特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

信用金庫の就職の難易度や倍率は?年収が高い、激務や忙しい評判はあるが

信用金庫に就職したいと思っている人も多いのではないでしょうか?信用金庫の就職の難易度はそれぞれの会社で結構違いはありますが、信用金庫は人気の業界であると言えると思います。というのも、メガバンクが人気であるという点も踏まえて、銀行や信用金庫は就活生に人気なのです。したがって、信用金庫への就職は倍率もそれなりに高いでしょう。難易度が高いのはなんとなく想像できると思いますけど、信用金庫に就職したい人は、信用金庫の評判について調べておきましょう。激務なのか?仕事内容はどうなのか?といった、信用金庫の働き方について調べておいて、それで納得してから志望して、エントリーすると良いのではないでしょうか?信用金庫と銀行で違いはあるのか?というと、ありますけど、働き方のうえではそこまで大きな違いにはならない気がします。理念とかの方が違うのかな?と思いますし、銀行でも信用金庫でも違いがあるとすれば、職種の方が大きい気がするのです。地域に密着するか?全国展開するか?の違いが大きいと思います。信用金庫への就職の評判としては、やはり職種によって違いますけど、性別によって任される仕事内容が変わると思うのです。

 

信用金庫の評判としては、銀行との違いで言うとある意味仕事内容は銀行以上に激務になる可能性もあります。信用金庫は地域に根差した経営をすることになりますが、それは言い換えればよりきめ細かなサービスが必要とされるということです。つまり、大雑把ではないということなので、そこが信用金庫への就職においては忙しい部分を呼ぶ可能性があります。信用金庫は銀行と比べて仕事内容に特別な違いがあるというわけではないと思いますけど、使命が違うという言い方もできそうな気がしますから、その点を考慮すると信用金庫へ就職すると激務と感じる人が多くいるのでしょう。信用金庫に就職するならば、その仕事が好きじゃないと続けられないという評判もありますから、ちょっと特殊な部分もあると思ったほうが良いかもしれません。信用金庫と銀行の違いは業務内容としてはそこまで違いはないかもしれませんが、信用金庫は地元の企業のために働いていく目的があるので、若干業務の内容が違うということは言えるでしょうか?違いがあると言えるレベルなのか?そうじゃないのか?は何とも言えません。それぞれの信用金庫によっても違うでしょうね。金融業界は年収が割と高いですけど、やはり忙しい部分がどうしてもあると思いますから、そこはあらかじめ知っておかないといけません。信用金庫の評判で言われているのは年収はそこそこ高いが、銀行よりは低いということです。

 

信用金庫の年収は高い方です。一般的な水準で言えば高い方になりますが、平均を出すと多分600万円くらいはあるのではないか?と思います。年齢とか、どの会社か?にもよると思いますけど、平均を出すと信用金庫の年収は高いです。そこは信用金庫の評判としては良い部分になると思います。ただ、どうしても金融業界は激務になりがちなので、信用金庫は忙しいということが言えそうです。信用金庫の仕事内容は銀行との違いはそこまでないとは思いますが、会社ごとに違いがあると思うので、そこは受ける前に確認をしておきましょう。やはり投資信託や預金の募集など、地域密着の部分はより顕著になると思います。したがって、仕事内容はある程度は想像できるかもしれませんが、それぞれによるので、受ける信用金庫ごとにちゃんと確認をしておくことが重要になります。そして、問題は信用金庫は地元以外を受けるときには難易度はどうなるのか?ということです。信用金庫の就職の難易度は高い方になりそうですが、地元以外のところを受けるときには、その難易度がさらに上がる可能性があります。信用金庫の就職での倍率はそれぞれで違いますけど、地元以外のところを受けると、実質その倍率がさらに上がるような状況になるかもしれません。つまり、地元以外の人は難易度が高くなるということなのです。だから、信用金庫に就職したい人は地元以外を受けるときには気を付けましょう。

 

ちなみに銀行にも共通ですが、融資業務というのがあります。信用金庫の評判において非常に重要なのは、融資業務において精神を病む人がいるということです。信用金庫の就職では激務という部分はまず大変な部分でもありますけど、それとは別に融資業務はいろいろと大変な部分があります。融資業務は打ち切りなどをしないといけないシーンがどうしてもあり、そのときは断腸の思いでやらないといけない可能性があります。融資を断ったり、打ち切る方としても非常につらいのです。だって、融資を受けられない会社はその後どうなるの?ということを案じると、ちょっと他人事には思えないからです。自分たちの業務によって、1つの会社、その会社で働く人たちの人生が変わるわけですから。これはどちらかというと銀行に関する問題で、地域に根差す活動をしている信用金庫には当てはまりづらい部分化もしれませんが、そういった部分は少なからずお金を貸すのが仕事である金融業界全体にあるというのは知っておくと良いかもしれません。

 

そこが信用金庫の仕事内容はそれぞれの会社で微妙に違っているので、正確に知りたいならば会社説明会などに参加してみることが1番でしょう。そこで仕事内容における大変なことや楽しいことなどの話も聞けると思うので、信用金庫の全体の評判のようなものはネットで調べられますけど、個別の会社の評判はやはりそういう機会を利用しないと厳しいと思うのです。信用金庫の就職は年収が高いなどの魅力はあるものの、もちろん忙しいなどの大変な部分もありますし、信用金庫について評判は調べておくと良いでしょう。信用金庫に就職したい人は倍率が高いはずなので、実際に内定を貰うのは難しいですけど、ここに就職したい人は頑張りましょう。地元以外は厳しいと思いますけど、どうしても働きたいところがあるところがあるならば、その熱意を面接などで伝えていくと良いと思います。とにかく競争率はそれなりに高いと思うので、就職活動を頑張ってください。

 

 

信用金庫の地域貢献

信用金庫の地域貢献

 

 

あわせて読みたい記事