特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

みずほ銀行は難易度や倍率が高いが、就職したい人のための志望動機の考え方や作り方の例

ゲンダイの就活ではメガバンクへの就職を希望している人が非常に多くいるように感じます。例えば、みずほ銀行ですよ。ここは有名な銀行になりますが、知名度も会社の規模も抜群で、かなり安定しているイメージもあるかもしれませんが、このみずほ銀行に就職する難易度は極めて高いです。倍率も相当でしょうね。評判は必ずしも良いとは限りませんけど、それはどの会社においても変わらないと思うので、みずほ銀行に就職したい人は志望動機を確固たるものにしておいて、それを話さないといけません。みずほ銀行への就職の難易度は高いですが、どうしても就職したい人はやはり志望動機が重要です。ここがはっきりしていれば、いろいろな質問にも対応しやすくなると思うのです。みずほ銀行の面接での志望動機の考え方について簡単に紹介していきたいと思います。みずほ銀行の就職における志望動機の考え方のポイントは2つです。銀行を志望した理由とみずほ銀行を志望した理由が必要だと思うのです。面接官からすると、いきなりみずほ銀行の志望理由を話されるよりは、そうやって段階を追ってくれた方が分かりやすいと思いますから。

 

実際、みずほ銀行の志望動機の作り方では、この2つの段階を経て作っていきましょう。みずほ銀行への就職の難易度はかなり高いので、この志望動機の質で合否がかなり左右される可能性もあります。倍率も高いですからね。みずほ銀行の面接での志望動機の作り方では、まずは銀行を志望した理由について考えていきたいですが、こちらはきっかけみたいなものでも良いと思うのです。言うなれば、みずほ銀行を志望した理由よりは薄くても良いと思います。銀行を志望したきっかけを述べてから、本題のつもりでみずほ銀行を志望した理由を話していきましょう。銀行を志望したきっかけというとどんなのがあるのか?というと、私は経済学部出身なので、私がきっかけを考えるならば大学の授業とかを使います。実際、私の大学では民間企業の有名どころで働いている人が講師になって授業をしてくれる講義がいくつかあるんですよね。その中に銀行があったか?どうかは覚えていませんが、商社とか、海運とか、電力とか、マスコミとかがあったかな?そういった機会があったので、そういう部分をエピソードとして使うと思います。もちろん、それ以外でも良いですけどね。みずほ銀行に就職したい人は、まずは銀行を志望したきっかけを考えていきましょう。

 

銀行を志望したきっかけを考えたら、次はみずほ銀行でのエントリーシートや面接での志望動機を考えないといけませんが、みずほ銀行ならではという部分で言うならば、やはりメガバンクとしての影響力は欠かせないでしょう。みずほ銀行メガバンクなので、その影響力が他の銀行とはけた違いです。つまり、仕事内容によっては日本経済に重要な影響力をもたらすことができる可能性があり、そういう部分においてやりがいを感じられる可能性はあると思うのです。そこをみずほ銀行エントリーシートなどの志望動機の考え方にするという手もありますが、メガバンクは他にもありますから、みずほ銀行だけに該当する志望動機と言われるとまた難しいわけですよ。1番良いのはみずほ銀行でやっている事業内容を細かく調べてみると、他の銀行、他のメガバンクではやっていないようなことが見つかる可能性があります。それを挙げて、そのために自分が入社して貢献したいという思いを考えるのが良い気がします。みずほ銀行ならではの事業ってあるんじゃないか?と思うのです。銀行がやっていることってどこも同じようなことで、そういう部分を見つけるのは難しいかもしれませんが、探してみると良いと思います。

 

そのうえでそのみずほ銀行だからこそやっている仕事に関して、自分がなぜそこにかかわるべきなのか?を願望ではなく、適性という面から説明しておくと良いと思うのです。特定の仕事に関してそれをやりたいからではなく、それを自分がやるべきだからという観点で志望理由を考えていくべきなのです。みずほ銀行に就職したい人はやはり難易度がとても高いはずですから、志望動機の作り方1つでも差が出やすいと思うのです。これをやりたいから入社したいと言う人が多いと思うんですけど、やりたいのは分かるが、あなたにその資格や適性、必要な能力はあるの?という部分が分からない以上は、やりたいことがあるのは良いけど、だからといってそれで採用の決め手になるということはないのです。でも、自分にはこんな能力があって、その能力はこの事業のこんなところで生きると思う。そして、その事業に自分が携われれば、御社の利益や発展に貢献ができますよね?だから入社したいのです。と話せれば筋がかなり通っていると思いますし、そういう人を採用したいという気持ちになりやすいと思うのです。したがって、みずほ銀行エントリーシートや面接での志望動機の作り方では、自己PRを関連させて、自分の持つ能力などを志望動機に反映させるというやり方が良いと思うのです。

 

みずほ銀行への就職は倍率も高いですし、非常に難しいでしょう。みずほ銀行に就職したい人はエントリーシートから対策をしっかりとやっておかないといけませんが、そこでいきなり志望動機を聞かれる可能性もあるので、面接の前にすでにみずほ銀行の志望動機の作り方を考えておきましょう。そのときには自己PRも一緒に考えておくと良いのです。自己PRは別途聞かれると思いますけど、自己PRと志望動機をうまく融合させられれば、筋の通った話ができると思いますから。みずほ銀行での志望動機の考え方の例として参考にしたい方がいれば、してもらいたいと思いますが、他の考え方でもいいと思うので、自分が納得できる方法で考えてみてください。みずほ銀行への就職の難易度はとても高いですし、本当に入りたい人が多いので難しいとは思いますけど、頑張って選考にチャレンジしていきましょう。

 

就活生必携!銀行・信金・信組の特徴を理解するための本(2017年暫定版)

就活生必携!銀行・信金・信組の特徴を理解するための本(2017年暫定版)

 

 

あわせて読みたい記事