特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

内定辞退で人事がキレる、カレーやコーヒーをかけらえるは本当?直接会う、謝りに行くはやめた方が良い

内定辞退をするときにはいろいろな問題点が浮き彫りになっていることがあります。公務員の内定辞退はそんなに問題になることはないと思いますが、民間企業はいろいろな会社があるので、トラブルがたまに起きるのです。内定辞退をめぐってはカレーやコーヒーをかけられたとかのトラブルがあると聞きます。怒られたとかキレるということはありそうですけど、カレーやコーヒーをかけられるって、どういう会社なんでしょうね?これは滅多にないとは思いますけど、そういう可能性が0ではないという意味では気をつけた方が良いです。内定辞退は法的に認められた権利なので、それを行使することは何ら問題ないのですが、人事も人間なので感情的に怒ってくることもあるわけです。その怒る人事の側に正当性があるか?というと、ないと思うのですが、そこを諭してもしょうがないので、そういう人事がいるという想定をしないといけません。だから、内定辞退をしてキレるとか怒られるいわれなんかないと思っていても、現実的に怒られるケースってあるわけですから、そこはもう諦めた方が良いと思います。犯罪をなくそうとしても0にならないのと一緒で、そういう人事はおかしいとかいうことを言っても、そういう人事がいなくなることはないでしょうから。

 

だから、必要なのはあらかじめ人事に怒られるかもしれないという想定をしておくことです。そして、絶対に会いに行くとか、謝りに行くとかはしないことだと思います。それをやると、さっきの内定辞退でカレーをかけられたとか、そういうことが起きてしまうのです。人事が学生を会社に呼ぶ理由があるとすれば、結局は不満を直接ぶつけるくらいしかないと思うので、学生にとっては損害があるだけです。カレーをかけられるとか、そういうことはまずないとは思いますが、罵声を浴びせられるくらいは普通にある気がします。したがって、内定辞退をして会社に呼ばれても会いに行くとか、謝りに行くことはリスクになるということになります。内定辞退をするときに必要なのは、内定を辞退するということを告げることと後はとりあえず一言謝っておくくらいで十分です。それ以上の手間をかける必要なく、内定辞退はできるので、会社に会いに行く意味は本来はないと思うのです。会社に自分から謝りに行きたいと思っている人もいるかもしれませんが、直接会うとなると会社の人がその時間学生に対応をしないといけないので、仕事を中断しないといけないなど、それも迷惑という可能性があります。だから、基本的に会社に直接会うことで謝罪をしたいと言っても、会社はそこまでしてくれなくて良いと、たいていは断ってくるのではないでしょうか?

 

だから、会社のことを考えるならば、内定辞退で直接会うという選択肢はやめた方が良いのではないか?と思うのです。謝りに行くという気持ちを持っているだけで十分じゃないでしょうか?内定辞退をするときにはそれ以外に特別やることがあるとは思いません。内定辞退をするときにはキレる人事とかはそんなにはいないとは思いますけど、人事にとって内定辞退というのは、学生がサイレントお祈りをされるようなものとして感じているケースもあるかもしれません。人事の感情というのは千差万別ですからね。だから、そういう人はどうしてもいるのです。内定辞退をしないといけないときに遭遇したら、内定辞退のトラブル事例をまず知ることが重要だと思います。そういうトラブルに自分は巻き込まれないはずだと思ってしまうと、いざそういうケースに遭遇したときに冷静に対処できない可能性がありますから。したがって、インターネットで調べればトラブルの事例はかなり見つかると思うので、そういったものをまずは探してみると良いと思います。内定辞退で嫌な思いをしたくないというのであれば、ある程度学生の側も対策を立てておくべきだと思います。

 

内定辞退に際しては学生の方も毅然と構えている必要があると思います。内定辞退をすれば普通に受け入れてくれるところが多いと思うんですよ。キレる人事とかはまずいないと思います。ましてや内定辞退でカレーやコーヒーをかけられるなんていうのは、事件ですからね。そのレベルまでいくということは通常は考えづらいですが、それはあることはあるのでしょう。でも、内定辞退をして直接会うとかをしない限りはそこまでのケースには遭遇しませんから、会社に謝りに行くなどの必要性はないと思いますし、すでに言った通り、そんなことをすると会社の方も時間を割かないといけなくて迷惑という可能性もあるので、それはいろいろな意味でやめておいた方が良いです。こういった心構えでいると内定辞退は問題なく行えるのではないでしょうか?内定辞退をするときには本当に最近トラブルが増えてきているみたいですが、公務員では恐らくそういったことはないと思います。内定辞退に備えてちゃんと多めに採っているはずですし、公務員が内定辞退に際して、こういったトラブルを起こすと大問題になります。そして、公務員の場合には内定辞退が予想以上に起きて、必要な人数をとれないときでも、責任を採用担当者に押し付けない仕組みがとられているはずなので、内定辞退をしても採用担当者キレるとか、怒るということが起きづらいと思うのです。民間企業でもそういう仕組みを整えておけば、人事が責任を追及されることを危惧して、そういった行動に走ることは少しでも食い止められるのではないか?と思いますけどね。

 

就活のバカヤロー (光文社新書)

就活のバカヤロー (光文社新書)

 

 

あわせて読みたい記事