高くなっているとは思えず、学歴フィルターをやっている可能性は低いと思われます。本当は出光興産の就職の採用実績校などをチェックすると、ある程度判断しやすいのですが、採用実績校も公開されていないようなので、ちょっと判断材料に乏しい現状があるのです。出光興産の就職で学歴フィルターがあるか?に関しては正確なことは言えないのです。

 

予測としては、出光興産の就職における倍率が学歴フィルターをやらないといけないほどの程度にはなっていないだろうと思うのです。そもそも学歴フィルターを実施しているのはほんの一部の企業なので、確率的に考えても出光興産の就職で学歴フィルターをやっている可能性は低いと思います。出光興産の就職では学歴や大学名が関係ないとは言えないと思います。しかし、学歴フィルターのように、学歴や大学名のみで決めるということはないのではないか?と思うのです。出光興産の採用試験の難易度も気になると思いますが、さらには出光興産の就職の評判に関してもチェックをしていきましょう。出光興産の社員の口コミを参考にして、会社の実態を調べておく必要があります。出光興産の仕事が激務なのか?ということは多くが気になっていると思いますし、そういったところを含めてしっかりと調べておきましょう。

 

・出光興産の就職の評判はどうなっている?

出光興産の就職の評判を調べていってほしいと思いますけど、まずは働き方について知っておきましょう。出光興産の1日の労働時間の平均に関して知っておいてほしいです。出光興産では9~10時間となっているので、それなりに労働時間があります。フレックスタイム制が導入されているようなので、それなりに自分のライフスタイルに合わせて働くことがしやすくなっています。残業時間がそれなりにあるので、忙しい人もいると思いますが、出光興産の口コミによると部署によって結構違いがあるみたいです。したがって、部署によってはもしかしたら激務ということもあるかもしれませんが、全体的には出光興産の仕事は激務という雰囲気はほとんど感じられません。残業時間に関しても月に20時間程度という声があるので、出光興産の就職の評判ではそこまですごい忙しい状況ではないのでしょう。サービス残業に関してもないと言われていますから、かなり働きやすい職場である可能性があります。

 

あと休日に関しては基本的にはカレンダー通り休むことができ、有給休暇に関しても取得自体はしやすいという出光興産の口コミがあります。というか、職場全体として積極的に有給休暇の取得を促す雰囲気があるようなので、有給休暇は取りやすいのではないか?と思います。いろいろな口コミがありますけど、全体としては出光興産の就職の評判はいいと言えると思います。販売部や製造部になると、ちょっと忙しいという声も聞きますけど、それ以外の部署であれば、出光興産の仕事が激務に感じるということはそんなにないのではないか?と思います。こういった社員の口コミを参考にしつつ、出光興産の就職の評判をチェックしていくと良いと思います。出光興産の採用試験の難易度といった情報も重要ですけど、出光興産の就職の評判もしっかりと調べて、会社の実態を理解していってほしいと思います。出光興産に就職したい人はいろいろな面から、どういう会社なのか?という点について詳しく理解をしたうえで受験していきましょう。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトは誰もが知っている、かなり有名なところに登録して、使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためには相当大きなメリットであると評価できるはずです。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事